コロナの疑いはまだ晴れず。

 陰圧室に滞在中。


 0時半就寝,6時半起床。

 夜中に2回おしっこ。400mL×2。


 途中,看護師が入ってきたのに気づく。

 緊急なのか防護服を来ていない。(短い時間はOKということらしい)

 聞いたら,酸素飽和度が下がったからとのこと。

 鼻からチューブが外れていたので,もとに戻す。

 しばらく見ていたら,95に戻ってひと安心。


 右肘を曲げてしまって,2回ほど看護師召喚。

 4時過ぎに目が覚める,1回寝た気がするが,6時半に看護師登場。

 酸素飽和度100の時もあったとのこと。


 少しは良くなっているのか。


 採血2本。


 7時頃,レントゲン。背中の板はフィルムですかと聞いたら違うそうだ。

 すぐにパソコンで,画像が見られるらしい。

 馬鹿な質問をした。

 だが,いまでもフィルムが使われているところはあるんですよ,と。


 食事を運んできた看護師はちゃんと重装備で来ていたと思う(ちょっと前なのに記憶がない)が,次に来たときはマスクのみである。


 えっ,ゴーグルもしないのと聞いたら,先生がいいと言ったと。


 偽陰性では?


 そしたら先生のせいにしますって。


 しかし,ほんまかいな。


 他の部位からの検査結果も出ているのか?


 11時,酸素ボンベをつけた車椅子に乗せられ,HCUを出て,一般病棟に移動。

 コロナ病棟脱出である。


 移動前に,採血2本分。
 だんだん刺すところがなくなってきたって。


 点滴は生理的食塩水っぽいもの,血液サラサラ,抗ウイルス薬,ステロイドも追加。


 一般病棟個室。

 設備は揃っているが,パイプに繋がれたこの状態だから手が届かない。


 看護師は忙しそう。

 食後の歯磨きとか,こちらから頼まないと動いてくれない。


 ま,頼めばいいだけの話


 HCUは防護服を来た看護師が食事を運んでくるが,こちらは普通のおばちゃんが開けっ放しのドアから持ってくる。

 HCUはすべて使い捨てのプラスチック容器でほとんど冷め切っている,こちらは陶器っぽいデザインの食器でしかも温かい。


 16時頃,薬剤師が来て日頃飲んでいる薬について聞かれる。


 17時頃,血糖値の測定。143


 18時過ぎ,胃薬。


 21時頃,血糖値156。副作用は出ないようだ。

 夜中に,ステロイド剤。名前を聞いたが忘れた。前と違うもの?


 初日に大活躍してくれた医者軍団だが,昨日は陰性の報告に一人が数分。


 今日は音沙汰なし。


 コロナ対応で逼迫しているのかもしれない。

 コロナではありませんと直接言われたわけではないが,ここにいるということはコロナではないのだろう。


 だが,それで肺のあの凄まじい光景が消えるわけではない。

 動いたときの息苦しさは相変わらずだ。

 抗ウイルス薬にステロイド,いったい私の病気は何?


 これからどうなるのだろう。


 能天気にLINEとか日記を書いている場合なのだろうか。(ま,本音はもう少し深刻…)


 「サイレント肺炎」とコロナでは言われていて,「普通に元気だが突然重症化」が典型らしいのだが,コロナでなくても肺炎なら同じことがおきそうではある。


 妻から8日からの新聞と本が届いた。


 テレビはあまりつけず,パソコンばかりやっていた。

 テレビは,コロナ三昧で誰それが死んだとか,全国民にPCR検査やれとかうんざりする話ばかりだからな。

 無症状にPCR検査してどうするつもりなんだろう。

 偽陽性,偽陰性が続出してニッポン崩壊だよ,

 まあ,物理的にできないけど。

 あの山中教授までシロート丸出しのことを言ったりして。

 もうちょっと,みんな落ち着いてほしいもの。


 LINEのやり取りは少し混乱している。


 酸素飽和度等のでかいモニターはないが,途中から常時身につける端末を渡された。
 酸素飽和度と心電図はその画面で確認できる。

 データは無線でナースステーションに送られ,24時間モニターされている。(はずである)


朝食。使い捨て食器はここまで。昼食。一般病棟!夕食。