7時看護師に起こされる。

 血圧低い。104-67

 20代並みねって。
 平熱。


 寝ている途中,何度か酸素飽和度をチェックしたが,93とかからなかなか上がらない。

 トイレに立つと,すぐに84ぐらいに下がる。

 ハーハーすることはないってことは,低酸素に体が慣れているのか?

おくすり

 錠剤3種類。カンデサルタン,アムロジピン,ユリノーム(尿酸)

 吸入1回。


 8時半,かかりつけの【Y】医院に電話。

 先生がまだなので,9時半に電話することに。


 9時半,【Y】先生と話す。


 10時15分。抗生剤点滴開始。

 1時間。


 途中,新人看護師がぞろぞろ来る。

 血糖値:100とか


 妻からパジャマとか,新聞とか届く。

 部屋から病院出入り口に通じる道路が見えるので,女房が気が付かないかと電話してみたが応答なし。

 逃げるように帰ったらしい。


 14時開始予定の点滴が,14時半頃から。


 途中新聞を読んでいたら,点滴が全く流れていなかったことに気づく。

 ダイヤルを回したりして調節したが,だめなので看護師を呼ぶ。

 要するに私の手の曲げ具合というか置き方というか,そのへんだな。

 知ってはいたが,他のことをしているとつい忘れてしまう。


 手をまっすぐ伸ばして定位置において,点滴の垂れ具合を確認しつつテレビを見て過ごす。


 500mLで2時間の予定だから,タンタンタンタンという感じで流れないと間に合わない感じ。


 結局2時間半かかった。


 途中,明日からリハビリを開始しますと来た。


 そういうものなのか。


 LINEで「肺を開く」とあるがこれはまれなことらしい。

 普通は,気管支鏡を入れて検体を撮るか,胸に穴を開けて検体を取る。


 ちょっと脅かしてみた。


 ニューズウィークの記事に関しても,全身麻酔ではなかろう。


 全身麻酔にこだわりがあるのは,一度経験してこりゃあいいと感心したから。


 全身麻酔中に死ぬというのが,私の理想の死に方。


 ちなみに,お見舞い金の「出所は、総て【T】家だと思われます」とあるが,これは妻の勘違い。

 各家でそれぞれ出してくださったらしい。

 持つべきものは,金持ちの親戚か?


朝食昼食夕食