10月16日(金)~ 
 懸念していた睡眠中の酸素飽和度(SpO2)も測ってみた。

 このパルスオキシメータには睡眠のモードもあって,10時間連続でSpO2を測ることができる。

 結果は,ごらんのように酷いもの。

Report (4)


 上段が心拍数,真ん中がSpO2,下段が体の動きである。

 SpO2が90%を切ったあたりからグラフが黄色→赤となる。(何度も書いているが,90%以下は「呼吸不全」と診断される)
 
 最低SpO2は79%で,90%を切る時間が睡眠時間の5分の1くらいある。

 20年くらい前から「寝ると疲れる」と冗談みたいに言っていたのだが,冗談ではなかったわけである。

 いわゆる「睡眠時無呼吸症候群」の可能性が高いな。

 これがどのくらい酷いものか,女房の結果も載せておこう。

Report (5)

 余りに違いすぎて言葉もない。

 間質性肺炎に下痢に睡眠時無呼吸症候群…。
 三重苦に悩まされるワタクシ,ということになるわけだ。

 次回の検診には,このデータを持って行く。