カテゴリ: 間質性肺炎

---------------------------------------
 2020/05/15(金) 
            07:01

まだ,生きてます。

(^妻^)
07:42

Stay Alive!😉👍🎶

('子`)
08:04

[スタンプ]

            08:50

マスクは自前だそうです。
今度持ってきておくれ。

(^妻^)
09:34

あら、そうですか! 明日お持ちします。

            09:36

3階では頼んだらくれたんだけど。

(^妻^)
09:37

5階は何かクールな対応なのね…😢

            11:00

お医者様からの説明:
間質性肺炎の増悪。
もう少し遅かったら危なかった。
PCRは複数回やった。
コロナではなく,インフルでもなく,他のなにかわからないウィルスの間質性肺炎。
前から病気を持っていたのではないか。
それが急激に悪化したようだ。
薬を徐々に減らしていく。
急に悪化する可能性もあるので,油断できない。
本当は内視鏡で調べたかったが,コロナの疑いがあったのでやっていない。
1ヶ月前だったら,コロナだらけで対応が大変だったかもしれない。

(^妻^)
11:32

間質性肺炎…。
【Y】先生も何かしらウイルスが入ったのかな…と言っていました。
1月の風邪から、肺にウイルスが潜んでいたのかもね…。
とにかく、養生してください。

('子`)
11:43

別のウイルスだったんか
おかんは平気なの?

            12:04

調べると,ちょっと絶望的…。

('子`)
12:55

ポジティブな病気なんかあるわけないんだから、調べすぎてネガティブにならんほうがいいぞ
お医者さんに任せなさい

(^妻^)
12:55

[スタンプ]

            13:05

訂正:
誤:もう少し遅かったら危なかった。
正:もう少し遅かったら人工呼吸器を使うところだった。

            13:06

はい,がんばります。

            13:10

診察券は君が持っているんだっけ? 入院の受付は済ませてくれたの?

            14:07

尿瓶とおまる祝卒業!

            14:10

看護師に交渉。
酸素の管を2本分延長してもらい,点滴の電源は内蔵電池でも動くことを確認し,看護師に援助されながら室内のウオッシュレットへ。

            14:11

極楽,極楽!

(^妻^)
14:12

良かったね! トイレ問題解決!😉👍🎶

            14:13

でも,ふらつく可能性があるから勝手に行くなって。

            14:14

動くと酸素飽和度が90を切る…。

(^妻^)
14:19

うーん、そうか…😔 看護師さんが頼りの綱ね。

            14:21

医者が言っていたが,この病院のコロナの患者が激減しているとのこと。
そういえば,野戦病院もガランとしていた。死んだわけではなさそう。
自粛の効果ね。

(^妻^)
14:22

診察券は持っていませんよ。救急でいろいろ書いたのが、入院手続きかと思っていたのですが…。
病棟に上がって行く際に、必ずPCで確認していますから、既に入院患者になっているはずですが…。
看護師さんに聞いてください。

            14:22

カードもらってたよ。

(^妻^)
14:24

それは、保険証を返却されたのです。

(^妻^)
14:25

それぞれの財布を確認しましたが、【S】病院の診察券はありません。😓

(^妻^)
14:28

うにちゃんの例で申し訳ないですが、病院に掛かっている間は、診察券は病院にあるはず。帰る際のお会計時に、返されるのでは?

            14:29

入院のご案内が先程届いて, 必要なものに,診察券と保険証とあった。
ということは,診察券は病院が持っているんだろう。

            14:30

高額医療費の説明とかあって,いったいいくらかかるんだろうね。

            14:30

恐ろしや…。

            14:32

個室1日13,200円!

(^妻^)
14:35

保険には入っていないの?
私の眼瞼下垂手術のように、カバーされるはず!

('子`)
14:43

イイトコのホテル並みやん
まぁこんな時こそお金使うべきだね

            15:52

月々の支払いがとっくに終わっている保険から出るのかしら。
死ぬと出るのは知っているんだが。
明治安田生命。

(^妻^)
15:55

疾病保証ついてるんじゃない?貰えるものは、もらわんと!

            15:55

高額な場合,国保からの補填があるので,最終的には月当たり8万ちょいだっけ?
予め書類を提出すると,窓口でその金だけ払えばいいのだが,まあなんとかなるだろう。

            15:56

いびきがうるさいから,大部屋はゴメンナサイなのよ。

            15:57

若い看護師が,点滴を2本のラインのどちらにつないだらいいかわからないと言うから教えてあげた。

(^妻^)
17:01

おいおい、大丈夫?
明日、マスク以外で必要なものは?
タオルとか足りてますか?

            17:28

例の水なしシャンプー使ったので,ハンドタオル1本とパンツを戻します。
他に着るものたくさんあったのねえ。
緊急入院すぎて,理解していなかった。
これらも少し戻すか?
結論として,マスクとハンドタオル,新聞,あと水を2本お願い。

(^妻^)
17:29

了解!

            17:32

飛行機が真上を飛んでいるような気がする。
窓のところに行けないけど。

            17:43

ついに,新聞の日付が12日になった…。

            18:05

[写真]

            18:06

もう晩飯だよ

(^妻^)
18:07

病院だからね。
父がいた【G】は、ご、ご、5時だった!

            20:14

個室代はべつね。

---------------------------------------

 6時半,起床。


 7時43分,ジスロマック  抗生物質点滴開始,いま3本点滴中


 9時,胸部レントゲン。3Fのよりややスマートだがやはり巨大なアームロボット。HCUでは柔道してそうな男子だったが,こちらは細い女子。重そうですねと聞いたら,この支柱は鉛,私も3kgの鉛を着ていますって。


 9時20分,ゴミ箱交換。


 主治医からの説明。

 LINEとダブるがこんな感じ。

 間質性肺炎の増悪と思われる。

 もう少し遅かったら人工呼吸器を使うところだった。

 PCR検査は複数回やってすべて陰性。

 コロナではなく,インフルでもなく,他のなにかわからないウイルスの間質性肺炎。

 かなり前から病気を持っていたのではないか。

 それが急激に悪化したようだ。

 今後は薬を徐々に減らしていく。

 急に悪化する可能性もあるので,油断できない。

 本当は内視鏡で調べたかったが,コロナの疑いがあったのでやっていない。

 1ヶ月前だったら,コロナ患者が沢山いたので対応が大変だったかもしれない。

 酸素量を4Lから3に下げる。


 「増悪」という漢字がすぐに思い浮かばなかったよ。

 

 憎悪と似ているが,違うんだな。


 ときどき悪増(悪憎:あくぞう)と言ってしまいそうになる。


 間質性肺炎は,肺炎とは名がつくものの,いわゆる普通に言われる肺炎とは全く違うもの。

 ググればわかるが,相当にやっかいである。
 

 念のためだが,医師の説明については,私の解釈が入っているというか私に理解できた範囲内で書いているので,厳密に医学的に正しいかどうかは保証の限りではない。

 専門用語を交えて言われるとわからずに質問したりしているわけで,楽観的な都合のよい解釈をしているつもりはないが,それでもこの可能性あの可能性とか言われるとどちらを重く見るかというところで私の主観が入る。
 

 看護師に室内のトイレを使うことを相談。

 以後,トイレを使用。


 これでだいぶ気分が変わる。


 眼科の予約がありますと,看護師。

 風邪?を引いたと同時くらいから目が痒くなることがあって,市販の目薬でごまかしていた。

 このところ治ったと思っていたのに,なんと検査でわかったのか!

 肺と関係あるのか!


 しかし,まあ,いくらなんでも申告していないのにわかるかなあ。

 本当に私? ときいたら,しばらくして,違う方でしたって…。


 右肘をしばらく曲げていると点滴が流れず,警告音がうるさい。

 寝ている間も2度警告されて鬱陶しいので,看護師に肘の部分にダンボールを当てて曲げられないようにしてもらう。


 前にも書いたがこの肺炎,重症だと言われているが,痛くも痒くもないのである。

 だから,重症だという実感がない。

 動けばハーハーなるものの,動かないと普通に過ごせる。


 LINEの会話の「ご、ご、5時」は,志村けんと石野陽子のギャグである。


朝食。昼食。夕食。

---------------------------------------
 2020/05/16(土) 
            07:04

採血1回やり直し。
3本。

            07:05

咳と痰が出てきた。

            07:07

血糖値102。どんどん下がっているぞ。

            07:07

抗生剤,ステロイドを交互に点滴。

            07:44

[写真]

('子`)
08:40

お味噌汁におふが入ってる!困る!

            09:13

入院時の質問表にちゃんと答える。

            09:15

8時過ぎ,主治医登場。
順調に良くなっている。
供給酸素量を毎分2Lに下げる。
とのこと。

            09:16

ちなみに入院時は,4L。
昨日朝から,3L。

(^妻^)
09:22

素晴らしい! Stay Alive やね。
しかし、病院の活動時間は早いわねえ~!

            09:23

皆様の体調はいかがでしょうか?

            09:24

昨日は10時に寝てしまった。
「足ガール」見損ねた。

('子`)
09:24

今日は鼻水が止まらん
なんかの花粉かな

            09:25

マスクとハンドタオル,新聞,あと水を2~本お願い。
めったに来なくていいから,その分の水分を。
炭酸水1本飲みたい。

            09:26

マスクに手洗い。

(^妻^)
09:26

了解です!
病院の手前にローソンがあり、便利です😃

            09:27

よろしく。

            09:28

うにちゃんは元気?

(^妻^)
09:28

うにちゃんは、毎日💩が出て絶好調!
薬も、猫のミイラのように、バスタオルでぐるぐる巻きにして服用させてます。
お陰で私がバスタオルを持つと、逃げるようになってしまった😵💧

            09:29

反応早すぎ!

            10:32

ごめん,水といったけどお茶も混ぜて。
甘いのはいらない。

(^妻^)
10:44

わかりました。
2時頃到着予定です。

            10:45

よろしく。

            11:31

[写真]

            11:32

じっとしているとこんな感じ。
動くと85とか…。

(*妹*)
12:13
お久しぶりです。
変わりないですか?
【M】市のお母様もお元気にお過ごしですか?
うにちゃんはいかがですか?😼
緊急事態宣言が解除された地域がありますが、まだまだ早いように思ってしまいます。まだまだ怖いですね。
【Y】市は我が家のまわりの老人病院が数件院内感染しているようで、【子3】が勤めている老人病院もドキドキだそうです。
私の職場も感染しないように気をつけてはいるけれど、通ってくる利用者さんはどこを触ってくるかわからないしマスクは嫌がるし…
でもみんな免疫力が強いのか😆元気です。
孫達も元気にしています。あまり会っていませんがそれぞれ自宅で頑張っているようです。
【孫3】は今日1歳の誕生日ですが家族でお祝いをするようです😊
【孫1】はまだオムツがとれず…この長期休みがチャンスだと思ったのですがまだまだのようです。
お話したか忘れましたが【孫1】は国旗を覚えるのが大好きです。
100ヵ国以上は覚えています。
ただ最近カタカナもだいぶ読めるので国旗の下にカタカナで国名が書いてあるとそっちをちらっとみて答えています😆
字の書いてない国旗カードを2~3枚同時に見せても他の遊びをしながらちらっとみて答えるので面白いです。
*********************
-以下【孫たち】に関する話題が続くが長いので省略-
*********************
長々すみません。
コロナが落ち着いたら、ちょっと面白い【孫1】と【孫3】を見に来てください😊
皆さん体調に気をつけてお過ごし下さい。
            13:57

荷物ありがとう‼️

            13:57

通話に応答がありませんでした。

            13:58

通話に応答がありませんでした。

(^妻^)
14:01

通話時間 2:24

            14:10

今,3階から靴が届いた。
コロナついてないだろうな。

            14:19

ご無沙汰です。
皆様お元気そうで何よりです。
我が家では大変なことが起きております。
実は,わたくし,「新型コロナ肺炎」の疑いでICUに入院いたしました。

(*妹*)
14:24

えーー! 入院!! 大丈夫?

(*妹*)
14:25

いや、すみません。動揺してます。
いつから? どんな状態ですか。

            14:49

いや,すいません。
もったいぶったわけではなく,点滴のライン2本を右腕から外して,新しく左腕に刺したところでした。

            14:53

結論から言うと,新型コロナ肺炎ではなくて「間質性肺炎」の増悪ということです。
重症に変わりはないです。
ちょっとLINEで電話できますか?

            15:09

通話時間 15:51

            15:11

[写真]

            15:11

ということです。

('子`)
16:09

正常値は100なの?

            16:13

酸素飽和度だから100(%)が最高値。
普通は97~99%くらい。
これが93%以下になると体の中の酸素が少ないとなって,90%以下になると「呼吸不全」。
だから,やばい。

            16:15

「酸素飽和度」「パルスオキシメーター」あたりで検索。

            16:16

私の背中を拭いてくれて,点滴を2本刺してくれた看護師と話をしていたら,萩出身とわかりました。
下関にいたことがあるよ,と言ったらどこですかと聞かれたので彦島と答えると友達がいますって。
住んでたのは50年前だけどね,と言ったら本気でえらく驚きました。
「40代か50代かと思ってました!」
「肌も血管もピンピンしているし!」 ふふふ

(*妹*)
16:20

なんか、すごい点滴ですね。
まぁ優しい看護師さんですね☺️
お友達は彦島のどこにいるんでしょうね。
若い人と会話をするのも快復には良いことですよ😊
医療関係者は本当に大変だけど凄いですね。

(^妻^)
16:22

家にパルスオキシメーターを用意しないと、ね。
今品薄だけど…😢

            16:31

時々ポワンとした子がいますけど,それはそれで癒しになる。
入院いきなりで,6人ぐらいの若い人々に囲まれて,太股の付け根,左腕2本,右腕1本に針刺されて,試験管20本以上の血を取られましたが,みんなキビキビ動くこと。
ちょっと感心しました。

            16:36

性能がピンきりらしい。
数値だけで,シロートが解釈してはいけないことになっている。

(^妻^)
21:41

[写真]

(^妻^)
21:41

蜜月!

---------------------------------------

 6時半起床。


 体温,血圧,採血3本,以後血糖値,点滴の交換。抗生剤とステロイドを交互に点滴。


 ヘパリン系は常時。血液サラサラです。


 咳と痰が出てきた。


 悪化しているのか,それとも肺が正常に戻りつつあるのか?酸素を吸いながらこの程度。


 昨日主治医が供給酸素量を4Lから3Lに下げたのだが,単位がわからないので1分あたりの量?と看護師に聞いたら,1時間かしら?って。


 多分違う。


 主治医の【O】先生。

 「順調です。」

 「酸素量を2Lに下げます。」


 7時半頃朝食。


 12時,移動式のレントゲン。

 機械の重さを聞いたら700kgぐらいだそうだ。


 12時過ぎ,妹から久しぶりのLINE。

 お変わりありませんかって,ありすぎ。


 返事せねばならんな。


 妻から荷物が届く。

 LINEで電話して,テレビ電話にしようかと言ったら顔を見たくないって。

左手に点滴。

 14時前,清拭。


 14時過ぎ,点滴のライン2本を左腕に作る。

 右手はフリーに。


 妹に返信。

 驚いているので,LINE電話で話す。

 さらに驚いていた。


 17時55分。プレドニン(ステロイド),その後抗生剤に変えたと思う。


 21時過ぎ,眠くて起きていられない。


 午前3時過ぎ,目が覚める。朝かと思ったのだが。


 ケーブル,チューブ類がこんがらがってしまったので,看護師に助けてもらう。


 点滴の機械が2種類の警告音を発信。うるさいなあと思いつつ起きられなかった。

 看護師を呼ぶ。
 バッテリーともう一つなにかだったらしい。


 トイレに行くときに,AC電源を抜いてしまうのだが,差し込み方が甘かったのか。

 しばらくして,トイレに行こうとして抜いたらまた騒ぎ出したので,抜かずに目一杯コードを伸ばしてみたら,なんとかできたので今後はこれで行く。


朝食。昼食。夕食。

---------------------------------------
 2020/05/17(日) 
            03:38

うにちゃ~ん!☺️

(^妻^)
09:54

おはようございます☀️😃❗️
調子はどうですか?
うにちゃんは、朝から吐いてます😓

            10:45

おはようございます。
調子はマアマア。
動くと85ぐらいになるのは相変わらず。

            10:46

また,糞詰まり?

(^妻^)
10:47

多分…😢
今、玄関にいます。構ってくれるな!の姿勢。
動くと85なんて、まだまだね。😓
御大事に!

(*妹*)
11:22

具合はどうですか?
食事はちゃんと摂れていますか?
退屈かもしれないけどたくさん睡眠をとって免疫力をアップしてくださいね。
今スーパーに買い物に出たのですが、緊急事態宣言が解除されたのかとおもうほど人も車も多いです。
きっとすぐに第2波、第3波がくるんじゃないかな…
ゆっくりしっかり治してくださいね。
大変でしょうから返事は気にしないでください😊
お大事に❗

            12:08

がんばります!

            12:13

コロナと同じで特効薬などなさそうなので,抗ウイルス薬とか抗インフルエンザ薬とかステロイドとか4種類をとっかえひっかえ点滴中。血液サラサラの薬は24時間点滴。

            12:14

さっき,看護師が酸素量を1.5Lに減らしたが,しゃべっていると飽和度93に下がってしまうので,また2に戻していった。

(^妻^)
12:16

うーん、まだまだね😓
うにちゃんは、30分このポーズ。水が飲みたいのに飲めない…

(^妻^)
12:17

[写真]

            12:26

また病院か…

            12:27

[写真]

(^妻^)
12:53

あら、美味しそう😃

            13:39

伸びたそば。(けんちんそば)

            17:59

ジャージのズボンがほしい。
こちらのパジャマのLは上がきつくて,下がダボダボ。
あと,小さなシャンプーと石鹸。いつ使えるかわからないが。
別に急がない。

(^妻^)
18:05

シャンプーは最初の荷物に入れています。
ボディソープがあるので、それをお持ちします。
Amazonで、ゆったりの半袖、ズボン七分丈のパジャマ買いました。

            18:07

水のいらないシャンプーのこと?
それなら使っている。
あと,頭皮スッキリシートも使っている。
普通のシャンプー入ってたっけ?

(^妻^)
18:10

違うよ!青いチューブに入ったローラアシュレー(お風呂で使う)のシャンプー、一番最初の荷物に入れました。小さいので、わからないかも…。

            19:49

[写真]

            19:49

どうも、わかりました。
ありがとう。

(^妻^)
19:56

良かった!

(^妻^)
19:57

よかった

            20:47

左手に作った点滴のLINEの一つが少々きつい。
1時間,15分,2時間と3種類の薬を順に注入するのだが,左手が膨らんだ。
マッサージしながら入れている。
バンバン入れろという医師の指示だそうだ。
人の体が,パイプでできているというのがよく分かる。

            20:48

通りの悪いLINEはやめて,あす朝6時から別の血管を使って,また同じことを行う予定。

(^妻^)
20:50

いや~、何か大変ねえ! 血管もともと細いし、苦労するわね。
頑張ってくださいまし!😉👍🎶

            20:51

明日は採血も3本あるし…。
身体中穴だらけや。

(^妻^)
22:17

プチプチ!😁

---------------------------------------

 6時半,体温,血圧,プレドニン点滴開始。


 体温などのデータをGoogleのスプレッドシートに記録しているが,1日ずれていたことに今気づく。

 入院を13日としていた。


 7時半,プレドニン終了,抗生剤に交換。2時間の予定。


 9時抗生剤終了。

 連絡する。

 早すぎないか。


 で,新しい看護師。

 点滴交換。

 これが抗生剤で,前のは肺の薬だと言っている。


 わけわからん。


 ヘパリンも入れ,トータルで5種類使っているようだ。

 今入れているのは,ヘパリンにセフトリアキソン。

 抗生剤だな。


 10時半。

 点滴変え。

 ラピアクタ(抗インフルエンザウイルス剤)

肘から先が膨れてきた…

 左手に新たに作られた点滴のラインの1本がきつい感じ。

 血管が細いのだろう。

 1時間で入れる点滴とか腕が膨れ上がった。

 マッサージしながら入れている。


 15時過ぎ,トイレへ。

 ついでに窓の外を見ようと移動したら,酸素飽和度が80に下がっていて,看護師が飛んできた。

朝食昼食夕食




---------------------------------------
 2020/05/18(月) 
            06:35

採血3本。
1回め失敗。

            06:35

点滴のLINEを差し替えました。

('子`)
07:57

血管が細いのは体質的なもんかねぇ

(^妻^)
08:23

うにちゃん、自力で💩出たー!😃

(^妻^)
08:27

半袖パジャマ2組とスエットのズボン👖、ボクサーパンツ、新聞、石鹸は、明日持っていきます。
その他、欲しいものは?
今日は、ちょっと仕事が立て込んでいます。

('子`)
08:58

人間も猫も自力でトイレに行けるのは素晴らしいね

(^妻^)
09:05

ホントね!😃

            09:35

今のところ大丈夫。
明日でOKです。

            09:38

もっと細い人もたくさんいますとか言われたよ。
おふくろさんも,血を採るのは大変だったみたいだから,遺伝かもね。

            09:39

尿瓶もおまるも楽といえば楽。
一度やってごらん。

            09:41

テレビというのを見る気がしなくなった。
「エール」は見た。
あとは,新聞と本とパソコン。

(^妻^)
09:45

よろしく、です😃

            10:43

10時半,主治医: 数値的には良くなっているので,ステロイドを半分に減らす。
もう少し様子を見ないと,どうなるかわからない。
在宅酸素という可能性もあるが,そうならないようにしたい。

            10:44

あれだけ,PCRをしたからまあコロナではないね。

            10:45

私:結局なんのウィルスかわからないということは,特効薬もないということですよね。結局,今やっている治療は対症療法で,コロナと同じ対応ということですか。

            10:46

主治医:まあ,そんな感じ。
もう少し遅ければ,人工呼吸器だった。

            10:47

私:後どのくらい入院になりそうですか。
主治医:まだわからない。もう少し様子を見たい。

            10:48

聞いた感じでは,更に1周間は掛かりそう。
何しろ,重症患者だから。

            10:51

10時半,地下に降りてレントゲン撮影。正面と横から。

            10:51

点滴3本。

(^妻^)
11:17

何らかのウイルスが肺に入ったのね。
【Y】先生もそう言っていらした。
明日、【Y】医院に経過報告してください。
☎️03-XXXX-XXXX

            11:23

今,トイレに入ったら,数値が下がったと看護師が飛んできた。

            11:23

明日,午前中に電話します。

(^妻^)
11:24

まだまだ動けないのね…😢

            12:02

背負って歩いておくれ。

(^妻^)
12:04

[スタンプ]

('子`)
12:04

目指せ50kg台!

            12:06

すでに達成ずみかも…。

(^妻^)
12:06

またまた…。

            12:09

[写真]

            12:09

毎日が粗食

('子`)
15:12

バランスはええやろ

            15:13

まあね。
当然,カロリーも足りているはず。
塩分少ないし,健康には良さそう。

            15:55

[写真]

(^妻^)
15:56

おお、痛し😰

            15:58

朗報‼️ 手前の一本は終わりました!☺️

('子`)
16:53

[スタンプ]

---------------------------------------

 6時,看護師。腕が膨れちゃったので針を抜く。痕が…。

 採血3本。1回目は血が出ず。

 点滴のラインを1本を左手首に変更。
 膨れ上がる方を外す。


 点滴開始が1時間ぐらい遅れる。

 2時間で1本というのが,いつの間にか落ちる速度が遅くなっているようなので,自分で調節。


 10時半,主治医と話す。


 その後,レントゲン撮影へ。正面と横

 点滴が終わらず,途中で外す。
 殆ど終わっているから大丈夫だとのこと。
 まあ,主治医も薬を減らすって言っているし。


 酸素ボンベを探しに行く看護師。


 レントゲン撮影に行くエレベーターの中で,コロナ患者は減っているの?と聞いたが,ちゃんと答えてくれなかった。
 他の看護師にも聞いたことがあるが,箝口令?が敷かれているのか,単に知らないだけか…。


 点滴が終わったと連絡したのに,20分立っても誰もこない。

 いま走って来たので,丁重にお礼。


 ま,皆さん忙しいのでしょう。


 何度目かの入院なので,血液が点滴のパイプを真っ赤に染めて逆流するなど見ているのだが,初めての患者だったりすると結構ビビるんだろうね。

 で,その血液をパイプに注射器つないで押し戻したりする。


 11:20 トイレに入ってしばらくしたら,看護師が飛んできた。

 酸素飽和度が下がっているって。

 いつものことです。

 5分ぐらいで,95に戻る。


 しかし,この状態で薬を減らすとかいいのだろうか。
 血液検査の数値的には良くなっているというのだが。


 11:55 血糖値検査 3人も来たぞ


 14時過ぎ。清拭。
 背中だけね,

 パンツとパジャマの上は替える。


 15時40分。点滴のラインの一本が外れる。
 血液サラサラ系。今後は飲み薬で。

 7日間繋がれたままだったからこれはありがたい。


 17時過ぎ,薬剤師登場。

 フルタイドがないので,別の薬を使いたいとのこと。

 OKする。

 薬局の系列が違うのか,かかりつけ医と同じ薬がひとつもない。


 17:45  1時間の点滴。ソル・メドロール?(ステロイド)


 夕食後。錠剤2種類。前からの胃薬となんだろう。


 吸入1回。パルミコード200μgタービュヘイラー56吸入というもの。
 フルタイドがないのでこちらに。


 酸素供給量1Lに変更。

 以後,飽和度が92ぐらいからなかなか上がってこない。

 かろうじて94。


 まあ,医者が言うからいいのだろう。


 少し鍛えるべきということかも。


朝食昼食夕食。ちょっとピンボケ






---------------------------------------
 2020/05/19(火) 
(*妹*)
08:46

おはようございます。
どうですか?楽になってきましたか?
管に繋がれて熟睡できないかもしれませんね。
できるだけ身体を休めてくださいね。
今日は雨が降っていて涼しいです☔
今日は【子1】の所の【孫3】が1歳検診があるので【孫1】を預かることになっていて、仕事は休みをとっています😊
最近あまり会ってないので少し楽しみですが短時間でもちょっと疲れます😅
もうしばらく、頑張って下さい(!)
お大事に‼️

            09:18

ありがとう。
点滴が一本終わりました。
もうしばらく入院は続きそうです。

(^妻^)
09:35

おはようございます☀️😃❗️
今日も2時頃伺います。
持っていくものは、
下着のボクサーパンツ、スエットのスボン、半袖パジャマ、石鹸、入歯洗浄剤、リンスインシャンプー、新聞。
この他必要なものがあったら言ってくださいまし。

            09:45

たぶん大丈夫。
よろしくお願いします🙇⤵️

            09:51

【Y】先生に電話しました。10分くらいはなしました。
よく助かったねえ,という感じ。うちの大学なら,すぐに生検して,人工呼吸器だって。
熱が出ないというのが不思議で,本当に間質肺炎かなあとちょっと疑っていた。
でも,まあここに任せるしかないね。
肺はデリケートな臓器だからなあって。
時間がかかるかもです。

(^妻^)
10:50

【T】さんから、分厚い現金書留が!😰
【T】家三万、【H】家二万、福岡の【T】家二万、ですわ!
出所は、総て【T】家だと思われます…😢

            11:00

わしに?

(^妻^)
11:01

わしの他に誰がいるんじゃ?
もう、派手なんだから!😰

            11:02

かなわんね。

(^妻^)
11:05

コロナもだいぶ落ち着いてきたので、生検して欲しいよね。
とは言え、人工呼吸器でなくて良かったような気はするなあ~。
【Y】先生、良い方ですよね!😃

(^妻^)
11:18

うちの母が、お年玉とかたんとあげるので、お返しに来ちゃうのよねえ…。
とりあえずお礼の電話しておきます😃

            11:18

よろしく。

(^妻^)
11:18

[スタンプ]

            13:54

通話に応答がありませんでした。

            13:55

通話をキャンセルしました。

            13:56

通話に応答がありませんでした。

            13:56

通話をキャンセルしました。

            13:58

通話に応答がありませんでした。

            13:59

通話に応答がありませんでした。

            14:04

荷物ありがとう。

            14:05

上から見えるかと思ったのに…。

(^妻^)
14:32

😢⤵️⤵️すみません。
もう、一目散に帰るのです。

(^妻^)
14:40

[スタンプ]

(^妻^)
15:05

そう言えば、タオルを入れませんでしたが、足りているのでしょうか?

(^妻^)
15:06

ひとり生活でも、食糧がどんどんなくなり、イトーヨーカドーの地下食品売り場で夢中になっていました😃

('子`)
16:40

ポケモンGoできないねぇ

            16:57

わしのそばにはいたくないということね。

            16:57

タオルは借りるかも。
シャワーのOKが出ればだが。

            16:58

生検とか簡単に言わないでほしいよ。
状況によっては,全身麻酔で肺を開くんですぜ。

            17:00

ポケモンGoは時々やっている。
ポケストップがないのと,ジムの距離がギリギリ。

            17:38

いま来た看護師が鼻をグズグズするんですが…。

('子`)
17:46

私もいつもグズグズしてるよ笑

(^妻^)
17:47

今度はバスタオルも持っていきますわ。
病院の面会受付には「原則面会禁止です。用が済んだ方は、速やかにお帰りくださいと書いてあります」
必ず名前のチェック&体温測定されて、毎回ビビるわよ。
だから、急いで病院から離れるのさ!

            17:49

明日からリハビリ開始だそうです。

(^妻^)
17:50

筋肉、落ちてるよね😢

            17:51

動くと,酸素飽和度84ですから。

(^妻^)
17:52

動けないじゃん!

            18:00

こういう記事だってある。
日本は,ずっとマシなはずだが。
どっちにしろ,全身麻酔。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/ny90.php

(^妻^)
19:58

[写真]

('子`)
21:43

あらオシャレ

(^妻^)
22:11

むふふ!😃

---------------------------------------

 7時看護師に起こされる。

 血圧低い。104-67

 20代並みねって。
 平熱。


 寝ている途中,何度か酸素飽和度をチェックしたが,93とかからなかなか上がらない。

 トイレに立つと,すぐに84ぐらいに下がる。

 ハーハーすることはないってことは,低酸素に体が慣れているのか?

おくすり

 錠剤3種類。カンデサルタン,アムロジピン,ユリノーム(尿酸)

 吸入1回。


 8時半,かかりつけの【Y】医院に電話。

 先生がまだなので,9時半に電話することに。


 9時半,【Y】先生と話す。


 10時15分。抗生剤点滴開始。

 1時間。


 途中,新人看護師がぞろぞろ来る。

 血糖値:100とか


 妻からパジャマとか,新聞とか届く。

 部屋から病院出入り口に通じる道路が見えるので,女房が気が付かないかと電話してみたが応答なし。

 逃げるように帰ったらしい。


 14時開始予定の点滴が,14時半頃から。


 途中新聞を読んでいたら,点滴が全く流れていなかったことに気づく。

 ダイヤルを回したりして調節したが,だめなので看護師を呼ぶ。

 要するに私の手の曲げ具合というか置き方というか,そのへんだな。

 知ってはいたが,他のことをしているとつい忘れてしまう。


 手をまっすぐ伸ばして定位置において,点滴の垂れ具合を確認しつつテレビを見て過ごす。


 500mLで2時間の予定だから,タンタンタンタンという感じで流れないと間に合わない感じ。


 結局2時間半かかった。


 途中,明日からリハビリを開始しますと来た。


 そういうものなのか。


 LINEで「肺を開く」とあるがこれはまれなことらしい。

 普通は,気管支鏡を入れて検体を撮るか,胸に穴を開けて検体を取る。


 ちょっと脅かしてみた。


 ニューズウィークの記事に関しても,全身麻酔ではなかろう。


 全身麻酔にこだわりがあるのは,一度経験してこりゃあいいと感心したから。


 全身麻酔中に死ぬというのが,私の理想の死に方。


 ちなみに,お見舞い金の「出所は、総て【T】家だと思われます」とあるが,これは妻の勘違い。

 各家でそれぞれ出してくださったらしい。

 持つべきものは,金持ちの親戚か?


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/20(水) 
            06:13

[写真]

            06:31

採血3本。3本目は刺し直し。

(^妻^)
08:39

おはようございます☀️😃❗️
血管が細いというより、潜っている感じ?
お疲れ様です!

            09:46

[写真]

            09:49

10回目ぐらいのレントゲン撮影。
昨日から地下でやるんだが,まわりが病人ばかりでビビる。
むこうもそう思っているんだろうが。

            09:52

部屋に戻ったが看護師がこないので,自分で酸素のパイプを繋いで,心電図の電極を貼り付けて,測定開始。

            09:53

自給自足。

(^妻^)
09:55

自立型病人!
看護師さん、たくさんいるのにねえ…。

(^妻^)
10:02

うにちやんが、ものすごい💩した!

            10:09

いま電極つけに来た。

            10:09

うにも頑張れ!

            10:11

ステロイド,点滴開始。

(^妻^)
10:55

[写真]

(^妻^)
10:55

固まりで咲いた!

            11:03

すごいね。

            11:04

11時,1回目の点滴終了。

            11:05

途中,リハビリで廊下を往復したがちょっとふらつく。
しかも疲れきるという…。

(^妻^)
11:15

動くと酸素飽和度が下がるのね…。

('子`)
16:01

玄関までの階段が登れんな…

            16:25

酸素ボンベを持って歩く必要があるかも。

(^妻^)
16:31

うーむ。肺気腫みたいな感じね。ときどき、そういうおじいさんがいるよね。

            17:08

ボンベ持って階段を登る。

(^妻^)
17:10

[スタンプ]

(^妻^)
19:54

明日、下着のパンツ、フェースタオル、バスタオル、新聞を持っていきますが、他に何かご要望はありますか?

(^妻^)
19:55

2時前後に行くと、看護師さんたちがミーティングをしていて、抜けてもらうのが悪いので、1時半頃行くね。

            20:14

洗濯物を返すときのビニール袋があるとありがたい。

            20:16

バスタオルはこちらで借ります。
濡れても干す場所がない。
もっとも,いつシャワーのOKが出るかわからんが。

            20:16

恐縮です。

(^妻^)
20:25

ビニールね! 了解しました。

(^妻^)
20:25

[スタンプ]

---------------------------------------

 7時半,腹減ったなあ…。


 7時45分,朝食。


 8時半,薬3種と吸入。


 レントゲン撮影。正面と側面。


 ステロイド点滴。1時間。


 リハビリ開始。


 13時から,BSでチャップリンの独裁者見始めたが,点滴,リハビリで度々中断。

 昨日の,キリングフィールドは見損ねた。


 14時過ぎから抗生剤。2時間。


 途中,リハビリ。


 途中,寝具の交換。


 夕方,検温,血圧,血糖値。


 夜の薬の一つは,リクシアナ。血液サラサラ系。もう一つは胃薬。


朝食。海苔佃煮で遊ぶ。昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/21(木) 
            08:44

奥田英朗を読み終わりそうなので,途中になっているイエローでなんとかという本と,肘掛けに乗せておいた文庫本を是非。

(^妻^)
08:48

了解しました!

(^妻^)
13:17

病院に到着。
これから受付をします😃

(^妻^)
13:20

エレベーター待ってます😃

(^妻^)
13:24

着いた!

(^妻^)
13:27

気が利く看護師さんだ!😃

            13:33

通話時間 4:02

            13:43

ありがとう。5階まで上がれるとは知らなかった。

(^妻^)
13:45

そうなのよ!
そして今日初めて回廊になっていて病室が見えることがわかりました😃

            16:11

入院10日目にしてこのじいさんに気を使ってくれた看護師が現れたわけだ。

            16:33

[写真]

            16:36

一旦点滴を抜いたので,あとで10日ぶりのシャワーを浴びる予定。
明日の朝,また点滴。

(^妻^)
16:36

部屋の場所によっては、回廊から離れていて、全然みえない筈。ラッキーな部屋ね😃

            16:38

君のいたあたりは,朝のリハビリで歩いたところ。

(^妻^)
16:44

あそこでリハビリするんだ!

(^妻^)
16:45

[スタンプ]

('子`)
17:39

ええやん、前進しとるやん

('子`)
17:39

[スタンプ]

            18:35

シャワー浴びて,晩飯食って,明日からまた点滴だ!

(^妻^)
18:41

さっぱりしたね😃 頑張って!

---------------------------------------

 7時頃起床。

 血糖値83。


 朝食。

 薬3種。


 ちょっと作業をすると,酸素飽和度が88ぐらいに下がって,息が少し切れる感じ。


 治らないのか。


 10:30 点滴開始。ステロイド。

 11:30 終了。


 途中,リハビリ。

 酸素飽和度の数値はそれなりに下がる。


 奥田英朗の「罪の轍」を読み終える。

 犯人がなあ…。


 13:30 妻から荷物。

 ガラス越しに会う。

 というか,このフロアまで上がってこられるとは知らなかった。

 機転のきく看護師に感謝。


 14:20 点滴開始。2時間。

 映画「若草物語」を見ながら。

 エリザベス・テイラー若い。


 途中リハビリ。

 リハビリの担当とは,顔を近づけて話すことが多いので,濃厚接触かも。

点滴外れました。酸素飽和度はひとなみ…

 16:30 点滴終了。

 針を刺して4日たったということで,針を抜く。


 明日の朝また,刺す。


 とりあえず,すべての針が抜かれたので,シャワーを浴びるぞ!


 17:30 10日ぶりの風呂,というかシャワー。

 気持ちがいい。


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/22(金) 
            09:24

ブレディみかこ出てる。

(^妻^)
09:44

見た見た! よくしゃべるね😃

            09:48

点滴2度失敗。
先輩看護師待ち。

            10:04

先輩看護師。
2度失敗。
2度めは入ったと思ったが,中で液が漏れた。

            10:05

漏れたとこ,痛いよ。

(^妻^)
10:05

[スタンプ]

            10:05

神の手を呼んでくれ!

(^妻^)
10:06

看護師泣かせ!😰

            10:06

神の手待ち。

            10:25

神の手降臨!

(^妻^)
11:01

ありがたや!😇

('子`)
11:02

おばはん看護師のほうが圧倒的にうまいよね

            11:30

かわいい若い子に入れ代わり立ち代わり手を触られて人気者さ。

            11:37

今,血圧,血糖値等測りに3人来たので,これが今日5回めにして成功した腕だ!と自慢したら,みんなであれこれ触ってここならいけるかしら,ここは漏れた痕ねとかやっていた。

            11:38

最近の血圧は,105ー55とかでほとんど死んでる。

(^妻^)
11:41

なんと!
低血圧の若い娘の血圧だ!

('子`)
12:24

正常値じゃないの?
ワタシは100-60ぐらいだよ

(^妻^)
12:46

ひょえー!

            13:17

わしの普段は,140-90

            13:17

個室は,パジャマもタオルも無料らしい。

(^妻^)
13:18

特権階級!😉👍🎶

(^妻^)
15:01

keycoffeeからコーヒーが届きました😃

('子`)
16:00

SK-Ⅱの化粧水とかアメニティがあれば完璧やね

            17:00

バスタブがない。

            17:01

株主優待?

(^妻^)
17:14

ですね! ありがたく頂きます😃

(*妹*)
17:34

こんにちは。どうですか?
入院して10日が経ったんですね。
普通に過ごしていると10日なんてあっという間ですが、入院していると長く感じることでしょう…
ここ数日涼しい日が続いていて過ごしやすいですが、この涼しさは何十年ぶりとか…
地震も多いし、何が起こるかわからないですね。
コロナ感染者も減ってきたようですが、【Y】市は院内感染がとても多いです。
緊急事態宣言はいつ解除になるのか、でも、解除になったらどっと人が外に出るでしょうから心配です。
ゆっくりと治してくださいね。

            18:03

看護師とリハビリ師とは濃厚接触。

            18:14

ありがとうございます。
歌丸師匠のように鼻にチューブを付けて,毎分1Lの酸素を吸入しながら生活しています。
4Lから順次減ってきましたが,1Lのままで5日めです。
血液検査の数値も良くなってきているとは言われています。
昨日一晩だけ点滴がすべて外れたので,10日ぶりにシャワーを浴びました。それまでは,おしぼりで体を拭き,水のいらないシャンプーというやつで頭をもゴシゴシしていました。
今日また,点滴を1本入れましたが,刺す場所がなくて,5回めでやっと成功しました。看護師3人がかりで,最後は主任が登場しました。
お母さんの点滴を思い出します。
午前中はステロイドを,午後は抗生物質を入れますが,500mLを2時間で入れるので,液体の垂れるスピードがものすごいです。
最近は毎日この繰り返しでいつ終わるのかはわかりません。
水曜日からは,リハビリが始まりました。
歩くと,酸素飽和度が85とかに下がるので肺の復活?はまだのようです。(酸素飽和度の正常値は94以上とか。普通は99とか100とか)
酸素ボンベとともに暮らしたくはないですけどねえ。
晩飯が来たので,またあとで。

            19:07

皆様お元気そうで何よりです。
コロナは嫌ですねえ。
ここでも,看護師とリハビリ師は患者とある意味濃厚接触ですから,【M】病院みたいに院内感染が出たらひとたまりもないですね。
リハビリ中,廊下を歩いているときに病室から咳が聞こえてくるとちょっとビビりますよ。
フロアは患者でいっぱいです。
まあ,コロナではないと診断された患者ばかりですが。
ところで,【孫1】くんはどうでした。
1日見るだけで疲れ切るのでは?

('子`)
19:31

お互い様でしょうが

            19:33

わしは陰性が証明されているから入院時点では感染源にはならず,その後感染したとすれば病院内の誰かから。

('子`)
20:10

[スタンプ]

(*妹*)
20:45

コロナでない患者さんも安心して入院できないですよね。
【M】病院はちょっと酷すぎますね。安全管理の責任者を交代させたとか。
指導も入っているからこれでおさまりますかね。

*********************
-以下【孫たち】に関する話題が続くが長いので省略-
*********************

もうすぐ消灯ですか? たくさん寝てたくさん食べて元気になってください☺️

(*妹*)
20:47

[写真]

(*妹*)
20:47

[写真]

(*妹*)
20:48

[写真]

(*妹*)
20:48

[写真]

(*妹*)
20:48

[写真]

(*妹*)
20:48

[写真]

(*妹*)
20:48

[動画]

            21:16

随分と大きくなったね。
女房に転送しておきます。
そろそろ消灯かもしれないが,個室だし。

            21:18

[写真]

            21:18

[写真]

            21:18

[写真]

            21:18

[写真]

            21:18

[写真]

            21:18

[写真]

            21:19

[動画]

            21:19

転送しました。

(^妻^)
21:21

かわいいじゃないの!😃

            21:21

随分お兄さんになった感じ。

            21:25

https://twitter.com/buvery/status/1262929561051959298

(*妹*)
21:27

【孫1】の持っているイチゴは我が家の庭で作ったものです。私は何もしていませんが😁
まぁまぁ美味しかったです🍓
おやすみなさい😪💤💤

            21:28

おやすみなさい。

---------------------------------------

 6時半起床。

 7時45分朝食。


 9時45分。点滴2度失敗。

 先輩看護師待ち。


 次の看護師も2回失敗。

 2回目は血管から漏れる。

 刺すところをじっと見ていたら,よく見られますねと言われてしまった。

 いや,無事に血管に刺さったかどうか確認したいからと答えた。

 血がピュッと勢いよく出てくれば安心する。

 今回は出なかったけど。

 2回めは,うまくいったように見えたのだが,生理的食塩水を入れたら中で漏れていることがわかったので,選手交代となった。

神の手待ち…
 次は,もっとベテランの登場になるらしい。

 主任登場。

 一発で成功!

 流石である。


 主任に私は睡眠時無呼吸症かもしれないので,ついでに調べてもらえないかと依頼。


 何しろいびきがものすごいらしい。

 妻も我慢できないということで,数年前から別々の部屋で寝ている。

 どんなにすごいのかと思って,何回かICレコーダーに録音してみた。

 パソコンに取り込んで波形を見たら,上下ギザギザの真っ黒い長方形の連続。

 振幅の少ない部分がほとんどない感じだ。

 音を聞くとすごいなあ。

 夏など窓を開けたまま寝たらマンション中に響き渡るかもしれない。

 静かな部分が多い日もあるが,稀である。

 呼吸が止まっているかどうかは,ちょっとわからなかった。

 だからまあ,一度は調べてもらいたいと思っていたわけである。

 病院に一泊して測定器付けてデータを取るらしいので,今ならちょうどよいではないかというのが私の皮算用。


 点滴1時間。

 途中でリハビリ。

 相変わらず,酸素飽和度が85とか下がる。


 13時から,映画を見て過ごす。ガンヒルの決闘。
 1959年。
 カーク・ダグラスが若い。


 14:33 点滴開始。2時間の予定。

 500mLを2時間でという点滴なのだが,腕を曲げるととたんに速度が落ちるので,テレビを見る以外のことがなかなかやりづらい。

 結局2時間半かかった。最後の15分は,自分でダイヤル回して速度を上げてしまった。


 夕方,検温など。


 睡眠時無呼吸の検査を頼んだが音沙汰ないんだけどと言ったら,もう一度言っておきます,パソコンにも入れておきますって。


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/23(土) 
            09:40

先生の話:
血液検査の数値は下がってきている。
間質肺炎の増悪の部分は解消されつつあるが,かなり重症だったので時間がかかるだろう。
間質肺炎そのものは残る。
おそらく15年以上前からのもの。
徐々に悪化してきて,4月の風邪らしきものをきっかけに一気に悪化したようだ。
風邪のウィルスは5種類あって,そのどれかだと思う。
コロナだったら助からなかったかも。
在宅酸素にはなるかはまだわからない。

            09:41

そういえば,昔からハーハーしたな。
鹿児島の洞窟とか。

            09:42

着替えようとパンツになったところに,先生が来たので,ジャージを足に乗せて聞いた。

            09:43

昨日から,私は睡眠時無呼吸かもしれないのでついでに検査してくださいと頼んでいたのだが,退院後に外来しか認められないとのこと。残念。

(^妻^)
09:44

おはようございます!
かなり重傷なのね。
たしかに、鹿児島で山の上にある神社に登ったとき、苦しんでいたよね。
北海道のスキーの救急搬送もそれが原因では?

            09:48

どうなんだろうね。
あの症状は,私の推理では,大量の汗とあまりの寒さに血が凍りかけて流れが悪くなった。
チケット売り場までの登りでハーハーしたかもしれないが記憶にない。

            09:51

小さな丸い缶はたべものなのか?

(^妻^)
09:52

無呼吸症もついでに調べてくれればいいのに…。
丸い缶は石鹸です。
たべないように!😅

            09:53

表示を見ると「チョコレート」と書いてある。

(^妻^)
09:54

空き缶利用ですわ。
中身はホテルのアメニティ。
ピッタリはまって、天才かと思った!自画自賛!😃

            09:55

なんと,食うところだった!

(^妻^)
09:55

ひえーっ!

(^妻^)
09:56

[スタンプ]

            09:56

これから点滴1時間。

(^妻^)
09:57

お疲れさまです!

(^妻^)
10:47

今日も1時半頃行きますが、ご入り用のものは?

            11:45

すいません。
炭酸2本にお茶1本,水1本お願いします。

            11:47

パジャマとパンツとハンドタオルと靴下を戻します。
ずうっと裸足なので,靴下は履いていない。

(^妻^)
12:22

了解😉👍💕

(^妻^)
13:19

エレベーターに乗りました。😃

            13:24

ありがとう‼️

(^妻^)
13:24

[スタンプ]

            17:13

朗報! 点滴がすべて外されました。
明日から服薬で治療です。
邪魔なのは歌丸師匠のような鼻のチューブ。

            17:14

朗報! 点滴がすべて外されました。
明日から服薬です。

(^妻^)
17:16

それがないと、窒息しちゃう😰
点滴外れて、何よりです。

            17:16

窒息はしない。
苦しくなるだけ。

(*妹*)
17:23

それは良かった!🙌
焦らずまだまだゆっくり診てもらってくださいね😉
コロナもだいぶ減ってきましたが【K】県ではまだ何人かいます。
昨日【Y】市の感染者の中の女性は【E】病院の看護師だそうです。
気がつかずに電車などで通勤していたら、なかなか0にはならないですね。
今日も町の中はたくさんの人でした。うちも買い物に出たので人のこと言えませんが…💦
お大事に(!)

(^妻^)
17:41

点滴の難しい患者だから、服薬に移行したってことはないかしら…。
(女性)先生、528の患者さん、全然針が入りません!
(男性)じゃあ、服薬にするか!
とかね…。😓

            17:51

いや,それはない。
点滴は,4日間は同じところを使うのが原則。
きのう,新しく刺したので25日まではそのまま使えたはず。
けさの話の後,採血を3本したからその数値を見てのことだと推測。

            17:52

ありがとう。
【E】病院は前にも出ましたね。
院内感染はいつ起きても不思議はないです。

(^妻^)
18:04

なるほど!
点滴解放おめでとう🎉✨😆✨🎊

(^妻^)
18:36

マスク来たーっ!
これから暑くなるのに、厚ぼったいガーゼのマスク、いらねー!😰

            19:11

10万円の支給はまだ?

            19:19

あと,24時間,パルスオキシメーターと心電図の端子を体に貼り付けて,別室でモニターされているので,そのケーブル4本とポケットに入れた端末の扱いも面倒。
ケーブル外れたのに気づかなかったりすると,看護師が来る。

(^妻^)
19:22

10万はまだです。
計測器がくっついて、うるさいでしょうけど、気を付けて頑張ってくださいね!

            19:24

[スタンプ]

('子`)
21:07

【うち】はなんも来ないなー

            22:58

【M】市はマスク配布が始まったとニュースで言っていた。

            22:59

シャワーを浴びた。髭も剃った。電極待ち。

---------------------------------------

 6時半起床。途中2度ほどトイレ。比較的よく寝られる。


 ただ,咳が少し出るようになったのが気にかかる。


 窓を開けようとしたがなかなか開かない。

 酸素飽和度が81%に下がっていて愕然とする。

 動くと酸素飽和度が一気に下るという傾向が一向に改善してこないのが絶望的。


 まあ,仕方がないけど。


 それ以外は,点滴の針をさすときや採血やらでチクッとするくらいで,痛みも苦しさもだるさも呼吸困難もなにもないのがありがたい。


 こういう入院患者もいるわけで,ゆえになんで私は入院しているんだろうと思う時もあるが,酸素飽和度を見るとこれじゃ人並みの暮らしはできないなとも思う。


 09:30 医者と話す。

 

 風邪のウイルスについては,ネットで調べれば4種類とか5種類とか,中には200種類以上とか書いてあるところもあってまちまちであるが,代表的なのは数種類ということらしい。

 いわゆる「新型でないコロナウイルス」も代表的な風邪のウイルスということだ。


 ネット情報によれば,間質性肺炎と診断された場合の余命はアメリカでは2年からそこいら,日本の場合は5~6年らしいということだが,私の場合はどうなのだろうね。


 しかし,この基準では,診断の時期によってまるで余命が違ってしまいそうだが,どう判断すればよいのだろう。


 LINEにある鹿児島の山の上にある神社というのは妻の記憶違いで,妙見温泉近くの熊襲の穴というところである。

 ちょっとした斜面を登るのだが,一緒に行った3人が引くほどの息の切れようだった。


 2007年の暮れのことであるが,3月にも急坂を登ったときにものすごい息の切れ方をしたことを憶えている。


 間質性肺炎はそのときすでに発症していたという可能性もあるわけだ。


 私としては,デブで運動不足だからそうなるのだろう,ぐらいにしか思っていなかった。


 北海道のスキー場の件については,こちらに書いた

 ただ,これが間質性肺炎に関係あるかどうかはわからない。

 

 10:05 ステロインドを点滴。1時間。ソル メドロール。

 10:50 点滴終了。


 11時過ぎ,リハビリ。


 11時半,レントゲン撮影。

 タンクを引いて自分で歩いていく。看護師が付き添い。
 正面と横の2枚を撮る。


 一般病棟に移って最初の頃は,看護師から食事はどれだけ食べたかを聞かれたのだが,毎回完食と答えていたら以後聞いてくれなくなった。

 今日,珍しく,食事は足りているのと聞かれたので,それなりに腹は減ると答えたら,少し増やせないか聞いてみますって。

 なんというか,家では2人前ぐらい平気で食べるのだが,ここでは出されたものを食べるだけ。

 特に欲求もないというか,食い物に対する執着心が低いのか。


 15時になっても,14時予定の点滴がこない。

 廊下に顔を出して看護師を呼んで,点滴開始。ジスロマック。


 途中,リハビリ。
 廊下を4周とマッサージなど。

 相変わらず数値は下がるが。


 2時間弱で点滴は終了。


 なんと,点滴はこれで終わりだそうだ!


 明日から,服薬で。


 22時,シャワーを浴びる。


 パンツ一丁で,シャワールーム(兼トイレ)に入ったところに血糖値検査がきた。

 ドアから手だけを出して,測定してもらう。

 数値は聞き忘れた。


 30分後に電極を付けに来ますという看護師が1時間後に来た。


 まあ,酸素飽和度はチェックしていたから無問題。


 0時過ぎ就寝。


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/24(日) 
            06:57

おはよう!

(^妻^)
10:42

おはようございます☀️😃❗️
今日は久しぶりのお天気で、洗濯してトイレの掃除してました。
さっぱりした😃🐦

            12:07

[写真]

(^妻^)
12:17

美味しそう!😃

            13:06

日曜昼は麺と決まっているのかも。

(^妻^)
14:21

曜日の感覚を失わないように? 海軍さんみたいやね。

            14:56

なるほど…👍

            15:02

リハビリでペダルを10 分間回したが酸素飽和度が92ぐらいにとどまった。

            15:03

午前中は飽和度がおちる。

(^妻^)
15:32

もう一息かしら?

            15:58

わからない。
在宅酸素は避けたい。

            17:30

27日にパルスオキシメーターが届きます。

(^妻^)
17:40

買ったの?
Amazon?😃

            17:41

そう。26日かもしれない。
入院中なら持ってきて。
こちらの数値と比べるから。

(^妻^)
18:08

[スタンプ]

---------------------------------------

 6時半起床。

 検温,血圧測定。

 血圧低い。


 7時45分 朝食。

 トイレに立つも出ず。

 便秘3日め。


 服薬。持病アリだから…

 薬が増えた。というか,点滴の代わり。

 カンデサルタン,アムロジピンに加えて,プレドニン,ユリノーム,クラリスロマイシン。

 プレドニンは点滴でおなじみのステロイド。

 クラリスロマイシンは抗生物質。

 ユリノームは痛風。


 10時40分。リハビリ。

 フロアの半分,おそらく20mかそこいらを回ってくると酸素飽和度は95から89に下がる。

 1分半ぐらいの休憩で95に。


 昼,クラリスロマイシン


 13時過ぎからリハビリ。

 足漕ぎ10分やったが,数値は92ぐらい。

 午後は元気。

 フロアの片隅にあった体重計に乗ったら今年の初めに比べて6kgほど体重が減っていた。


 便が出ない…。


 夕食後:胃薬,リクシアナ,クラリスロマイシン


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/25(月) 
            07:27

単4電池2本で動くので,電池も忘れずに。
商品に入っているかわからない。

            07:30

あと,爪切りがほしい。
パッチン,パッチンと挟むやつだけでOK。

(^妻^)
09:24

はい、了解!😃

(^妻^)
13:12

病院に向かっています。
パジャマ、爪切り、新聞持ちました。1時半くらいかな、到着は。😃

            13:13

おう,悪いね。

            15:39

こう言っては申し訳ないが,爪切りは前代未聞の切れ味の悪さ,使いづらさ。

(^妻^)
16:35

あら、そう? 切って試してみたんだけど…。😓

            16:46

君のお上品な爪とは違うのよ。

            16:47

血圧が90-60だった。
上が84の時もあった。

(^妻^)
16:47

上がってきた!

            16:47

家では,130-90ですよ。

(^妻^)
16:47

あいあい! また別バージョンを持っていきます😃

(^妻^)
16:52

低血圧の女子!

            16:54

いや,一応切ったので大丈夫。
ものすごい端を持って(梃子の原理),少しずつ切ったら何とかなった。

(^妻^)
16:55

お疲れさまです!

            16:55

下がり過ぎも立ちくらみとか起きそう。

(^妻^)
17:06

いずれ上がってくるのかな…?

            18:54

薬がちょっと違うのでそのせいかもしれない。

('子`)
19:04

アベノマスク届いたー(いらない)

(^妻^)
19:11

me too!

(^妻^)
19:12

うーむ、酸素と血圧、どっちも大切だ!

            19:34

今【O】先生(主治医)が来て、明日から酸素をはずす。

            19:35

退院は来週になるようです。

            19:35

長いねえ。

(^妻^)
19:52

まあ!6月になっちゃうわね😰

            19:53

重症だから。

            19:54

(poo with eyepatch)が4日間音沙汰無しなので薬をもらった。

            19:58

こちらも重症。

(^妻^)
20:02

薬のせいか、動いていないからか!😵

            20:04

シャワーを浴びる。

            22:06

おいおい,わしの秘密の日記にはじめて宣伝以外のコメントが来た。
どうもまともに読んでくれているらしい。
そんな人がこの世にいるとは思ってもみなかった。
控えめでなかなかきちんとした方に思えるが。

            22:08

はじめましてm(_ _)m いつも読ませていただいております。
 (中略) 
毎日更新を楽しみにしておりましたが、5月10日より更新がなく、心配しております。
 (中略)
どうか、私の心配を打ち消す書き込みが、そう遠くないうちにありますよう!
ブログ愛読1ファンとして、お帰りをお待ちしております!
勝手にコメントお許しください。

            22:13

すぐに返事を書こうかと思ったが,「お帰りをお待ちします」とあるのでお言葉に甘えてお待ちいただくことにした。
劇的に復活!と行きたいものだが,まあ無理だろうな。

            22:31

年に2万円を稼げるお買い物モニターを首になりそうなので,今度来るときのお願い。
1.パソコン・モニター左側にある黒い端末をケーブルごと外して,持ってきてほしい。バーコード表もつけたまま。
2.パルスオキシメーターは箱のまま。外側にたぶんバーコードがあるので。
3.水系を頼むと思うが,レシートをつけてほしい。値段と店を記入するので。
君にやってもらってもいいが,面倒でしょ。

('子`)
22:53

ほおー、隠れファンか

            22:55

ふふふ

(^妻^)
23:09

凄いじゃん! 知的な感じの方ね😃

(^妻^)
23:11

おげんさんといっしよ!見てました😃

(^妻^)
23:13

わかりました。
お持ちします!😃

            00:28

知は知を呼ぶ…。

---------------------------------------

 6時半起床。
 11時過ぎに寝て,めずらしく5時に1回起きただけだった。


 7時45分朝食。

 薬5種類。


 10時前からリハビリ。

 相変わらずフロア1周で酸素飽和度は89%に落ちる。


 昼間担当の看護師が血圧と体温を測りに来た。


 何かありますかと聞かれたので,便秘を報告。

 今晩まで出なければ弱い下剤を出しましょうとのこと。


 便秘については昨日も報告したしパコンにも入力していたはずだが,初めて聞いたような感じだった。

 何しろメインの担当は昼と夜で2人いるし,同じ看護師に当たるまでに3日ぐらい間があくので,引き継ぎは大事である。


 画面をよく見ていないのだろう。


 忙しいからというのが大きい印象だ。


 だから要求は,正式に回答が出るまでこちらが繰り返す必要がある。

 それは病院としてまずいんじゃなかろうかという意見もあるだろうが,現実としてはしつこくても繰り返す必要があると思う。

 メモしても見ないというのはありがちなことだし,定型業務に追われる看護師ひとりを責めたところで得るものは少ないだろう。

 おそらく,私がもっと重態ならば,パソコンをしっかりと見て引き継ぎ事項もちゃんと確認する可能性が高いと思われる。

 こちらはいちおう酸素飽和度以外はまともなつもりなので,コミュニケーションは取り続け,要求は伝わるまで繰り返すというのが基本である。


 実際のところは,私自身はたぶん要求の少ないおじいさんだろうと思う。


 他に頼んだのは,睡眠時無呼吸症の検査をこの期間にできないかというぐらいだな。

 結果は「できません」だった。


 今晩シャワーを浴びる予定ということでタオルのセットを頼んだが,届かないようだったらまた言ってくださいと言われたので,それなりの自覚はあるのだろう。


 ただ,食事に関していうと,「食器が下がってますね」という確認がいつも2度以上来るのは不思議といえば不思議である。
 「はい,下がっています。ごちそうさまでした」といえばすむ話なので,問題にするほどのことではないが。


 12時昼食。

 ステロイド2錠。

 普段は自分でかってに飲むのだけれど,珍しく看護師が薬を手のひらに乗せてくれようとした。

 では甘えてという感じで手を出したら一粒が床に転がってしまった。

 拾って飲んじゃおうかと言ったら,ちょっと洗ってきますって水で洗って持ってきた。

 ついさっき床掃除が入ったばかりだから,まあいいだろう。

 家でも時々落とすし,拾ってホコリを拭いて飲んじゃうし…。

 神経質な患者なら怒るかもしれない。


 看護師としばし話す。

 一時防護服が足りなくなったらしいが,今はコロナ病棟はスカスカのようだ。

 緊急事態を解除するとまたコロナが増えるだろうね。

 「withコロナ」ですよって。

 退院しても当分の間家を出ないで,絶対にかからないようにしてくださいねって。

 結構戻ってくる人が多いけれど,もうこないでくださいねってまあそうだよね。

 戻ってくるというのはコロナではなくてこの病棟のはなしね。


 13:30 妻が着替えなどを持ってくる。

 遠くのガラス越しに,点滴の取れた両手を見せる。


 病室の窓から見ていたが,風のように去っていった。


 当面の問題は「便秘」だな。


 治らない間質性肺炎よりも喫緊の重要な問題である。


 16:45 さっきいろいろ話した看護師が「ウンチ出ました?」ときいてきたので「まだ」と答える。

 じゃあ,お薬用意しますね。


 17:15 夜間担当看護師。

 お薬どうなったか聞いたが,わかっていないようだ。

 パソコンに入っているはずだと言ったら,ズリズリスクロールさせて,あ,ありましたって。

 夕食後に他の薬と一緒にお持ちしますって。

 さっきの看護師さんが持ってくるかもと言ったら,まだいるようだったら確認しますとのこと。


 要求は区切りがつくまでし続けなくてはいけない。


 肺炎では死ななかったが糞詰まりで死んだとなるとあまりにかっこ悪いからな。


 18:40 薬3種,下剤アローゼン

 飲んでしばらくしたら出るのかと思っていたら,効果は8時間後だそうだ。

 下剤はバリウム飲んだときにしか使っていないが,そのときはすぐに出る。

 違うタイプの薬ということだろう。


 19:30 主治医登場

 明日血液検査。酸素を外す。

 退院は来週になるとのこと。


 20時過ぎ。シャワー。


 名ばかりの「秘密の日記」に届いたコメントだが,そのまま載せていいかどうかよくわからなかったので,途中を数箇所省略した。


 まあ,探せばわかることではある。


 「秘密の日記」というのは,誰にも私が書いていると知らせていないから。

 家族は何か書いているらしいとは知っているかもしれないが,特に教えていないし,そもそも興味を持たれていないだろう。


 遺言状に書いておいて私が死んだら知らせるつもりだが,きっと読まないだろうな。


朝食昼食夕食



---------------------------------------
 2020/05/26(火) 
(^妻^)
10:28

酸素外して、どうですか?

            10:54

つい先程外したが,3ぐらいは下がるね。
ナースステーションまで1周回って,昨日は89だったが,86に落ちた。
回復しても92ぐらい。

            10:56

靴下も持ってきて。
リハビリでペダル回すのに,裸足はダメだって。
すでに2回裸足でやっているが。
戻してしまって申し訳ない。

(^妻^)
10:57

肺の機能が相当やられてしまったのね。
頑張ってくださいね!
ところで、母からもたんまり!とお見舞い金が送られてきました。

(^妻^)
10:58

靴下、了解です!

            10:59

喫緊の課題は💩が出ないこと。
5日めに突入。
昨日夜薬を飲んだが音沙汰なし。
いや,音はちょっと出る。

            11:01

看護師により強力な薬を依頼。

            11:03

肺炎では死ななかったが大便で死んだとなるといささかかっこ悪い。

(^妻^)
11:05

糞詰り…😢

            11:09

うにちゃんと同じ。

(^妻^)
11:10

うにちゃんは、今朝も立派なヤツをしてました!

            11:11

蘇る金猫

(^妻^)
11:53

そして、【TK】子から千疋屋の高級ゼリーが届きました。😃

            11:54

お礼が大変。

            17:24

物が届いたら使ってみて。
数値は99とか?

            17:32

物って,パルスオキシメーターのことね。

            17:35

こっちのブツはまだ出ない。
苦しいよう。
昨夜,アローゼンというのを飲んだのだが,屁ほどの効果もなし。

            17:38

こんな便秘は,49年ぶり。

(^妻^)
17:40

パルスオキシメーター届きました。
電池も入っていたので、早速図ったところ、酸素は96、脈拍68です。
給付金の申請書が届きました。申請は8月までなので、退院後手続きしてくださいまし。

            17:40

先ほど主治医が来て,今日の血液の数値はぐんと良くなっているので,薬の量を減らすとのこと。

            17:47

酸素少なすぎないか? 今の私は94。

(^妻^)
17:50

96と97を行ったり来たり。
少ないの?
イチジク浣腸買ってく?

            17:52

ここは病院ですぜ。
浣腸なんてした記憶がないなあ。

(^妻^)
17:54

最終手段は浣腸ですと、うにちゃんの主治医が言ってました。

            17:55

刺客2号が届いた。
「センノシド」
これにかける。

            17:56

ここでも最終手段だと言っていた。
うにちゃんのように,指で掻き出してもらいたい。

(^妻^)
17:58

[スタンプ]

            18:01

数値低めに出るタイプかも知れないので,こちらのと比較してみる。
さっき,看護師のものを借りて測り比べたが2~3の誤差があった。
冷たい指は低く出るとかあるらしい。
まあ,目安ね。

            19:50

お母さんからまでお見舞金とは。
わしは大金持ちだな。

(^妻^)
20:18

半返し。

            20:19

えええ! 身内だぜ。

(^妻^)
20:20

半返しは、身内でも常識です😸

            20:21

だったら,最初から半分くれればいいのになあ。
エネルギーの無駄。

            20:21

まあ,よろしくね。

---------------------------------------

 6時採血。3本。


 7時45分朝食。


 便が出ない。

 5日め。

 5回ぐらいトイレにたったが,ダメである。

 石のように硬いようだ。

 苦しい。


 3日間出ないのは,ついこの間あったが,5日めに突入は珍しい。


 肺炎で死なずに大便で死ぬ。
 というのではちょっと悲しい。


 大昔,大学時代に1週間出なくなって,それこそ死ぬような思いをしたことを思い出した。

 薬をたくさん飲んで悪戦苦闘して,ついに牛乳瓶くらいのものがゆっくりと出てきたときは感激したよ。

 今なら肛門裂けそうだが,若かったしなあ。

 我が肛門のフレキシブルさに感動した。

 子供を生むのもあんな感じなのではなかろうかって…。

 おまけに,水洗の和式便所だったからその牛乳瓶,デンと中央に居座ってまったく流れないのである。

 はねた水があたりを濡らす。

 これは永遠に無理だと思い,トイレットペーパーを丸めて手で押し流したよ。


 うーむ,こういう話だと気分が盛り上がる気がする。

 私は,子供か。

 フロイトの言う肛門期から,成長していないのではなかろうか。

 肛門期のまま爺さんになった稀有な人物かもしれない。


 俺の全盛期は中学校時代って,いつも言っているし。


 看護師に相談。
 後で別の薬をもらうことに。


 レントゲン撮影。今日は正面1枚のみ。

 トータル12回。CT1回かな。


 酸素チューブを外す。

 正確には,経鼻酸素カニューレという名称らしい。


 リハビリ中に数値を確認すると,やはり落ちている。

 一周歩いて86とか。平常時91ぐらいとか,3ぐらいは落ちた感じだ。

 ベッドからトイレに行く動作だけで88ぐらいになる。


 昼食時に看護師に再度便秘の説明。


 昼の薬。


 昼食後,くつろいでいたら酸素飽和度94。

 ちょっと上がってきたような。

 動くとダメだが。

 心拍数が90ぐらいで,これは明らかに上昇している。

 酸素不足を補うためだろう。

 肺より先に心臓が壊れるかもしれないって?


 チューブが外された記念に,廊下をウロウロ。

 外がよく見えるロビーのようなところにも行ってみた。

 理学療法士の話では以前は談話室として椅子とテーブルが置かれていたようだが,今はリハビリに使う椅子がいくつかあるだけ。


 ここには飲み物の自動販売機や,電子レンジ,オーブントースター,ウォーターサーバーなどがある。

 すべて使えないと聞いていたのだが,普通に電源が入っているようである。

 通りかかった職員に聞いみた。

 あら,使えないはずだけど,禁止のシールが全部外れてますね,ちょっと確認してきます。

 ということで,今日から使えることになったのだそうだ。

 緊急事態宣言解除と関係があるのかもしれない。


 なら,ジュースでも飲んでみようかと小銭を採ってくる。

 カルピスウォーター,140円。

 部屋に戻って一気に飲み干す。

 普段はこういうものは飲まないんだけどね。


 16時頃:元気な看護師に便秘の薬を依頼。

 探してきますって出ていったが,それっきり。


 17時頃:主治医

 今日の血液の数値はぐんと良くなっていた。

 薬の量を減らしていく。

 その他,今後のことなども。


 まあ,大火事になりかけたが,2週間でようやく鎮火に成功しつつあるというところのようだ。

 ただ火種は別。
 これは消せない。消す薬がない。

 死ぬまで残る。

 火種が大きくなるのを抑える薬はあるというが,かなり高価なものらしい。


 主治医と入れ替わりに別の看護師。

 血糖値172でこの時間帯にしては高い。

 カルピスウォーター飲んだからかなと言ったら笑われてしまった。


 さっき,便秘の薬を頼んだのだけれどどうなっているのだろうねと聞いたら,確認してきますとのこと。


 30分たったが音沙汰なし。


 腹が苦しいよう。


 17時45分,さらに別の看護師が「センノシド」をもって駆けつけてきた。


 これにかけよう。


 18時夕食。

 配膳に来た看護師に「ロビーに貼ってあったメニューには朝はパンとかあるんだけど,私は食べられないの?」と聞いてみた。


 考えてみれば,入院以来2週間,ご飯はすべてお粥なのである。

 重症だからということかもしれないが,全食完食だしなあ。


 ロビーには,クレームコーナーもあって食事についての不満もいくつかあった。

 食い物の恨みは恐ろしいというが,どうも私はそういうことがあまり気にならない人間なのだな。

 全体に味は薄いし温度管理もいろいろあるし量も少ないとは思うものの,まあ病院食だからこんなものだろうと思って,特に不満も感じず平らげてしまう。

 量が少ないのも,ダイエットにちょうどいいかもと思っているし。


 ある意味,支配しやすい(されやすい)人間かもしれない。


 今思い出したが,土曜日に食事は足りているかと聞かれて足りないと答えたのだったな。

 聞いてみますと言っていたが,結局そのままだったのでまあそんなものだろうと思っていた。


 確かに,ここは打てば響けよとまでは言わないがワンテンポかツーテンポ遅れるところがあって,それはこちらで積極的に出ていかないといけないわけで,これはすでに書いている。

 では,意思疎通が難しいとか引っ込み思案はどうするんだということになりそうだが,これはこれで看護師がうまくやっていそうな気がする。


 今日改めてあちこちの病室を横目で覗きながら歩いてみたのだが,ベッドを2~3人の看護師に囲まれた患者が何人もいるわけである。

 私のところには,たまに新人ですというのが2人ぐらいついてきたりするが,そういうレベルの話ではない。


 年寄で重症なのだろう。


 私のところにはまあそれはないわけで,要するに重症かもしれないがほっといても大丈夫な患者,何かあれば言ってくる患者と認識されているという可能性がある。


 なにしろ例えば心電図の電極を貼るシールなども看護師が置いていったものを使って,自分で貼り替えたりしているし。

 貼り場所はしっかり確認しているからまあ無問題。

 リハビリ担当がそれを見てえっと驚いたから,自給自足と答えておいた。


 スマホに歩数計をダウンロード。

 明日から測ってみよう。

 しかし,ダウンロードには手間取ったな。

 なんとかIDとか聞かれても,ここじゃわからんよ。

 GoogleのIDとアドレスが使えたので何とかなったけど。

 これでまた,Googleさんに色々バレてしまうのかもしれないが。


 夕食後,薬3種。

 加えて,センノシド。


 戦いの一夜になりそう。


昼食夕食(便秘のせいで朝食撮り忘れ…)



---------------------------------------
 2020/05/27(水) 
            06:10

便意は何処へ。

            06:10

腹がぺったんこになっているので,再吸収されたか。

(^妻^)
07:04

ええっ!出ないの?

            07:05

次のステップへ。

            07:13

ピコスルファートナトリウム参上!

            07:13

なんか効きそうな名前である。

(^妻^)
07:19

やっぱり浣腸じゃない?

            08:50

座薬に挑戦中!

            08:51

苦しい(苦しい)

(^妻^)
09:35

生まれた?

            09:41

5個産卵。

            09:42

まだ3個ぐらい残っているイメージ。
夜,さっきのやつを飲んだほうがよいかもしれない。

            09:43

16食分くらいが圧縮パックされているはずだから。

            09:46

座薬ありがとうって言って手を出したら,私が入れますって。
いや大丈夫って抵抗したのだが,ここは病院,私は看護師ですときっぱり。

            09:47

お世話になります。

            09:49

25分,ベッドの上でのたうち回って,5分便座で脂汗。
無理かと諦めかけたところに,ムリムリムリと。

            09:50

酸素飽和度85に低下,脈拍125に上昇!

            09:54

間隔をおいて3連発。
一段落で,まだ残っていそうだが,何食わぬ顔で生きられそう。

            09:55

シャワーを浴びてお尻をよく洗って,着替えてスッキリ。

            09:55

酸素飽和度94

(^妻^)
10:30

産みの苦しみ😰

(^妻^)
10:30

取り敢えず良かったね!

            10:39

ありがとう!

            11:40

リハビリ担当の27歳の女子がわしらと同じ結婚式場で2月に式を挙げたとのこと。
途中でカーテンを開け放つ演出も同じで,38年間変わらずかいと笑ってしまった。

            11:41

お通じは出ましたか?って,みんな知ってる。

            12:04

[写真]

            12:05

ついにお粥から御飯へ。

(^妻^)
12:26

まあ! 何れにしてもヘルシー。
貿易センタービルは、近々建て直される筈よね。

(^妻^)
12:28

今日は2時半目指しで行きます。
オキシメーター箱ごと、バーコード読むヤツ、靴下、パンツ、タオル、新聞。
飲み物は?

            12:36

パジャマの替えがない。運動をするのでジャージでも。上は電極つけるので前が全面的に開くやつ。

(^妻^)
12:37

了解しました。

            12:39

お茶、水、炭酸2本の計4本おねがい。

(^妻^)
12:51

[スタンプ]

            13:20

パジャマのズボンが1本ある。

            13:45

新たに5個産卵。

(^妻^)
14:33

[スタンプ]

            14:44

いろいろありがとう。
酸素飽和度は,1ぐらい低く出る感じだが,高くなる時もあるので,誤差の範囲かな。
まあ,無問題。

            16:38

と思ったら意外とずれる。
傾向はわかったのでまあいいかという感じ

(^妻^)
16:39

メーカーによって誤差があるのかも!

            16:39

ですね。

            17:21

5個産卵! まだ在庫がありそう。

            17:40

今日の歩数1396歩。

            20:20

16日ぶりの湯船。

(^妻^)
20:38

まあ、お風呂まで!
床屋はないの?

            20:48

床屋は君。

(^妻^)
20:53

えーっ!
たまにはプロにやってもらえばいいのに…。
はい、100万円!

            20:53

快気祝い。

            20:59

下剤を飲むかどうか思案中。

(^妻^)
21:04

出すぎるとねえ…。
明日の朝お目もじがなかったら、飲んでみたら?

            21:04

いま看護師と話してそう決めたところ。

            21:58

https://twitter.com/mph_for_doctors/status/1265503255964135429

---------------------------------------

 5時45分 看護師が来て血糖値測定 79

 今日は早いな。

 まあ,4時ぐらいから起きているからかまわないんだが。


 結構な時間寝たなあと時計を見たら,午前1時半だった。

 そういう事が多い毎日である。


 ベッドに横になった状態で酸素飽和度は92,脈拍70。


 便意催してこないんですけど。


 血圧,体温を測りに来た看護師に相談。

 すぐに,ピコスルファートナトリウムという水薬を持ってきてくれた。


 今度は効くだろうか。


 ネットで,薬について調べる。

 効き目が出るのは8時間後。

 いやあ,これは無理そう。


 水分の抜けたコンクリートのイメージがあるから,そんな長時間耐えられそうもない。


 朝食後,薬を持ってきたさっきの看護師に相談。

 浣腸は恐ろしそうなので,座薬を頼む。

 わかりましたといって,すぐに座薬を持ってきた。


 結構でかいな。


 我が子が赤ん坊のときの座薬のイメージしかなかった。


 ありがとうと受け取ろうとしたら,私が入れますと。


 いや,これはまったく考えていなかった。

 自分でやるものだと思いこんでいた。

 ということは,浣腸もそうなのだろうな。


 ひと悶着したが,結局お願いする。

 というかそうするしかない。


 「病院で自給自足」とか偉そうにいっているが,ここでは従うしかないわけだ。


 横になってお尻を出してください,ちょっと痛いかもですよ。


 う,う,ぐぐぐ,あ,あ,ありがとうございます。


 座薬初体験である。


 息子が赤ん坊のとき,座薬を入れたことを思い出した。

 ニュルッと飛び出してきたので,慌てて拾って舐めて戻した。

 滑りを良くしようとしたのだが,妻と大笑いになった。


 30分ぐらいたったらとのことなので,じっと我慢。


 座ってられずベッドに寝る。


 薬が行き渡るよう,うつ伏せになって尻を上げてみたり,ガスが左から出る感じだったから右で固まっているかもしれないと右を下にして寝てみたり。

 肛門をきつく閉めていないとどうかなりそうなので,なかなかに辛い。


 いや,まいったなたまらんなこれはもたんかなどとひとりごちながらひたすら耐える。


 25分後にトイレへ。


 座ったところで不快感はあるものの出る雰囲気はない。

 踏ん張れば出るかと思ったが出ない。


 残された手段は浣腸か。


 諦めるか。


 いやもうひと踏ん張り。


 渾身の力を尻に込める。


 脂汗が出てくる。


 酸素飽和度84!


 脈拍が100を超える。


 そして,そして,ついに!

 2個連続で!!


 やったぜ,えらいぜ,看護師さんありがとうという感じ。


 まだ出きらない。


 息を整えて再度挑戦。


 また2個。

 1本,2本ではなくて,個がふさわしい硬さ。


 続いて,今度は1個。


 この辺が限界か。


 見れば(見るなよ!)ゴルフボールぐらいの直径でそれをわずかに俵型にした感じのものが積み上がっている。

 表面が苔むしたようにモヤッとしている。

 緑色だったら風流だったろう。


 丸ければマリモだな。


 マリモ売りのお爺さん。


 まだ3分の1くらい残っている感じだが,なんとかなりそう。


 これ以上踏ん張ると腸が反転して飛び出してきそうである。


 シャワーを浴びる。


 そこで気がついたのだが,座薬の主成分はきっと油なのだな。

 ペーパーに残滓はなかったが,石鹸を塗りたくった手でも付近がヌルヌルしているのがわかる。

 尻を上げて薬をまんべんなく回そうとしたのは正解だったかもしれない。


 着替えて,一件落着。


 ああ,しんど。


 重度の肺炎で入院したわけだが,思わぬ伏兵が潜んでいた。


 11時。リハビリ。

 担当は27歳の女性。

 浜松町に住んでいるというので,わたし〇〇で結婚式を上挙げたんだよと言ったら,なんと同じ式場だった。

 2月のことらしい。

 こういう演出があってねえ,と言ったらおんなじですって。

 38年違っても変わらないわけね。

 コロナ騒ぎで,式をやるかどうかとても悩んだとのことだ。

 全員出席してくれてよかったとのこと。


 しかしいつもそうだが,午前中は数字が上がらないな。

 安静時の酸素飽和度は92%で,ちょっと動くと87とかなったりする。

 不思議なのは,ペダル漕ぎ15分やって一汗かいても91までしか下がらないこと。


 40m歩いただけで87に下がるというのに。


 12時 昼食

 ご飯頼んでるんだけどと言ったら,ひょいと蓋を開けて見せてくれた。

 普通に炊いた白米だった。


 しっかり伝わっていた。


 13時過ぎ。

 便意を催して,トイレへ。

 5個。

 16食分?だから,まだ溜まってそう。

 手元にある下剤を今夜飲もうかな。


 14時 リハビリ。やはり1周回ると88ぐらいになるな。


 14時半 妻が荷物を届けに来る。

 洗濯物を渡したいので持っていってはダメかと看護師に聞いたらダメですって。

 2m先から投げるけどといったけどダメだった。

 ガラス2枚を隔てた7mぐらいの向こうに手をふる。


 妻がパルスオキシメーターを持ってきてくれた。

 私がアマゾンでここから注文したもの。

 さっそく,手元のそれと比べてみる。


 1とか2とか低く出るようだ。

 しばらく歩いたりして比べてみたが,時々3から4の誤差が出る。

 うーむ,自己判断のほうが正確かもしれない。

 しかしまあ,しばらくすると安定してくるのでまあいいかなあ。

 中国製で5,000円しないやつ。

 ここで使っている日本光電製を買おうと思ったが2万を超えるからなあ。

 と,我が健康にもケチる私なのであった。


 17時,便意を催してトイレへ。

 5個プラスアルファ。

 まだ少し残っているイメージがある。


 18時食事

 薬3種。

 便秘の薬をどうしようか。


 19時 外の風呂に入る。

 16日ぶりの湯船だな。

 極楽,極楽。


 看護師とまたコロナの話をしたが,最盛期はこの病院でも防護関係の在庫が逼迫して大変だったそうだ。今は患者が減って落ち着いているとのこと。

 緊急事態解除になったから,2週間後にはまた増えるのだろうか。

 案外増えないのかもしれないなあ。


 ご飯は食べられてますかと聞かれた。

 入院以来米粒1粒も残していないと言ったら笑いながら出ていった。


 LINE中の,「苦しい(苦しい)」の括弧内は絵文字である。

 独自コードなのか,絵が出ない。


朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/05/28(木) 
(*妹*)
07:44

緊急事態宣言が解除され、町中は人がいっぱいです。
このままおさまればいいですね。
体調はいかがですか?
【M】市のお母様には会いに行かれてますか?
私も2週間くらい前から咳が続いているのですが、1度病院に行こうかなと決心し😆昨日行って来ました。
でも、一昨日からほとんど咳が出なくなったので行っても無駄になるかなと思っていたら「間違いなく咳喘息ですね」と言われました。中年女性は喘息になりやすいとか…
原因はまだわかりませんが、しばらく吸入と薬で様子を見ます。肺炎になると大変だし…😁
日曜日、【子1】一家と【子2】と子供達が来ました。濃厚な「密」でした💦
暇つぶしに写真と動画を見てください☺️
国旗は今はこの倍以上は言えるようです。聞いたことも見たこともないような国のカードが【子1】の家にはたくさんありました。
【孫1】もこのカードを読むのが大好きなので、しょっちゅう「国旗、国旗!」と言っています。
場所も覚えられればいいけどそれはまだ興味はなさそうです。
「九九を覚えさせたら?」とも話してますが本人が興味を持たないと難しいですが…😆

(*妹*)
07:45

[写真]

(*妹*)
07:45

[写真]

(*妹*)
07:45

[写真]

(*妹*)
07:45

[写真]

(*妹*)
07:45

[写真]

(*妹*)
07:45

[動画]

(*妹*)
07:45

[動画]

(*妹*)
07:47

[動画]

            08:33

[写真]

            08:34

看板に偽りあり。

(^妻^)
08:39

国旗の天才! 凄いねえ😃 大人だってわからない国がたくさんありますよね。似ている国旗もあるし!
みんなお孫ちゃん達が大きくなって、びっくりした!😰
それにいろんなアプリがあるのね!これまた、びっくり!😰

            08:44

孫が4人並ぶとちょっと壮観ですな。
みんなかわいい。

            08:45

通じたかい?

(^妻^)
08:46

[スタンプ]

            08:47

メニューを拡大。

(^妻^)
09:34

たいみそ?

            09:34

メニューの字が読めないの?

(^妻^)
09:38

パンじゃなくご飯ってことね。
うにちゃんが一晩中吐いてた…😢

            09:39

そういうこと。

(^妻^)
09:40

他の人のメニューじゃない?

            09:40

名前はわし。

(^妻^)
09:41

[スタンプ]

            09:41

またふん詰まり? わしもふん詰まり。

            09:45

食事を下げにきた看護師に言ったらアラッと言いながら持っていった。

(^妻^)
09:51

[写真]

(^妻^)
09:51

この姿勢でもう二時間😓

            10:15

わしが戻るまで生き抜いておくれ‼️

(^妻^)
10:35

がんばる!

            11:52

[写真]

            11:52

[写真]

            11:53

歴戦の痕跡。

(^妻^)
11:54

痛々しい!😰

            11:54

退院は長袖で

            12:07

[写真]

(^妻^)
13:51

あら、美味しそう!

            13:51

病人食から抜け出しつつある。

(^妻^)
16:44

明後日、土曜日に病院に行きますね。
来週の退院はいつになるんでしょうね?
コロコロバッグ持って行った方がいいわよね?😃

            17:00

数値がなかなか上がらないからなあ。
いつになることやら。

            17:07

自主トレ中に予備室というところで看護師同士が採血していたので,見ていい?ときいたらどうぞって。

(^妻^)
17:08

まあ、スプラッター!

            17:28

コーチと看護師1年生が二人。
新人同士が相手の腕を使って実際に採血をしている。
患者で練習して腕を上げていくんじゃないの?と言ったら,いきなり患者さんは無理ですよって。
まあ,そりゃそうだろう。
院内でテストがあるので,合格しないとまずいのだそうだ。

            17:29

見よ,これが患者の腕だ!
と両腕見せたら,わあすごい!って。
点滴5回めに成功したのはこの部分と自慢した。

            17:29

点滴の針刺し2回失敗で選手交代は,マニュアル化されているとのこと。

            17:58

今日の自主トレ:3115歩。
酸素飽和度88まで下がるが…。

            17:59

自主トレ中に主治医と鉢合わせ。
しばらく話す。

            18:00

数値はそれなりに上がっているので,在宅酸素療法は微妙なところらしい。
やりたくないと言ったら,そうですよねって。

            18:02

次にこんな感じになると本当に危ないからとのこと。
はい,私も死ぬと思っています。
いつも人工呼吸器1歩手前だったからと言われる。

            18:03

コロナだったらもっとひどくなったはずだから。

            18:06

70人ぐらいのコロナ患者を診たらしい。
うち,一人に今回承認されたレムデシビルを使ったが副作用がひどくて中止。
アビガンは40人くらいに使ったが,まあちょっとは効くのかな。

            18:08

ちなみに,アビガンは富山化学+富士フィルムの抗インフルエンザ薬。
安倍首相やマスコミが大のお気に入り。
治験の結果も出ていないのに,アビガンアビガンと喧しい。
出てから騒げよって感じ。

            18:10

私の印象では,劇的に効くとは思ってなさそう。
治療期間をちょっと縮めるくらいかもね。
致死率下げないとねえと私が言ったら,おおって感じだった。

(*妹*)
19:11

本当にいろんなアプリがあってびっくりです。
口を開けてると勝手に口を狙っておにぎりが飛んでるし、目を検知して涙を流すし、ちゃんとした位置に目や鼻や耳が付くし、すごいですよね。
朝送った4人の写真はお風呂あがりなので皆パジャマです。
お爺さんは4人お風呂に入れるとぐったりです😆

(*妹*)
19:11

[動画]

(*妹*)
19:11

[写真]

(*妹*)
19:11

[写真]

(*妹*)
19:11

[写真]

(^妻^)
19:15

根性で酸素飽和度を上げてくださいね!
うにちゃんは、自力で復活しました😃

            19:22

わしは,今度は酸化マグネシウム。
肺炎で死なずに大便で死ぬ。
韻を踏んでみた。

            19:50

まあ,我が家では決して見られそうもない光景。

(^妻^)
19:55

うーむ!
便秘症になってしまうのか…。女子高生か!

(^妻^)
19:56

おじいちゃん、おばあちゃんは、大変ですね!

(*妹*)
20:06

うちの孫に色々残してください😁

            20:07

遺言書かなくちゃ。

(*妹*)
20:09

(よ)(ろ)(し)(く)(!)
【子3】が「私もよろしく!😊」と言ってます🎵

            20:45

「肺炎で死なずに排便で死ぬ。」
こちらのほうがよりよかったな。

            20:46

少しずつ進歩する。

            21:50

私に投資すれば,倍にして戻してあげるよ。

(*妹*)
22:09

考えておきます…と【子3】が言ってます(笑う)

            22:10

早いほうがいい。

(^妻^)
22:58

明日、医療従事者に感謝を伝えるために、ブルーインパルスが東京上空を飛ぶらしい…。

(^妻^)
22:59

https://www.asahi.com/articles/ASN5X6S08N5XUTIL03F.html

            23:00

もっとお金をあげるべき。

            23:00

カメラが…。

(^妻^)
23:00

病院から見えるかしら?

            23:02

航空ファンとかわしとかが喜ぶだけ。
医療従事者は空を見上げる暇なんかないだろう。

(^妻^)
23:02

ホントよねえ!

            23:05

国としては
「気持ちはお金に込める」
が正解。

            23:10

20万とか言っているわけだが,いやそれじゃ少なすぎだろうという話。

            23:11

色々頓珍漢

            00:02

いま日記を発症日まで逆上ってみたが,4月30日の時点で
「肺炎か!?」って書いていたぞ。
医者になれそう。

---------------------------------------

 眠気を感じなかったが,0時過ぎに寝た。


 4時過ぎにトイレ。

 口がカラカラだったので,うがい。


 酸素飽和度94,脈拍69

 まあこんなものだろうな。


 うつらうつらしながらいろいろ考える。

 考えるといっても,「下手の考え休むに似たり」でたいしたことは考えていない。

 ほとんど妄想状態である。

 内容はバカバカしいので書けない。

 67歳のジジイにしては情けない内容である。

 ちなみにエロ系ではない。

 そのへんとは最近は無縁である。


 6時7分 血圧と体温

 酸素飽和度94。

 横になったまま孫のような看護師と話す。


 飽和度が84に落ちても,ハアハアしたりしないんだよね。

 たぶん昔からこの状態で,低酸素に慣れきったカラダなのかもしれない。

 高地人みたいなものだ。

 「コーチジン?」

 ヒマラヤ山脈とか高いところに住む人。

 10年くらい前までは,寝ると疲れるってよく言っていたんだけれど,睡眠時無呼吸症なのかも。


 「数字モニターしていましたが,それほど下がっていませんでした。」


 そう,この機械身につけていてわかったのだけれど飽和度が下がるとちゃんと心拍数が上がる。

 140mくらいでも歩いたあとに見ると,飽和度88で心拍数が100とかつじつまを合わせている感じ。


 よくできているねえ,ニンゲンのカラダって。


 下剤のことも聞かれた。

 いまは快適すぎて,ずうっとここにいてもいいくらいだ。


 「退屈しないんですか?」


 会社をやめて12年,ほとんど引きこもりみたいな生活に慣れているから。

 ここでも,スマホとパソコンと新聞と本があれば大丈夫。


 そういえば,奥田英朗の「罪の轍」,ブレイディ みかこの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 」は読み終えた。

 今はトマス・ハリスの「カリ・モーラ」に挑戦中である。

 脈絡なさそうなのは,妻のお下がりだから。


 7時40分 朝食

 寝ていたときの酸素飽和度は92だったが,食事中は88とかに下がる。

 なかなか数値が上がらない。


 何年か前から午前中は体調が悪い,午後は元気が出ると言っていたのだがそんな感じだ。


 途中で気がついたが,食べているのはご飯,メニューはパンになっていた。

 薬を持ってきた看護師に言ったらアラって言いながら出ていった。


 薬たくさん。


 8時15分 便意を催してきた。

 しめしめ。

 だが,ガス大爆発であとは音沙汰なし。

 しかし,小腸大腸が仕事をしている気配は感じる。

 気のせいかもしれないが。


 9時 リハビリ。

 いつもより1時間早い。

 ペダルこぎを15分。

 少し息が切れる感じ。

 きのう午後は92を切る感じはなかったが,今日はちょっと下る。


 部屋に戻って88。

 92に戻るまで2分もかかった。


 15分たった今の状態で95。

 なんだかなあ。


 神の手と尊敬する主任登場。

 いろいろ話す。


 便秘についても。

 今日は様子見で薬は使っていないというと,そんなに硬かったのなら酸化マグネシウムを使ってみましょうと。


 酸素の長いケーブルがそのままぶら下がっているのに気づいて,ちょっと待ってくださいと言ってビニール袋を持ってきてまとめていた。

 点滴のスタンドも片付けてくれた。


 主任はやはり違うね。


 9時55分。テレビ体操。

 家ではやっていたがここでは初めて。


 いやいや,体力ガタ落ちである。

 最後から3番め,足腰の運動はよれよれである。

 息が切れる。

 情けない。

 終わったところで酸素飽和度は84。

 およそ2分で92に戻った。


 なんだかなあ。


 10時8分 96。


 便秘に気を取られて書いていなかったかもしれないが,現状点滴はもちろん,酸素チューブも外された状態で,心電図と酸素飽和度の端末を24時間身に着けてマスクをしているだけなので行動範囲は広がった。

 気分的にはえらく楽である。


 しかし,人間贅沢なもので,今度は飽和度計のケーブルが鬱陶しくて仕方がない。

 LANケーブルくらいの太さでもう少しフレキシブルだが,足指でも測ることを考慮しているのか180cmぐらいの長さがある。

 たいていは左手の小指にはめているが,パソコンは打ちづらいし,何かと邪魔である。

 ベッドでパソコンを使うときは足の薬指にはめていたが,今はサンダル履きでそれも鬱陶しい。

 垂れ下がらないよう首を1周させてなんとかしのいでいる。


 11時30分

 自主トレと言ってもほとんど歩くだけだが。

 横目で病室を見ると,空きが目立ってきた感じ。

 名札を数えたら22名だった。

 ちなみに3日前は25名だった。

 入れ替わりもあるかもしれない。


 手に大きなボクシングのグローブを巻いたようなおじいさんがいなくなっていた。

 この部屋に入って以来,毎晩夜中にドンドンと何かを叩く音がするのだが,ひょっとして関係ある?


 リハビリや自主トレ後は,手をしっかりと洗う。

 デイルームの窓枠に手を置いて筋トレとかするから。

 部屋にはプッシュ式の石鹸とペーパータオルがあるのでそれを使う。


 12時昼食 ハヤシライス。
 病人食から抜け出しつつあるようだ。


 いつもの薬と酸化マグネシウム。


 朝ドラ再放送を見て,BS3の映画を横目で見つつ,女房が差し入れてくれた新聞を読む。

 「一律給付する余裕などない」とか「EU並に税率を引き上げろ」とか,日経の片隅のコラムは時代遅れの年寄りが好き勝手に書いている感じ。

 どうせ同じ年寄しか読まないと思っているのだろう。

 この前は,デフレ礼賛みたいなトンデモコラムもあって驚いたが,とにかく弱者に冷たい新聞である。


 マスコミはまあ大体こんな感じだが。


 まあ,経済には疎い方。門前の小僧である。


 14時過ぎ リハビリ。

 自転車漕ぎ15分。午前より回転を早めてみた。

 ゴムバンドを使ったストレッチなどいろいろ。

 自転車は酸素飽和度92以下にはならないが,腕を使ったストレッチは90を切った。

 すぐに回復したけれど。


 現在の飽和度は95。脈拍81。


 若い人と話すのは楽しい。

 看護師にしても理学療法士にしても,ほとんどが20代という感じだ。

 看護師と長時間雑談することはないが,リハビリの最中はほとんど雑談をしている。

 どこ出身かとかどこ住んでいるんだとか,いわゆる世間話だな。


 午前の女子は,いわき出身だったので,私の数年前小名浜からいわきまで一人で旅したよという話から彼女の東日本大震災の経験談をいろいろ聞いた。
 私が訪ねた竜田駅は知っていたが,末続は知らなかったな。いや,まちがって「すえつぐ」と言ってしまったかもしれない。監督か!


 午後の男子は福岡出身だった。

 50年前,下関に住んでいて博多どんたくを見に行った話などをした。

 古すぎだろう。


 だから年寄りはなんて言われてしまうのだろうが,半世紀以上前の話となると,そもそも彼らは卵子でも精子でもない時代だろうからな。

 いや,卵子であった可能性はあるかもしれないが…。

 まあ,そのへんはどうでもよい。


 リハビリ中は,当然のことながら,パルスオキシメータで酸素飽和度をチェックして下がりすぎると休憩にして回復を待つ。

 この機械,日本人の発明だからねえと言ったら,初めて聞きましたって。

 知らないのは僕だけかなあと心配していたが,意外と知られていないことかもしれない。

 ノーベル賞級の偉大な発明だと思うけどな。

 採血して装置にかけて分析して,なんてやってたら今頃私はどうなっていただろうね。


 17時 自主トレ。

 と言っても,とにかく廊下と自販機のコーナー付近を歩くだけ。

 予備室で,看護師1年生が二人,互いに採血の練習をしていたのでしばし見学させてもらう。

 コーチの指導の元,実際に血を採っている。

 私はこんな状態って,紫のアザだらけの両腕を見せたら結構受けた。


 飽和度が90を切ったので,自販機コーナーでしばし休憩。


 雨が今にも降り出しそうな空である。

 寝具などを交換してくれる女性が外を見ていた。

 雨ですかね,と話しかけてみた。

 しばし雑談。

 私のコロナ病棟体験記も聞いてくれた。


 今日は自慢ばかりだな。


 グルっと回って戻ってきた自販機の前で,主治医と遭遇。

 これは,LINEに書いた。


 行動の範囲が広がるといろいろな人や場面に出会う。


 18時夕食。


 薬:胃薬,リクシアナ,クラリスロマイシン,酸化マグネシウム

点滴の針の痕…

 担当の看護師は男子で2度め。

 こんなアザだらけの手だけど,君の入れてくれた手首の針の跡はきれいに消えているよとお礼を言った。

 前の晩から,腕を見て,どこにしようかと悩んでくれていたからな。


 消灯時間前に,血圧などを測りに来たときに,5分ほど話す。


 明日,ブルーインパルスが都心上空を飛ぶらしい。

 医療従事者への感謝を込めてということだが,私自身はお祭り騒ぎは嫌いではない。

 人々の気分が高揚するのも悪くはない。


 でも,たぶん,医療従事者は見ている暇はないだろう。


朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/05/29(金) 
            07:19

おはよう。

            07:20

看護師二人(女子,男子)に聞いたが,ふたりともブルーインパルスを知らない。
なんですかそれって。

(^妻^)
07:21

おはようございます。
若い人は知らないんだね…😢

            07:55

[写真]

(^妻^)
09:27

朝からゴージャス!😃

            09:28

モクのパンが食べたいね。

(^妻^)
09:31

トーストしたいわね~!
これからうにちゃんを病院に連れて行ってきます。
復調したのですが、薬がもう終わりそうなので…。

            09:32

パンツの替えがない。
フェイスタオルが7枚もある。これはここでタダで借りられる。
明日よろしく。

            09:33

理学療法士も知らず。

(^妻^)
09:34

そうなんだ…😢

(^妻^)
09:35

パンツか…。
持って行こうか!

            09:41

あと,パジャマというかジャージというか,上下を2着ずつ。
いま,最後のを来ている。

            09:41

明日でいいよ。

            09:43

血液検査,レントゲン,午後は肺の機能検査の予定。
深呼吸するとむせる。

(^妻^)
09:45

了解しました!
では、明日お持ちします。

(^妻^)
09:46

午前中に行くようにします。😃

            09:46

了解です。よろしく。

            10:00

テレビ体操でハーハー。
酸素飽和度は83!

(^妻^)
10:01

ひえー!

            10:02

採血。
昨日の1年生! コーチ付き。

            10:03

一発で成功。3本。
私でOKなら,誰でも大丈夫とエール。

            10:04

コーチは,ブルーインパルス知っていた。
でも見る暇ありませんて。
だよねえ。

            10:19

看護師一人,知ってたが関心なさそう。

            10:20

関心あるのはわしだけか。

            10:20

一人で騒いでる。

(^妻^)
10:33

https://news.yahoo.co.jp/articles/cedd7fd5a2a6374ec11f7a14339e3f052f12b335
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200529-00000049-impress-life

(^妻^)
10:35

病院から電話。
入院費が30万円近くになっているので、区役所に電話して限度額認定書を発行してもらってくださいとのこと。五万六千円位出るとのこと。
私が電話しますが、保険証って、病院預かりだっけ?

            10:36

わからん。

            10:36

財布に入っていないかな。

(^妻^)
10:37

見てみるね。
今動物病院だから!

            10:37

よろしく。

(^妻^)
10:47

で、限度額認定書が届いたら、病院の会計窓口に出してくださいって!
5月分精算するのかも。
立て替えておきます。十一です!

            10:56

意味がわからん。
わしに書類が届くのか。
月ごとに精算というのは知っている。
年金生活だから,自己負担は57,600円になりますということではないかな。

            10:58

面倒そうだから手続きしないつもりだったが,病院が気を利かせてくれたわけね。

(^妻^)
10:58

あっ、そうなのね。
とにかく申請しなければ!

            11:00

月が変わってからの提示はダメとあるので,なんと今日中にってことか。

            11:02

クレジットカードで払えるから,わしのを使って。

            11:05

うーむ,月をまたがった継続入院は,月末締めで10日に請求書を発行とある。
つまり今月分の支払いは10日以降ってことか。
退院時の請求は退院時に払えともある。
順序が逆になるのか。

            11:09

お支払いは,1階の自動精算機または会計窓口とある。
振り込みはダメなのか。
来ないといかんのか?
聞いてみないとわからんな。

(^妻^)
11:10

会計窓口の【t】さんは結構焦っていて、今日中に区役所に電話してくださいと言っていました。5月中に方を片をつけたいのでしょう。明日届くかしら?

            11:10

今日月末ということは,君はここに来なくちゃいけないってこと?

            11:10

土日は,月末の処理に入るの?

(^妻^)
11:10

いやいや、認定書が届いてから、ということ。

            11:11

もっと早く連絡してほしいものだよねえ。

            11:11

認定書は郵送で来るってこと?

(^妻^)
11:11

そうよね! 多分ミスったんだと思う…。

            11:15

なんだかなあ。
書類出さないで全額払っても,3ヶ月後ぐらいには戻ってくるのですよねとその【t】さんに確認してみてくれない。
うちはビル・ゲイツ並に金があるから大丈夫ですって言ってよ。

            11:16

だったら,今日は何もしないでいいはず。

            11:16

リハビリに入ります。

(^妻^)
11:53

健康保険証は、家にありました。
国民健康保険課に電話して早速認定書を送ってもらうことになりましたが、届くのは月曜日ですって。
てすので、病院の会計、【t】さんにカルロスゴーン並の金持ちだから、支払えると言ってやりますよ。
でも、向こうのミスだから、月曜日まで待つような気がします。
もしも支払う場合、カードは、セゾンでいいの?
暗証番号知らないんですけど…。

            11:57

セゾンの方で。
暗証番号が必要ならば,その時教えますが,支払いにもいるんだっけ。

(^妻^)
12:00

いる筈! カードリーダーに差し込んで、四桁いれるもの。
それとも、キャッシュで払おうか?

            12:00

なんか混乱している。

            12:02

そちらに電話します。

            12:05

通話をキャンセルしました。

            12:06

通話に応答がありませんでした。

            12:08

通話に応答がありませんでした。

            12:10

通話に応答がありませんでした。

(^妻^)
12:30

通話時間 3:28

            12:41

【t】さんに確認してくだい。
1.今日が月末でバタバタ動き回りたくないので,全額払うことで済ませたい。
2.この場合,6月10日の支払いということになりますね。
3.自己負担限度額を超えた金額は,数カ月後に区から払い戻されると理解していますが,それで正しいですね。(念のための確認)
4.10日の支払いは,振り込みではダメなのですか? そちらに行くしかないのですか。
以上4点です。

            12:42

何かあれば,検査終了後私が直接話します。

(^妻^)
12:43

はいはい!

            12:54

ハイは一回!

(^妻^)
13:06

[写真]

(^妻^)
13:07

[写真]

(^妻^)
13:26

【t】さんに連絡しました。
事務作業の手続き上、請求書を出すのは6月10日前後になってしまうので、限度額認定証の発行手続きが済んでいることがわかれば、こちらでそれに勘案した請求書をお作りします、とのこと。
全額支払ってくださるのは、もちろん問題ないですが、区から戻ってくるまで、何ヵ月か要します。
振り込みも受付ていますが、振り込み手数料が掛かりますとのこと。

            13:33

みずほから振り込めばタダ。

(^妻^)
13:34

ですね!

            13:35

現状,限度額適用認定証の発行手続きはすんだ。
という理解でいいの。

            13:36

済んでいることを,どう証明するの?

(^妻^)
13:36

そうです。
5月の支払いをすぐにせよということではない。

(^妻^)
13:38

しましたと言ったら、わかりました、送られてきたら窓口に持ってきてください、とのこと。

            13:40

あ,では支払いは安くなりますということね。
理解しました。
来週来るときによろしくですね。

            13:41

呼吸機能検査中に飛んだのか!

(^妻^)
13:41

はい! そういうこと😃

(^妻^)
13:42

凄かった😃 感激した!

            13:45

何というタイミングの悪さ!

            13:45

検査は全然ダメ。
大きく吸い込んだ途端に咳が出て,データが取れない。
3種類の検査をするのだが,トータル20回ぐらいやって,1回だけまあまあの出来。
ほかのデータは取れず。
(frown with tear)

(^妻^)
13:46

[スタンプ]

            13:48

そもそも,喘息の吸入も吸い込んだ途端にむせるから話にならない。

(^妻^)
14:12

[写真]

(^妻^)
14:12

本日東京上空を飛んだブルーインパルスです😃

            15:30

肺機能検査中で見られなかった。(crying)

            16:19

要するに,認定証の日付が今日であればよいということね。

            16:26

上着は前開きね。電極つけるので。
靴下を3足追加でお願い。リハビリに必要。
あと,私の財布にテレホンカードが入ってなかったっけ。
今日みたいに電話をするかもしれないのであったら,みんな持ってきてください。

            16:27

わしのスマホは従量制。
テザリングでパソコンを使っているので,いったいいくらかかるかや…。

(^妻^)
17:20

もろもろ了解しました😃

            17:56

よろしく。

(^妻^)
17:56

[スタンプ]

            17:59

今日の自主トレ:4,221歩。

            18:00

ナースステーションに近づくと,腕を振り回したりしてアピールする。

            18:01

主治医もたいていそこにいる。

(^妻^)
18:11

[写真]

(^妻^)
18:12

【TH】さんから!
伴走する7機目が写っている!😃

(*妹*)
18:15

すごーい👏
真っ青な空で凄いですね。音は聞こえるの?

            18:41

[写真]

            18:42

これはあかんかなあ😅

(^妻^)
19:16

あれ?

(^妻^)
19:23

遠くで、コーッという感じ。(ゴーッではない)
アベノマスクは、いいから、日本全国隔月でブルーインパルスを飛ばしてくれれば、国民の気分も高揚するのにな!と思いました😃

            20:33

あと,体を洗う石鹸。
炭酸3本。
すまん。

(^妻^)
20:59

この間の丸い石鹸は使い終わっちゃったの?

            21:17

かなり小さい。

(*妹*)
23:04

すごいんでしょうねぇ✨
実際に見てみたいです(!)
アベノマスクはまだ届きません。
でも、1ヶ月以上前に【Y】市から事業所にガーゼマスクが届きました。
利用者と職員2枚ずつもらいましたが使っていません。
利用者さんも、嫌がらずにつけることができたとしても、職員が洗うのが面倒なので、いただけるなら使い捨てのものがいいです😁
夜分すみません。おやすみなさい。

(^妻^)
23:09

我が家は、マスクも給付金の申請書も今週届きました。
マスクは、厚手のガーゼで、この暑さにとてもできないなと、仕舞いました。
こんなマスクくれるのだったら、医療従事者に特別給付金でも支給してあげればいいのにね。
おやすみなさい😴

---------------------------------------

 4時過ぎ目が覚める。  トイレへ。  あとはうつらうつら。  横になっているときの酸素飽和度は95,脈拍67。  トイレから戻ったら84だった。  6時50分,血糖値87.  最近はずっとこんな値。  入院翌朝が178で,4日目以降は100を下回っている。
 肺以外のカラダは健康になりつつあるようだ…。


 「きょうブルーインパルスが飛ぶそうですよ」と言ったらそれはなんですかって聞かれたので説明した。  見てる暇ないよねと言ったら本当ですねって笑ってた。  感謝よりお金でしょと誘導尋問したら,そのとおりですって。  素直な女子である。  7時,昨晩の男子看護師。  血圧と体温。128ー70で36.6℃。  同じ話をしたらその名前は聞いていますが,なんのことかわかりませんでしたって。
 ブルーインパルスも今や遠い昔なのか。  大学時代に入間基地で見たアクロバット飛行は迫力があったなあ。  で,勤務中だったら無理ですねが答え。  自分は夜勤明けになるので,見られるかなと。  このあと,何人かに聞いてみたが,なんとなくレベルで知っていたのは一人だった。  「勤務中ですから」が皆さんの答え。  まあ,現実はそんなもの。  7時45分朝食。  パン食になった。  8時半。リハビリ。  同じようなことをやっているが,かなりきつい。  飽和度が下がる。  午前中は調子が出ないのはいつものことだが,今日はひどい。  こういうカラダだと思うしかないな。  主治医が来る。  採血,レントゲン,肺機能検査とあるらしい。  9時過ぎ,採血。  担当は,きのう練習現場を見学させてもらった1年生の一人だった。  スムーズに終了。  コーチも同行していたので,点滴の針についてしばらく話す。  前回入院していたときに,私はずうっと金属製の針がそのまま腕に入っているものばかりと思いこんでいた。  だから,そこに変な力が加わると,血管が破れたりして大変なことになるのではないかとビクビクしながら過ごしていたわけである。  しかし,いざ針を抜くというところでピンクのフニャフニャしたものがするりとできてえらく驚き,真相を知ったのだった。
 私みたいな患者も結構いるのではないか。  初めて点滴する患者さんにはぜひそのへんのことを伝えてあげてということである。    10時過ぎ。   またリハビリ。  ペダル15分など。  少し元気が出てきたな。  今日飛ぶ予定のブルーインパルスのことは,ここでは殆ど知られていないというか関心を持たれていない感じである。  国が感謝するならお金でしょ,というとたいていそうだそうだと乗ってくる。  妻と支払いについてやり取り。  高額医療費の限度額適用認定証についてどちらもきちんと理解していないので,話が頓珍漢になる。  よくわかっていないので言葉尻に反応してしまう。  結局最後は電話で。  私自身は,なんとなくは知っていたが,申請をしなくても損するわけではなさそうなので,手続きの手間だけで面倒,クレジットカードで全額支払うほうがポイントが増えてよりお得という認識だった。  しかし,どうも話が進んでいる上に今日はまさに月末ではないかということで話がややこしくなった。  LINEのドタバタはお恥ずかしい限りだが,まあこんな感じ。  この病院はWifiサービスはないので,スマホのテザリングでパソコンを使っている。  スマホはSIMフリーの格安である。  支払いは従量制で,音声通話もつけていない。LINEの電話機能かIP電話を使う。  外ではもっぱらポケモンGOぐらいにしか使わないので,月々の経費は多いときでも700円台である。
 しかし,今見たら,入院以来の使用量が6.88GBになっていた…。  総額いくらになるのか,お楽しみである…。  12時昼食。  12時半,くつろいでいるところへ呼び出し。  呼吸器機能の検査だった。  しかしまあ,これが悲惨。  そもそも有効なデータが取れなかったのだ。  クリップで鼻をつままれて,パイプを咥えて息を吸ったり吐いたりする。  合図とともに,目一杯空気を吐き出し,思い切り吸う。  その瞬間に必ず咳が出る。  ゲホゲホっとなるので,次に思い切り吐くという動作ができないのである。
 もともとそういう傾向があったが,入院してからさらに増加した印象である。  朝晩きちんとやっているつもりの喘息の吸入も,実は毎回ゲホっとなっているわけで,薬はほとんど肺に到達していないのではと思っている。  担当の女性が困ったらしくもうひとり呼んできたのだが,人が増えても咳がおさまるわけではない。  結局,3番めのガスを吸い込む検査の1回目だけはかろうじて咳が出なかった。  2回目はダメだったので,まあ1回めが使えるかどうかという感じのようだ。  なんだかんだで,20回以上はパイプを咥えただろうか。  おふたりともほとんど諦め顔で,このまま先生に報告しますって。  意気消沈して戻ったところで,またリハビリ。  レントゲン撮影。今日は正面と横。入院以来トータル14枚目になる。  妻から,ブルーインパルスの写真が届く。  真っ青な空を背景に,6機が長いスモークを吐きながらきれいな編隊を組んで飛ぶ姿が見事に捉えられていた。  我が家のほとんど真上を飛んだように見える。  やるじゃないか,奥さん!  ということは,この病院からもよく見えたはずだな。  その瞬間,私はまさに呼吸器の検査で悪戦苦闘していたのだった。  返す返すも残念である。  15時過ぎ,自主トレ。  隅っこでポケモンGOをしていたら,仲よくなった理学療法士が覗きに来た。
 彼も一時は夢中になったゲームだそうだ。  17時過ぎ,自主トレ。  4,221歩歩いた。  実は多少ふらつくとか若干の浮遊感とか,もともとそういう傾向はあるのだが,ちょっと増加した感じだな。  まあ,病み上がりだし…。  廊下で看護師に呼び止められて,その場で血糖値採取。  先に針のようなものがついているらしい水色の小さな器具を看護師が指先に当てて,ボタンをパチンと押すと皮膚にちょっと傷がついて水滴のような血がにじみ出てくるので,それを絞り出してろ紙?をつけた測定器で吸いあげる。  数秒後に数値が出る。  これも偉大な発明なんだろうな。  医療現場は先人の知恵と努力の集積である,って,改めて感じるよ。  まあ現代社会そのものがそうだけどね。  浮世にはトンデモも多いが,ここでは地に足ついた前向きの知恵ばかりだ。
 医療技術・知識の発達・発展には感謝しかない。  測定中,毎回当直のときですねと看護師に言われる。  一瞬なんのことかわからなかったが,どうやら連続3回夜勤で私の担当になっているらしい。  正直言うと,全員がマスク姿の上に頻繁に担当は変わるし,担当らしき看護師以外もいろいろやってくるしで,おじいさんとしては誰が誰やらほとんど区別がついていないのである。  体型や顔の輪郭,目や声の印象,受け答えの感じから,前に会ったことは思い出した。  ハキハキした元気な女性であった。  ちなみに,美女ばかりである。  これを,私は「スキー場効果」と呼んでいる。  マスクのおかげだね,なんてことは口に出さない。  まあ,真面目な話可愛らしい感じの女性が多いのは事実。  こちらはしゃべるのが楽しくて仕方がないおじいさんである。  こんなに俺っておしゃべりだったっけ?という感じ。  18時夕食。薬3種。  シャワーを浴びる。  風呂よりこちらのほうが気楽でいいかもしれない。  30分とか限られると,いろいろ焦る。  珍しく,21時過ぎた頃から睡魔が襲ってくる。  この時間帯は,報道関係のテレビ番組を3連続で見ながらtwitterで茶々を入れる時間帯なのだが,そんな気も起きない。  病院の屋上に医者やら看護師らが大勢集まって上空を飛ぶブルーインパルスに歓声を上げる光景を見て,「動員されたに違いない」みたいな嫌味を入れただけだった。  いや,実際,ここにいると全員それどころではない感じ。  まあ,でも,実際に飛ぶところを見れば,感動し勇気づけられるひともたくさんいるだろうことは,女房の口ぶりからもわかる。  21時過ぎ  体温,血圧,血糖値。  人工呼吸器について看護師と話す。  父親が亡くなる直前に医師が引き出したチューブの長さが30年以上たっても忘れられないので,ちょっと聞いてみた。  挿管のときの麻酔は知っていたが,あとは意識がある状態なのか。  全身麻酔ではなさそうだ。  長期間つけっぱなしだったりするらしいので,そういうことだろう。  入れたままは肉体的にも精神的にも過酷な状況だな。  栄養は鼻チューブ使ったりするのか。  後でネットで調べたけれど,いろいろ大変そうだな。  主治医に会うたびに,もう少しで人工呼吸器だったと言われる。  自分はギリギリ運が良かったということだな。  次回は,きっとお世話になるのだろう。  ネットでは,使用中のコミュニケーションの難しさについての論文が見つかった。  全く声が出ないというわけではなさそうだが,声帯はチューブが通っているのでちゃんとはしゃべれないだろう。  その場合の,医療従事者と患者のコミュニケーションの難しさについてである。
 筆談とか,文字のボードを指すとかいろいろありそうではあるが,私の場合はぜひお腹にノートパソコンを乗っけてほしい。  複数のケーブル,点滴,チューブ,その他いろいろに繋がれて大変だろうが,指先が動かせて画面が確認できる状態なら,ブラインドタッチでなんとかなる。 こんなん出ました… 今使っているノートパソコンならさらにありがたい。  まあ,気管にチューブ突っ込まれた状態で,どこまで正常な神経を保てるのかはちょっと想像がつかないが…。
 LINEの会話データで「これはあかんかなあ😅」とあるのは,Amazonで買ったパルスオキシメータ(酸素飽和度計)と病院のそれとを比べて,誤差が6も出ていることを嘆いたもの。
 指を変えても同じように出たので,ちょっと使えないかもしれない。


朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/05/30(土) 
            07:21

喘息の吸入は大事。
家ではフルタイド,ここではパルミコートを使ってます。
入院以来強く息を吸い込むとむせ返るので,役に立っていないかもですが。
最近は,こういう薬のおかげで喘息で死ぬ人が減ったよなあとかかりつけ医に言われました。
友人も1人大発作で亡くなりました。30年以上前の話。

(*妹*)
08:28

私は「レルベア」というのをもらって1日1回吸ってます。
咳は時々出ますが、ひどくなると本当に怖いようですね。
コロナ感染者もまた増えているようだし、気をつけねば… 医療機関や介護施設、障がい者施設に従事している人に慰労金が出るそうです。
コロナ患者を介護したところに従事している人は20万円、その他の人は5万円とか。
パートの私はいただけるのかわかりませんが、そこまで配らなくても…と思ってしまいます。
医療機関の人には支給してあげて欲しい。でも、それも医師や看護師だけでなく事務の人だって調理の人やお掃除の人だってみんなにあげて欲しいです。
でも、障がい者施設のほとんどは感染者はいないし、自宅から通ってきてる利用者は登園を自粛してくれてる人も多いので仕事内容はいつもより楽をしています。
「前の生活に戻れないっすね~」なんて言ってる若い職員に「慰労金なんて渡すな!」と思ってしまいます。でも、私にくれるなら拒みませんが😁

            09:50

今日リハビリ中に聞いた話だと,看護師のなり手が減っているみたいだね。
この病院でコロナ担当になっても,追加の手当は300~400円だって。
2桁違うんじゃないのって世界。
やってられないよって感じかも。
日本を救いたければ,国はドンドン金を出せ,だよなあ。

            10:16

緊急事態宣言解除で電車は激込みかい?

(^妻^)
11:19

病院に着きました😃

            11:26

[スタンプ]

(^妻^)
11:38

うにちゃんの薬を貰いに行く関係上、午前中になりました。
丸い缶は石鹸です。
食べないように!

            11:38

前回学びました。

            11:40

パルスオキシメーター,4700円ぐらいのを買ったつもりで医者にも話していたのだが,今見たら7,581円だった。
ボケたか。

('子`)
12:40

座席は100%埋まってるよ、みんな働いてるからね

            13:15

君は毎日?

('子`)
13:16

大体週4出勤 まれに週3

            13:17

このままずうっとそれで行ければいい。

(^妻^)
13:23

なかなかの値段ね😰

            14:18

毎日,午前のリハビリはメロメロで,午後は元気。
午前は外歩いて飽和度83,午後は92だった。
回復のスピードもまるで違う。
おなじ人なんですかと言われた。

(^妻^)
14:39

お昼に見たとき、顔が青かったのは、そのせい?

            14:41

わしの顔が青いんか。
日光にあたっていないからじゃないの? ま,病人だけどね。

            14:42

めざせ,正岡子規!

(^妻^)
14:43

俳句の一つもひねり出してくださいまし!😃

            14:47

他のものならひねり出せる。

            15:36

[写真]

(^妻^)
15:51

わおー!

            17:59

自主トレ:5,465歩

(^妻^)
18:09

[スタンプ]

(^妻^)
19:55

[動画]

            21:13

費用がかかるので,ちょっとだけ見た。
誰が撮ったの?

(^妻^)
21:45

【TH】ちゃん経由ですが、【I】さんの奥さんの友だちが、たまたま銀座にいたんですって!

            21:48

いやあ,見たかったなあ。

(^妻^)
21:49

ところで、動物病院のうにちゃん担当の【F】先生、6月一杯で辞めるんだって…。独立ですか?って聞いたら、この歳で独立なんて…。
もっと他の世界を見たいと思って…だって。残念無念😓

            21:50

獣医もやめるってこと?

            23:02

献立を見たら,食事1日分の総カロリー数は1,800ぐらいだった。
痩せないか…。

(^妻^)
23:03

1800だと、我が家と同じかも…。😰

            23:05

我が家でわしが1,800はありえない。

---------------------------------------

 4時50分に目が覚めて,あとは妄想。


 トイレから戻ってきたときの酸素飽和度81に愕然とする。

 進歩しないよなあ。

 きっと測定誤差に違いない。

 3分ぐらいで92に戻ってきたが,それ以上は上がってこない。

 在宅酸素かしら。


 6時過ぎ,血圧,体温,血糖値。


 7時45分,朝食。

 薬たくさん。数えたら9錠あった。

 少し減っているのはステロイド。徐々に減らすと言っていた。

 きのうからご丁寧にすべてパック(ブリスターパックというらしい)から出されて,一袋にまとめられてきた。

 誰かが手作業しているのだろうが,ご苦労様なことである。

 飲む方は楽だが。

 袋を破って,手のひらに全部のせてひと口でいく。


 8時45分 リハビリ。

 今日は外に出ましょうと。

 まずは,階下のリハビリセンターに行く。


 患者がたくさんいるのに驚いた。

 3密じゃん!


 まずは,エアロバイク。

 15分やったが,酸素飽和度92が最後まで続いて低値安定。

 休むと一瞬90を切るが,すぐに復活。

 軽いじゃんと思いつつ階段を1階降りて外に出る。


 桜の緑が眩しい。


 しかしダメである。

 1往復歩いた状態で,83。


 早々に,建物内に戻る。

 座って休憩しても,なかなか90を超えてこない。


 階段を登ってもかなり下がるし,ちょっと絶望的。


 部屋に戻ると,掃除担当の男性が首をかしげている。

 年齢は私ぐらいかな,もう少し上かな。


 「このゴミ今朝捨てたんですか?」

 「いや,きのうからのゴミです。」

 「おかしいなあ,さっき取り替えたはずなんだが。」


 毎朝,1回目はゴミの入ったビニール袋を取り出して,新しい袋をセットする。

 1時間後にまた来て,床掃除をする。


 彼の仕事のパターンなのだが,処分したはずのゴミが残っていたので,その後私が捨てたものと思ったらしい。

 新聞3回分にペットボトル2本にペーパータオル多数。


 1時間でそんなに捨てるはずはないですよ。


 11時20分 血糖値


 11時25分 自主トレ。

 体調はいまいち。

 だいたいまあ,午前中はこんな感じ。


 午前中体調が悪いというのは,かなり前からである。

 自分の日記を検索したら去年の6月17日に「午前中の体調は相変わらずだが,何もしないわけにはいかない」なんて書いてあった。


 私は「5時から男」ならぬ「午後から男」。


 古いか…。


 途中,妻が荷物を持ってくる。

 ガラガラを引いてきた。


 部屋に戻って,看護師経由で洗濯物を渡す。


 濃厚接触は制止された。


 13時過ぎ リハビリ。

 今朝の階に降りたが,バイクはやらずにそのまま外へ。

 朝と同じコースで測ったら92。

 3倍の距離を歩いたら89。

 回復も早い。


 部屋に戻って,ベッドでストレッチ。


 ここ数回同じ担当者で,午後は別人のようですねと言われる。


 15時15分 自主トレ。

 誰もいないデイルームで30mぐらい走ってみた。

 もちろん軽くである。

 酸素飽和度86になった。

 あとは,90を切らない。


 まさに別人。


 女房が持ってきてくれた新聞を読んだり,本を読んだり。


 17時 自主トレ。


 本を読む。


 自主トレ。

 廊下で,看護師に声をかけられた。

 「あのあとうまくいきましたか?」


 何の話だ? 君は誰だ?


 「トイレ」


 思い出した!


 座薬を入れてくれた彼女ではないか!


 おー,出ました出ました,岩のようなやつが3連発も!

 しばし,廊下で便秘談義に盛り上がったのだった。


 マスクのせいもあるだろうが,未だに誰が誰やら理解していない自分である。


 18時 夕食。


 19時シャワー。

 事前に看護師に連絡して飽和度と心電図を中断することを伝える。

 ベッタリ張り付いた電極シール3枚をカラダから剥がす。

 右上は,なぜか剥がれることが多いので絆創膏で補強してもらっている。

 柔肌だがかぶれない体質でありがたい。


 パジャマを着る。

 個室は,パジャマもタオルも無料だと知って,じゃんじゃん頼むようになった。


 ただこのパジャマ,ポケットがないので飽和度兼心電図の端末の始末に困る。

 手で持って動くのも面倒なので,ケーブルを首に巻いて胸のあたりにぶら下げる。

 タバコの箱サイズだが意外と重いのである。

 単3電池2本で,24時間4日間ぐらいは動く感じだ。


 昼間は,妻が持ってきてくれたシャツとズボンで過ごすので,看護師から退院するみたいですねと言われる。


 たんにパジャマが不便なだけ。


 看護師に連絡し,電極を貼りに来てもらう。

 あらためて勝手に貼ってもいいの?と聞いたらどうぞって。

 いや,けっこう勝手にやっているんだが,看護師によってはこちらでやりますという人もいるんだよね。

 きのう,きょうは頼んでみたが,明日からまた勝手にやろう。


 マスクをし忘れていた。


 電極を貼られている途中で気がついた。


 やばいって言ったら,なんでマスクするんですかって。


 なんで?


 君は何を言っているのかチコちゃんかと思ったが,コロナが心配ですか,だからみんなするんじゃないの,でも廊下を歩くときは必ずしてくださいね,いつも歩いているみたいだから。


 要するに,個室で一人のときはマスクはしなくても問題ないでしょということらしい。


 確かに理屈から言えばそういうことになる。

 実際のところ,私は部屋では顎の下まで下げていることが多い。


 しかし,現状キミとボクとはかなりの濃厚接触。


 もちろん彼女はマスクをしているけれどね。

防護服の空き箱

 LINEの会話で,「ほかのものならひねり出せる。」[写真]「わおー!」の間の写真は,廊下においてあった防護服の段ボール箱を撮ったもの。

 「防護服(ガウン) Mサイズ 100着」と書かれた箱で,潰された状態になっていたからすべてが使われたということだろう。


 コロナの最盛期にはナースステーション向こう側のフロアもコロナ患者がいたらしく,自主トレ中に一回りしようとしたら制止された。

 今はコロナ患者はいないはずだが,レースのカーテンで遮られていてよく見えない。


朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/05/31(日) 
            12:12

[写真]

(^妻^)
12:13

出た!麺類😃

            12:35

日曜日だから。
3回目の日曜日…。

            12:37

昼飯の写真を撮っているところに,初対面の若い医師がきて「熱は下がりましたかあ?」
ずうっと平熱なんですけど。

(^妻^)
12:37

あれ?😰

            12:39

丁寧に訂正して,イチからお話。

            12:40

だって,にんげんだもの。

            12:57

by だれだっけ?

(^妻^)
13:30

相田みつお

            14:01

清水ミチコ

(^妻^)
14:01

そっちか!

            14:02

ザ・ノンフィクションにあいだみつをみたいな人が出ている。

(^妻^)
14:02

見てる!

            14:02

二人の妻を持つ男。

            14:13

うーむ…。

(^妻^)
14:19

ゲージツ家…。

            14:24

自宅出産か。
理解できん。

            14:25

イエスの方舟を思い出したが,似ているかどうかはわからない。

            14:40

一夫多妻制の国は今でもあるし,日本だって側室とかふつうにあったしねえ。

            14:42

「似ているかどうか」というのは顔の話ではないよ。

(^妻^)
14:43

きっと、書道家の彼に魅力があるのでしょう。
私には理解できないけど…😵

            14:46

「よくわからん」が結論。

            14:50

それはともかく,自宅出産はリスクが上がるので,あえてやっているならちょっと近づきたくない感じ。何事もなくたくさん生まれて超ラッキー。

            14:52

画面で見た範囲ではの話ね。当然だが。

            14:53

リハビリで茶髪のギャルと濃厚接触。

            14:55

座薬を入れてくれた看護師とうんち談義。

            15:03

うんち関連でうにちゃんの写真も見せた。
布団かぶって寝ている姿が受けた。

            15:04

ダイヤモンド・プリンセスの話もした。
長崎の人だった。

            15:05

茶髪のギャルは【○○駅】よりに在住。

            16:06

小悪魔的看護師にポケモンGOを見せる。
「あたしもやろうかな」

(^妻^)
16:06

なんだ小悪魔って?

            16:07

看護師理学療法士複数に,キミの撮ったブルーインパルスを見せる。

            16:08

一人窓越しに見たということだが,ずいぶん遠かったって。

            16:08

ちょっと不思議ちゃん。

            16:09

自主トレ中の出来事。

(^妻^)
16:09

[スタンプ]

            16:10

ついには,みんなにブルーインパルスのビデオを見せてしまった。
受けていた。
支払いが従量制なのに。

            16:11

日曜なので,えらいさんがいないのかも。

(^妻^)
18:10

受けて良かったね😃

            18:16

本日の自主トレ:6,774歩

            18:16

重症患者が増えた感じ。

(^妻^)
18:16

[スタンプ]

            19:31

午前は鬱で,午後は躁。

---------------------------------------

 昨夜は,11時過ぎにベッドに潜り込んだが,一向に眠れず。
 テレビを付けたら「生さだ」
 まだこんな時間だ。

 ドアをちょっと開けてみたら,ナースステーションには誰もいない。
 廊下の向こうで,立ったままパソコンを操作している看護師が見えた。

 看護師は,台車に様々な医療器具と大きなノートパソコンを乗せて各部屋を回っている。
 消毒液の入った容器をたすきにしてかけている看護師が多い。
 電極を補強する絆創膏を頼むと,ちゃんと制服にぶら下げていたりする。
 ハサミも身に着けている。
 胸にはたくさんのボールペン。
 そういえば,他の病院でもボールペンをたくさん胸に指した医療従事者が目立って,なんでだろうと思ったことがあった。

 明かりをつけて,日記を書く。
 この日記である。

 いろいろして,気がついたら3時。
 やはりなかなか眠れなかったが,結局最後には寝たのだろう。

 5時15分トイレに立って再び寝る。

 6時頃目が覚めて,これ以上は無理とカーテンを開ける。

 また,パソコン。

 ふと思いついて,入院以来のツイート数を調べてみた。
 twilogを開くとかんたんにツイート数がわかる。
 入院当日に1個,以後順に2,3,2,0,0,3,4,8,3,7,5,32,10,2,10,21,2,5(30日まで)

 だいたい,重症で入院した初日にツイートするかい?
 どんな内容かというと,テレビ朝日の報道ステーションへのツッコミである。
 この番組,結構見ているのだが,コロナの入院患者数とか死者数の一覧を県別の数字とともに出すコーナーがあって,主な数字を読み上げるときに,なぜか3番目に書いてある「退院者数」を絶対と言っていいほどスルーするんだよね。(1度だけ女性アナが読んだのは知っている)
 これが,なぜなんだろうと不思議でならなくて,すでに過去にも何回かツッコミを入れていたわけであるが,いざ自分がコロナの可能性ありでICUに寝かされている状態でスルー場面を見せつけられ,怒髪天を衝く,怒り心頭に発したということであろう。

 キミたちは退院数が増えていくことを声に出して言うべき喜ばしい数字と思わないのか!
 患者数,死者数しか言いたくないのか!
 キミたちの心は何でできておるのだ!
 とまあ,こんな感じである。

 酸素飽和度がさらに下がりそうではないか。

 まあ,視聴率のためには平気で嘘をつくワイドショーとか普通だからなあ。
 デタラメを言う自称「専門家」とか。
 このレベルで怒っていては身がもたないかもしれない。

 ちなみに,その後に続くテレ東のWBSは毎回毎回退院者数をしっかり読み上げてくれる良い番組である。
 ときどき突っ込むけど…。

 twilogで見返すまで初日の晩にツイートしたことはすっかり忘れていた。

 ちなみに,twitterを見始めたのはおそらく2009年の後半ぐらいから。
 当時はIDを取らなくても普通に読めたので(いまもそうかも知れないが),何人かをブックマークして追いかけていた。

 もともと「トンデモ系」が大好きなので,そのへんに科学の見地からツッコミを入れる人たちがメインである。
 twitter以前のブログの時代からずっと読み続けていた人も多い。

 非論理的VS論理的,感情VS理性の「戦い」と言ったら向こうは怒るかもしれないが,とにかく面白くて毎晩夜中まで読みふけったよ。
 まあ,向こうはどんなに懇切丁寧に説明されても絶対に自説を曲げないので,議論は不毛で徒労に終わるのが普通。

 対応する一部の専門家の辛抱強さ,粘り強さ,冷静さ等々には感心するが,相手は決して疲れないのである。
 だから,たいていの専門家は相手にしないのだが中には奇特な人もいるわけである。
 もちろん彼らは先方を説得しようとしているわけではなく(中にはそういう人もいるかもしれないが),むしろ私のような傍から見ている素人に理解できるように,持てる知識や考え方を発信してくれているわけである。

 だから,門前の小僧でいつの間にかこちらも(少しずつだが)勉強していることになる。

 東日本大震災のときもそんな感じだったし,今回のコロナ騒ぎでもそんなところがあるよなあ。
 9年たっても同じメンバーが暴れ回っていたりするのは,なかなか感慨深い…。

 6時半,体温,血圧,血糖値。

 パソコンで仕事をしているんですかと聞かれたので,遊んでいると答える。
 手記も書いていると言ったら「シュキ?」
 日記みたいなもの,闘病記,キミたちのことも書いているよ。

 ちょっと笑ってた…。

 7時45分 朝食。

 8時40分 リハビリ。
 いつもの理学療法士。
 喘息の薬を服用するところを見たいという。
 呼吸器検査で失敗などといろいろ話しているからな。

 洗面台の前で挑戦。
 ゲホッとなって入らない。
 2度めは軽めに吸い込んで一応成功。

 また,外を歩く。
 なんとなく浮遊感があるな。
 酸素飽和度は下がり気味。
 階段上り下りはかなり消耗。
 リハビリルームで器具を使って色々。

 酸化マグネシウムの成果を味わう。
 ちょっとコロコロ気味だが,滑りはいい感じだ。

 便器の正面,下の方に20cmぐらいの縦に流れる茶色い怪しげな筋を発見。
 便座の手前部分がかなり前方に突き出した構造になっているので見逃していた。

 間違いなく,私のものではないはず。

 私は固まりメインなので,前方に流れ出るとは考えづらい。
 便座を乗り越えるか,便座と便器の間を通過しないとこの位置には流れないはず。
 最初から縁に流れればこうなりそうだと思う。

 ということは,流れの上部はご本人の衣類についた可能性もある。
 漏らしながら,大慌てでパジャマ下げているかもしれないし。
 上部は普通に見れば気がつくはずの位置なので,私にくっついた可能性はまずないだろう。

 トイレットペーパーに水をつけてしゃがみこんで拭き掃除。
 こびりついているので,それなりに時間がたっている感じ。
 我が家の便器は床から80度ぐらいの角度で立っていて死角はないが,これは腰を落としてのぞき込むようにしないと見えないので掃除の女性も気づかなかったと思われる。

 11時 またリハビリ。
 ペダルこぎ20分。酸素飽和度は92くらいまでしか下がらない。
 歩くほうが,酸素飽和度ははるかに下る。

 部屋に戻って将棋を見る。
 1989年の谷川対羽生。
 すごすぎて,なにがなんだかわからなかった。

 11時50分 自主トレ。
 食事が専用エレベーターで運ばれてくる様子を見る。
 皆さんはどこで食べるのと看護師に聞いたら,上の食堂か建物のどこかと。
 外に出てはいけないらしい。

 12時 昼食。

 13時 またまたリハビリ。
 外を歩く。
 さっきより多少はいい。
 部屋に戻ってベッドでストレッチ。

 15時 自主トレ。
 午後は元気になるのだ。
 と言っても,昼を食べて2時間ぐらいたってからというイメージである。

 自分でわかる。

 「5時から男」ならぬ「3時から男」と名乗っても通じないだろうな。

 廊下を歩き回って,あちこちで油を売る。

 LINEには小悪魔云々と書いたが,これはまあ半分冗談。
 ゆっくりと不思議な感じでしゃべる子だったので,なんとなくつけてみた。
 ちょっと違うかもしれないが,私に表現力がない。
 ポケモンGOの私を見て「女の子なんですね」
 性別偽装している。
 冬の格好では暑そうと言われ,そういわれればそうだねとその場で着替え。
 ユニクロのこの色が似合いますと断言されたので,以後そのファッションである。

 ちなみに,私のレベルは39。
 2016年の秋に始めた。

 上昇志向はまったくないので,ただ遊んでいるだけである。
 ゲームの常でどんどんルールがややこしくなってきたが,それに対応してうまくなろうなどという気はほとんどない。
 「リトレーン」とか「開放」とか,まるでなんのことやらわかっていない。
 知りたいとも思わない。
 草タイプはなになにに弱いとか出てくるが,草っぽいから草タイプだろうとは思うものの,覚える気がないし,覚えてもすぐに忘れるだろうし。

 ひたすら,取って,回して,たまに戦ってを繰り返しているだけである。
 ボールをぐるぐる回してカーブボールを投げる技はつい最近知ったばかりで,公園でどこかのお兄さんがやっていたのを見たからである。

 同じことの繰り返しなのだが,意外と飽きが来ないから不思議だな。

 理学療法士のIくんともよく話すが,彼はとっくの昔に卒業したらしい。
 お供を連れて歩いている画面を珍しがっていた。

 病院からはジムもポケストップもかなり遠くて,GPSの誤差?に頼り切った状態。
 自主トレ中に増やすことが多い。
 現在のボール数は合計25,木の実は14個で耐乏生活である。

 ついでだから書くと,ゲームに嵌った時代はパソコン黎明期の頃である。
 仕事先のU君が,自分はもう使わないからと言ってNEC PC8001を職場に寄贈してくれたのが最初である。
 基盤むき出しのグリーンモニターとセットで,これは危険なので段ボール箱で覆っていた。
 寄贈というよりは,処分という方が正しいかもしれないけれど,これが私にとっては運の尽きだった。

 大学は一応文化系だが,オキタックなどという沖電気製のコンピュータにほんのちょっと,ほんのさわりだけ関わったこともある。

 MZ-80についてもその存在は知っていたから,ある意味恰好のおもちゃを与えられたわけである。

 昼休みも,17時過ぎからもずうっとPCの前に座っていたな。

 マイコンだったかIOだったか,雑誌も買い込んで,マシン語入れたりしていた。
 いきなり暴走して,どこも違っていないのになんでだろうと悩んでいたら,大学の後輩で理学部出身のKちゃんが,それMZ用ですよと教えてくれたレベルから始めたわけである。

 自動販売機でトマトジュース1本。130円。

 本を読む。

 血糖値を測りに来たついでに,パジャマとタオルの片づけと,新しいものをお願い。
 すぐに持ってきてくれる。
 反応が遅いと書いた記憶もあるが,こちらも成長する。
 要するに,私の方で看護師の活動パターンが分かってきたということだな。
 極端な話,採血が回ってくるのは朝一番が多いが,その時間にいろいろ頼んでも対応が遅くなるのはやむを得ないことなのである。
 概ね,午前中は忙しい,午後後半から少し余裕が出るという印象。

 17時半 自主トレ。
 きのういた若い男子は退院か。
 顔ぶれがそれなりに変わっているようである。
 看護師が声をかけても反応がないなど,ベッドから出られないような重症患者が多い。
 病室の入り口脇に同じ色のシールが貼ってあるので読んでみたら,「おむつ」などとあった。

 ロールエプロンが置いてある入り口も多い。
 これは,ピンクのビニール製のエプロンで,看護師はロールからぐるぐる引き出して切り離し,身にまとって部屋に入る。

 そんな中で,部屋を抜け出してはウロウロ歩き回っている私は浮いた存在かもしれない。

 歩数を測るスマホは尻ポケット,端末は胸ポケットにいれて,ちょっと下がったかなと思うと立ち止まって酸素飽和度のチェック。
 90ぐらいかなと予測してスイッチオンするとだいたいそんな感じ。

 自己判断が意外と正確。

 デイルームでちょっと走ってみたりすると86とか。

 18時 夕食。

 パジャマに着替える。
 3時間ぐらいしか寝ていないので,睡魔に襲われる。

 21時頃,血圧,体温,血糖値。

 21時半,就寝。

 LINEの会話にダイヤモンド・プリンセスが出てくるが,例のコロナ騒ぎで話題になったクルーズ船である。
 一度ぐらい豪華クルーズ船の旅をしてみたいものだと夫婦で話していて,前年の9月末に一番短いコースに乗ったのである。
 乗船早々緊急時の避難方法の説明などを受けるわけだが,その中で食事の前には手を洗うこと,トイレはなるべく自室のものを使ってほしいという説明があった。
 「閉鎖空間で感染症が怖いからな」と妻と話していたのだが,現実にあんなことが起きるとは思ってもいなかった。

 ちなみに,14階のビュッフェでは毎回並んで手を洗ったが,夕食時のレストランでは洗ったことはない。手洗い場がどこかにあったのだろうか。
 レストランでは,サーブしてくれる担当も席も決まっているのでいつも同じメンバーで食事をすることになり,濃厚接触とは言えるだろう。

 釜山,長崎経由の予定だったが,台風の影響で長崎行きは中止。
 釜山から関門海峡を通って清水港に停泊となった。

 私としては,半世紀以上前にほんの数年間だが過ごした下関の変貌ぶりを図らずも海の側から見ることになった。

朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/06/01(月) 
            06:04

地震?

            06:05

ベッドがゆれたような。

            06:06

群馬で震度4だ。南部は3。

            06:12

コロナに地震,大雨,台風,山火事,噴火,バッタ,…。

            06:12

自然が人に優しいなんて嘘だな。

            06:12

自然は忖度しない。

(^妻^)
07:21

おはようございます☀️😃❗️
地震ちょっと揺れたけど、昨夜またうにちゃんが吐いて、バタバタしたので、起きませんでした😓

(^妻^)
08:21

今日は、例の限度額認定証が届く筈なので、その配達を待ってから病院に行きますね。
先日の洗濯物と新聞以外に必要な物はありますか?

            08:45

目指せ! 尿もれ解消

            08:45

あさイチの定番

            08:47

大きな爪切りばさみ,同じ位置にある先の尖った小さなハサミ。

(^妻^)
09:38

[スタンプ]

            09:38

ばあさんや,すまないねえ。

            11:03

22歳になったばかりという女子と接近遭遇。
リハビリね。
うにちゃんと同い年と教えてあげた。

(^妻^)
11:04

あら、うにちゃんは21歳よ!

            11:04

目の前に立たれて肩をマッサージされるとうつむいてしまうこのワタクシ。

            11:05

知ってるよ。

            11:06

階段を1階分上り下りしたら酸素飽和度84になった。

            11:09

登りは鬼門。

            11:10

リハビリ中は超饒舌になる無口なワタクシ。

(^妻^)
11:59

全国で一斉に花火打ち上げ、1日夜8時から 新型コロナ終息願い SNSで世界へ - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2006/01/news069.html

(^妻^)
12:19

お昼の時点で、郵便まだ来ません…😢

            12:54

あしたでもいいよ。

(^妻^)
13:01

そうね、いらいら待っていてもね。明日にしようかな…!😃

            13:19

明日お待ちします。

            13:20

花火見たいね。

            13:20

カメラが…。

(^妻^)
13:40

[スタンプ]

(^妻^)
18:31

【S】区役所!
届かないんだけど、認定書。どうゆうこと?😡

            18:45

お役所内でまとめるのに半日,今日郵便局へ。
明日届くのでは?

(^妻^)
18:49

そうか…。
ところで、退院の見通しは?

            18:50

さあ?

(^妻^)
18:51

[スタンプ]

            18:55

血液検査の数値は良くなっている。
レントゲンもまあまあ。
呼吸器機能検査はできなかった。
酸素飽和度は平常時96前後まで上がってきた。
運動で84まで下がることがある。
本人はスタスタ歩いているが,低酸素に慣れて自覚していない状況。

            18:56

明日ぐらいに主治医が来るのではと期待。

            18:59

梨田監督は5週間入院。

(^妻^)
19:02

年齢的にも近いけど、彼はコロナだもんね。
肺のダメージは、同じ位なのかな…。

            19:04

いや,コロナの方はもっとひどいと主治医がいっていたから,彼よりは短いと思いたい。

            19:06

あさ,検温のとき看護師と話した。
「いつ頃退院できるかなあ。」
「7月にはならないと思います。」

            19:06

おもろいから許す。

(^妻^)
19:07

[スタンプ]

            19:10

治療法はコロナと同じなので,というかこちらが本家なので,要するに免疫があるかないかの違いかも。
我が免疫力に感謝!!!

            19:19

退院後は
「with 間質性肺炎」
になるので,生活が変わります。
間質性肺炎は治りません。

            19:35

本日の自主トレ:6,695歩。
この辺が限界かな。
ほかのことをする時間が取れなくなる。

            19:36

途中でポケモンGOをするのも敗因の一つ。

(^妻^)
19:40

難病指定ですね😓

('子`)
20:00

行きも帰りもコロナ前の混雑具合に戻った

(^妻^)
20:17

ひえ~😵

            20:22

マスク,手洗い,3密を避ける。
以外にないところが辛いところ。
スペイン風邪の時代から変わらない。

            20:23

シャンプーがなくなりそう。

(^妻^)
20:24

了解しました。
お持ちしますよ😃

            20:25

隅々までよく洗う。

            20:57

すっかり忘れていたが,花火はどうなったんだ?

(^妻^)
21:00

見えない、聞こえない…。
東京で6ヶ所上がったらしいけど、小雨混じりの悪天候で、残念…😢

            21:05

シャワー浴びていた。

            21:07

NHKでも,「電車混んでる」ってやってる。

            21:53

梨田監督やってる。NHK

            21:53

わしと同じ肺の白さ。

            21:54

でも,呼吸の話からするとわしよりはるか重症。
人工呼吸器も使っている。

            21:54

意識のない状態が2週間続いたそうだ。

            21:54

その後が大変だった。

            21:55

ペットボトルの栓も抜けない,薬の袋も開けられない,

            21:55

一般病棟でも「隔離」なんだ。

            21:56

違いすぎて参考にならなかった。

            21:56

凄すぎ。

            21:57

わしがかかったら間違いなく死んでいたな。

            21:57

間質性肺炎にコロナ。

(^妻^)
22:44

難病なので今後が大切ね!

            23:04

とりあえず,在宅酸素にならないことが目標。

(^妻^)
23:05

なるほど!

            23:19

タンク引いたり背負ったりして歩くのはしんどい。

            23:20

目指せ引きこもり!

            23:25

Googleカレンダーの退院予定日を6月2日から9日に変更。
最初は5月28日だった。

            23:26

ドンドン伸びる法華の太鼓。
違うな。

            23:56

品川区では区民1人あたりに3万円が支給されるらしい。

            23:57

予定は未定ね。

---------------------------------------

 3時過ぎに一度目が覚めて,トイレ。
 次は5時過ぎ。

 めずらしく夢を見たな。
 会社員時代にお世話になった上司が高速道路を歩いていたので,乗ってきませんかと声をかけた。
 大学で同じクラスだったM君と並んで石でできた水槽の前に座っている。
 私の歯ブラシの毛がバラバラになって水槽に浮かんでいる。
 そこからピンクの樹状突起のようなものが伸びてきた。
 M君が指先に取って自分の口に近づけた。

 年賀状のやり取りはあるが,上司とは11年,M君とは40年以上会っていない。

 ベッドで妄想していたら,何かゆらゆらする感じ。
 地震か?
 テレビをつける。
 震度2だった。
 そのまま暗い中で,パソコンを開いて日記を書く。

 6時半 血糖値82。

 6月ですねと言われる。
 いや,ホントだ。
 まいったね。
 入院して3週間,いつになったら退院できるんだろうねと言ったら,7月にはならないと思いますと。

 6時40分。別の看護師が体温計1本をぶら下げて入ってくる。
 血圧は?と聞いたら,もういいかと思って,一日に何回も測るから。

 そういう問題なのか。
 重症患者からタダの爺さん扱いになりつつあるのか。
 ということは,そろそろ退院できるのかなあと水を向けたら笑っただけだった。

 念の為血圧も測ってもらう。
 120-73で問題なし。

 7時45分 朝食。

 誰もこないので,テレビを見る。
 「あさイチ」は,朝から過激な内容。
 あけすけでよろしい。
 子宮頸がんワクチンについてもこの調子でやってほしいもの。

 9時55分 テレビ体操。
 初めて最後までまともにやれた感じだな。
 片膝に全体重をかける運動もまあまあ。
 酸素飽和度は89に下がったが。

 椅子に腰を下ろして休憩。
 ニュースを見る。
 10時3分に94に戻る。脈拍85とか。
 10時10分現在96で脈拍78。

 寝ているときは飽和度98で普通じゃんという感じだった。

 検温と血圧。

 顔なじみになった掃除担当の男性が来る。
 あれ,ゴミ捨てませんでしたっけ?

 おいおい,また忘れてるぞ。
 大丈夫だろうか。
 3回続くとヤバそう。
 言えないけど…。

 10時半 リハビリ。
 初めての担当。
 階段昇降をやったが,1階分を往復するだけで84とか。
 かなりくるね。
 3分ぐらいで92まで上がってくる。

 11時半 自主トレで廊下を行ったり来たり。

 2人減った部屋があった。
 1人はずうっと寝ている様子の女性で,看護師が数人がかりで看護しているような方だった。

 デイルームで休憩中,通りがかった男子看護師と話す。
 コンビニあたりへは出て良いようだが,この格好ではねえと。
 医療従事者への風評被害,偏見は気になるらしい。

 「自分から看護師とは言わないです。」

 いなくなった2人の件も聞いてみたが,転院したとのこと。
 ここは急性期の病院だから,慢性期に入った患者はそれ専門の所に移るらしい。
 入れ替わりが多い気がしていたのだが,ちょっとホッとした。

 12時10分 昼食。

 薬2種。
 薬は,私の名前のついた専用の容器に入れて持ってきて,開けた袋はそれに入れて持ち帰るのがルールらしいのだが,看護師によっては容器はその場で持って帰る。
 薬は私が勝手に飲んで,袋はゴミ箱へ。
 1往復作業が減るわけで,ある意味合理的だが,規定違反の気がしないでもない。

 ま,元気そうな?私相手だからということかもしれないな。

 テレビを見て,本を読む

 14時 リハビリ。
 ペダルこぎ20分。
 最初の頃は,5から6,今はほぼ8以上をキープである。
 ディスプレイに表示されるのは回転数絡みの数字だと思うのだが単位が小さくて読めない。

 酸素飽和度の方は,昨日までは92キープだったのだが,今日はいつ見ても94を保っていた。

 理学療法士もそれぞれ個性があって面白い。
 朝の子は新人らしく,真面目で一通りのことをしてくれる。
 今回の子は大雑把な感じで,毎回自転車漕ぎが中心。
 20分漕いで,じゃ遠回りして帰りましょう,前回やったベッドでのストレッチを頑張ってくださいと帰っていった。

 別に文句を言っているわけではなくて,いろいろでいいねということ。

 すぐにベッドに横たわっていわれたことをやってみたぞ。

 私にとっては,彼女の家の場所を間違えたのは痛恨のミスだったな。
 それは私ではなくて,あちらの子ですって。
 憶えたつもりだったが…。

 15時過ぎ,自主トレ。

 途中で看護師から「お通じは?」って聞かれる。

 「お通じ男」として有名なのか…。

 と思ったら,酸化マグネシウムの処方が今日までなので,以後どうしますかという話だった。
 今日はまだだけど,昨日は2回。
 明日の様子を見て決めたいと答える。

 しばらく歩いて4,000歩を超えたあたりで中断。
 今日の目標は7,000歩。

 部屋に戻って,本を読む。
 つい夢中になって気がついたら17時。
点滴はずれて4日目…
 自主トレ再開
 うーむ,7,000歩は難しいかもしれない。
 かなりの時間歩かないとダメかも。
 夕食後にも歩くか?

 それもなんだかなあ。

 自販機でキャラメルナッツというのを買ってみた。
 140円。

 便意を催したので,部屋に戻る。
 大成功。

 医者に確認したいことを Google keep に保存する。
 バージョン1はこんな感じ。
 ーーーーーーーーーー
 確認事項:
 ・間質性肺炎で確定という理解でよいか。生検はしていないが,血液検査の数値などから判断したということか?
 ・間質性肺炎にもいろいろあるようだが,正確な病名は?
 ・どの程度肺機能が落ちているのか? %で出せる?
 ・間質性肺炎はなおらないという理解でよいか。
 ・進行を抑える薬があると聞いているが,それは私に投与されるのか
 ・指定難病と聞いたが該当するか?
 ・進行のスピードについて:余命は5~6年とネットにあったが,どう解釈したら良いか。私の記憶では2007年にちょっとした坂を登っただけで周りが心配するほど息が切れたことが2回あって,そこで病院に行けば確定診断がされた可能性もあり,そうなると訳がわからない。
 ・今後,風邪など呼吸器系の症状が出た場合,軽いと自己判断すればかかりつけ医に行きそこで判断してもらうということでよろしいか。
 ・自分のカルテなどデータがほしい。
 ーーーーーーーーーー
 量が多く見えるが,じつは大したことはない。
 ネットの情報から,私なりの結論はすでに出している。
 これもバージョン1だけど。

 余命はまあねえ。
 ネットで見ると,アメリカの例で2~3年,日本では5~6年とあるのだが,いつから数えるのかが曖昧な気がする。
 2007年が起点だったら「私はすでに死んでいる。」
 私は「間質性肺炎での増悪」と診断されたわけで,今回の増悪が起点ですということならわかりやすいが,上記の情報でも個人差が大きいとあるから,わかりませんが結論だろう。

 他の病気や事故や事件や天変地異でそれこそ明日死んでしまう可能性だってゼロではないからなあ。

 残された寿命が短いのは事実にしても,とりあえずはコロナでなかったことをラッキーと思うことにしよう。

 かかった人には申し訳ないけれど。

 血糖値91。
 ついでに「お通じありました」と伝える。

 しかし,今日はどの看護師もパソコンを押してこなくなっちゃったなあ。
 血圧計,体温計,血糖値測定器をぶら下げてくるだけ。
 パソコンは廊下において来る。

 1人1台なので,タブレットを共有している病院よりは院内感染に強そう。
 って,この部分だけを見ても意味がないが。

 17時45分 歩数が5,270までしかいっていないので,食事まで歩くことにする。
 食事が部屋の前に到着したところで受け取って,6,695歩。
 配膳してくれた若い男性に無理しないでくださいねって言われてしまった。

 無理しているように見えるのか?
 年寄りの冷や水と思っているのか?

 いや,優しい子というのはすでに知っている。

 18時夕食。
 服薬。

 17時半 シャワーを浴びる。
 ここのシャワー,感染防止だろうか,カーテンが外されている。
 だから,油断すると便器の周りまで水浸しになる。
 1回目は往生したが,2回目以降だんだん濡らさなくなってきた。

 家では,ほとんど毎日1時間ぐらいは風呂に入るのだが,このシャワーではね。
 外に風呂もあるが,桶と洗い場と椅子があるだけなので,1回使って湯船はありがたいけれどあえて予約するほどのものではないと結論。
 家では,防水のテレビを持ち込んで,肩まで浸かりながらゆっくりビデオを見るのが楽しみなのだが,ここではそうもいかないので,早々に出る。

 風呂上がり直後の酸素飽和度は91。
 予想通りである。

 パジャマに着替えて,電極を貼り付けて,パルスオキシメータ(酸素飽和度計)を装着して一件落着。

 21時過ぎ ニュースウオッチ9をつけながらパソコンをやっていたら,元プロ野球監督の梨田昌孝氏のインタビューをやっていた。
 私が夕方LINEに書いた方で,まったくの偶然。

 いや,しかし,私の病状とはレベルが違う。
 違いすぎる。
 人工呼吸器に2週間の意識不明とか10,000倍くらい大変そう。

 コロナだったら死んでいたかもという主治医の言葉をあらためて噛みしめる。

朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/06/02(火) 
            07:32

上に着るものは2日で返してもよいですか。
夜は病院のパジャマで,家よりも普通っぽい。

(^妻^)
07:54

2日間、でってこと?
それとも今日が6月2日なので、今日返すってこと?

            08:28

すんません。
2日間着たら戻すということ。

(^妻^)
08:43

あい、了解しました😃

            09:14

明日16時から医者の説明なので来てください。

            09:15

4日(木)10時退院決定です!

            09:24

3日連続になるので,こちらに来るのは明日の説明のときでもいいよ。

            09:39

通話に応答がありませんでした。

('子`)
10:21

おー、おめでとう! 確定なの?

            10:27

[スタンプ]

            10:28

ありがとう(!)(!)(!)

            10:39

確定です。
24日間の入院かな。
長いねえ。

            13:11

ご無沙汰です。
いろいろご心配をおかけして申し訳ありません。
4日(木)10時に退院が決まりました。
肺炎部分が良くなったということで,肺の機能が戻ったというわけではないですが。
幸いにも「在宅酸素」は免れました。
今後は薬で進行を抑えていくことになります。
まあ,いろいろありますが,とりあえずご報告まで。

            14:09

茶髪の彼女と自室のベッドで濃厚接触。

(*妹*)
14:33

それは良かったです!大変でしたね。
服薬をしていれば普通の生活をして大丈夫なんですか?
今日の東京都のコロナ感染者、30人を越えてるとか…
心配はたくさんありますが、気を付けて元気に過ごしてください☺️

(^妻^)
14:47

はいはい!

(^妻^)
14:47

[スタンプ]

            15:41

「リハビリテーション総合実施計画書」を渡され説明を受ける。
柔軟性,筋力,呼吸機能の低下以外は問題なし。
「活動」はすべて完全自立で問題なし。
問題はただ一つ「肺」ですよ。
はい,ハイ,肺!
時間とともに悪化する。

            15:49

ありがとう!
階段を2階分登ったくらいで,ハアハアなるからねえ。
少しづつ動けるようにはなってきましたが,どこまで戻れるかはわかりません。
現状,100m歩いて1分休めばなんとかなる。
薬が効けば,病期の進行がある程度抑えられということのようです。
風邪もコロナも私にとっては天敵です。

(^妻^)
15:52

はい、確かに!
限度額認定証、ようやく届きました。
明日提出します。

            15:52

よろしく。

            15:53

入院中の最後のレントゲン撮りました。
トータル22日間でCT2回,レントゲン16枚!

(^妻^)
16:57

東京アラートだってよ!😵

            16:58

いい加減勘弁してほしいよ。
夜の街コワイ。
行かないけど。

            19:10

本日の自主トレ:7,530歩。
血圧97-59(135-85)
空腹時血糖値82(178)
体温36.2℃
カッコ内は入院時。

            19:12

入院して,肺以外は健康に。

            19:14

まあ,肺炎の増悪が消えたらしいのがありがたい。

(^妻^)
19:15

よく歩きましたね!
家から病院まで、片道7000歩強です。

            19:19

すべてに感謝!

---------------------------------------

 0時過ぎ就寝。
 足が冷たくて暖房をつけた。
 風呂上がりに素足のまま椅子に座ってパソコンをやっていたからだろう。

 年中汗だくだった私が,足の冷えに悩まされるようになったのはここ数年のこと。
 すでに爺さんのカラダなのだな。

 起き上がって足の屈伸。
 暖房もつける。
 何とか寝られそう。

 夜中,人の気配がして目を覚ますと,懐中電灯を持った看護師が傍らにしゃがんでモニターをチェックしていた。
 電波切れになったのでと。
 電池取り替えたばかりですよ。(電池もらって自分でやった)
 あ,大丈夫みたいです。

 コネクターが外れかかっていたらしい。

 6時10分 「採血しまあす」
 3本採取。
 退院への布石かな。

 食事まで日記をつけたり,ツイートを読んだり。

 7時25分 血糖値88で,入院当初の半分。

 7時45分 朝食。珍しくロールパンだった。
 服薬。

 催してトイレへ。
 健全そうなものがいくつか。
 毎朝きちんと出るというのは私の数少ない取り柄のひとつなので,なんか嬉しい。
 塩化マグネシウムはもういいかもしれない。
 今朝の薬には入っていなかったから,このまま行けそう。

 8時半 主治医登場

 主治医との会話のまとめ:
 ・在宅酸素は無し。
 ・肺は7割ぐらいの機能が残っているかなあ。
 ・特発性間質性肺炎の中のNSIP非特異性間質性肺炎の可能性が高い。
  進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)てことみたい。
  特発性肺線維症(IPF)もかなり入っていそうだが,これメインだったら生存率は5年で50%である。
 ・原因はわからない。羽毛などでもなる。猫は考えにくいかなあ。
 ・自己免疫疾患(例えば関節リウマチとか)ではなさそう。
 ・オフェブという高価な薬を使う予定。
  薬はもう一つあるが,副作用がきついので使わない。
 ・指定難病だが,現状では受理されないかも。
 ・データは渡す。

 明日16時から,妻を交えて説明を受ける。

 4日10時退院と決定した。

 今から退院でもいいですよと来たが,こ,こころの準備が,この格好で帰るわけにも…。

 薬も今日からでもいいですよ。
 10日早く薬を飲み始めても10日分長生きできるわけでもなさそうだし…。

 まあ,半分冗談だろうが,急にバタバタするのも嫌なので,妻も交えて説明を聞いて,彼女も心の準備をするのに一晩ぐらいは必要だろうと考えて,あさっての朝退院としたわけである。

 30代後半か40代前半だろうか,
 説明は簡潔,明快で,わからないことはわからないとすぐに返ってくるので好感が持てる。
 私もパソコンを開いて,昨日書いた質問事項を一通り聞き,メモを取り,薬のページを検索して表示しながら説明を受ける。
 薬のところでは,ああこれこれ,こちらの症状に近いと画面を指差してくれるとか,話が早い。
 オフェブはオプジーボぐらい高いのかと聞いてみたら,そこまではないとのこと。

 医療費高騰に拍車をかけて申し訳ない感じだが,国民皆保険制度に感謝である。

 進行を抑える薬はもう一つピレスパというのがある。
 こちらは副作用が強いというのが彼の意見。
 光線過敏症がメインで,下手をするとカーテンを締め切った部屋でサングラスをして暮らすようなことになるらしい。

 私は,薬の「副作用」というのをあまり経験した記憶がないのだが,今でも気になっているのがプラビックスという血液サラサラの薬を飲み初めの頃のことである。
 この辺のことは,こちらのブログに書いた。

 家族にLINE。
 なかなか既読にならないので,妻に電話。
 LINEでかけても出ないので,固定電話に。
 退院のことと,主治医の話を伝える。
 生存率のことも伝えたが,ちょっと言葉に詰まったな。
 弱い男である。

 主治医と話した上記のまとめも家族にLINEするつもりだったが,明日の説明後まで保留することにした。
 5年で50%はいきなりではちょっと刺激が強いのかなあ。
 ただ,こっちの要素は低いとの話なので,結局よくわからない。

 あとは,羽毛の件。
 数年前から羽毛の掛け布団を使ってる。
 女房がジャパネットたかたで買ったものだ。
 時期的に考えれば,私の病巣ははるかに昔からあるみたいなので関係ないだろうが,まあ気になるところではある。
 羽毛布団やめようかなあとも思ったが,あの軽さと暖かさはほかに代えがたい感じ。
 普段からマスクして寝ているし,今更だからまあいいかと思う私なのであった。

 9時50分 リハビリ。いつものI君。
 行きのエレベーターで,膝に縦に平行な2本の大きな縫い目のある男性と遭遇。
 I君を知っているらしく,いろいろ話しかけて来る。
 私も傷を見せてもらって,事故ですかと聞いたら,人工関節に換えたのだそうだ。
 たしかに,事故ならあんなきれいな傷にはならないよな。

 馬鹿な質問でした。

 平行に切って,骨との間を開いて持ち上げて空いた隙間で作業をするって感じかしら。

 自転車漕ぎ15分。
 退院の話などいろいろ。
 奥で怒鳴り散らしている親父さんがいたぞ。

 リハビリルームがいっぱいなので部屋に戻って,ベッドでストレッチ。
 途中のエレベータで,同じフロアの看護師3人と会ったので退院のお礼。

 10時20分 体温,血圧。

 掃除担当の男性が,昨日と違う。
 彼は,コーチとして後ろについていた。
 新人ですと紹介された。

 本を読む。

 11時 リハビリ。
 いつものS君。今日の2人ぐらいしか区別がついていない…。
 外を歩く。
 やはり,89までは落ちるな。
 階段昇降をやってみた。
 1階分だと90ギリギリ。
 2階分に挑戦。
 86とかメロメロだった。
 息が切れて汗が出る。
 情けない。

 部屋に戻って,いろいろ。
 肩こりは相変わらずだ。

 12時 昼食。

 13時過ぎ 妹にも退院の報告。

 13時半 リハビリ。
 午前と同じ距離を歩いても,酸素飽和度の数値が2ぐらいはいい感じだ。
 ときどき90を切ると,あああと声に出る。
 戻りも早い。
 秒単位で戻って97が出たときは,普通人じゃん!と2人で喜んだ。
 階段は1階分だけやったが,降りて登って91。マアマアである。

 15時 CTとレントゲン正面,横
 トータル22日間でCT2回,レントゲン16枚。放射能忌避の人なら卒倒するレベルかも知れないが,病気が病気だけにまあ仕方がない。

 血液検査とレントゲンがすべてで,触診などされたことがない病気なのである。

 15時20分 リハビリのI君が来て「リハビリテーション総合実施計画書」を渡され説明を受ける。
 柔軟性,筋力,呼吸機能の低下以外は問題なし。
 「活動」はすべて完全自立で問題なし。
 それはまあ,そうだろうな。
 現時点で最大にして超難関な問題は「肺」だけにある。
 動いても酸素飽和度の数値が95を切らないなんて世界は私には今後永久に手に入らないのである。

 16時 自主トレ
 自動販売機でピーチ。130円。
 普段ジュース類とかほとんど飲まないのだが,最近はときどきここで買っている。
 普段買わないような種類のものを買う。
 しかし,甘いのはどうもなあ。
 妻が買ってくるお茶や水で十分という感じ。
 炭酸水は特に気に入った。

 16時40分 顔なじみになった看護師のNさん登場。
 ちょっといい?と話に来た。
 なにしろ,彼女のお父さんは私と生年月日が一緒。
 親しみを感じてくれているらしい。

 お父さんか,わしは!

 退院を伝えたら,喜んでくれた。
 主治医の説明のまとめをパソコンで表示しながら,私の病状を解説。
 明日も来ますからと。

 17時 自主トレ
 20分ほど歩く。
 きょうは,猛烈な咳をする人が複数いたな。
 前方に聞こえるとUターンする。

 本を読む。

 17時50分 自主トレ
 夕食が届くまで歩き回る。
 廊下でトレイを受け取って部屋に入ろうとしたら,看護師がドアを開けて待っていてくれた。

 18時10分 夕食。
 服薬。

IMG_20200602_074049昼食夕食


---------------------------------------
 2020/06/03(水) 
            08:54

わしにもオキシトシンを!

            09:13

今日よろしく。
先生に聞きたいことがあったらまとめておいて。

(^妻^)
09:14

はい!
担当の先生のお名前なんだっけ?

            09:15

【O】先生。

(^妻^)
09:16

了解!

            09:16

ナースステーション隣の小部屋になると思うが,3密だから嫌だと言っておいた。

            09:18

長袖のシャツ、ズボン,ハンカチ持ってきて。
下着のシャツ,パンツ,靴下はある。
明日の朝,着替えて帰り支度。

(^妻^)
09:18

了解!😃

(^妻^)
09:49

[写真]

(^妻^)
09:49

また吐いてるの…😢

            10:11

ひとりでおいておくのはかわいそうだね。

            10:15

自室のベッドで短髪男子と濃厚接触。

            10:41

【O】先生が来て,すいませんが1時間遅らせてくださいとのこと。
17時に来てください。

            10:41

うにちゃん,病院連れてく?

(^妻^)
10:47

5時ですね。
了解!
うにちゃんのおゲロは、休ませておくと、回復することがわかってきたので、様子をみます。
今は寝ています😃

            10:48

5時です。
談話室が狭いので,3密は嫌だと言ったらそのへんでやりましょうって。

            10:49

うにちゃんに会うのが楽しみ。

            12:58

柴咲コウってエライ美人だな。

(^妻^)
12:59

今頃わかったのかい?

            13:02

正面からしっかり見たのは初めてかも。

            14:39

メガネもしたほうが…。
https://twitter.com/mph_for_doctors/status/1268042400951422978

            14:48

自室のベッドで美形男子と濃厚接触。

            16:38

メモよろしく。

(^妻^)
16:47

いま、会計のところにいます。

            16:47

よろしく。

(^妻^)
16:52

5階に着きました。

            17:28

ありがとう。

            17:29

あとで,話をまとめて【息子】にも知らせます。

            18:05

「入院診療計画書」(いまさらかい) 「退院療養計画書」にサインしました。

            18:09

我が家のあとにもう一組説明していました。
CTの画像をチラ見したが,私とはかなり違う。
全身に回って…,熱が…とか聞こえました。
終わったあと,奥様と医師二人が話していました。
自主トレ中のこと。

            19:57

本日の自主トレ:6,713歩

(^妻^)
21:30

[スタンプ]

            21:30

送信先を間違えた。

            21:31

本日の自主トレ:6,713歩

            22:26

主治医からの説明
きのうの話に追加した。
・在宅酸素は無し。
・肺は7割ぐらいの機能が残っているかなあ。
・特発性間質性肺炎の中のNSIP非特異性間質性肺炎の可能性が高い。
 進行性線維化を伴う間質性肺疾患(PF-ILD)てことみたい。
 特発性肺線維症(IPF)の可能性もあり,これメインだったら生存率は5年で50%である。
・原因はわからない。羽毛などでもなる。猫は考えにくいかなあ。
・自己免疫疾患(例えば関節リウマチとか)ではなさそう。
・落ち着いたところで,「気管支肺胞洗浄」(気管支鏡を用いて肺胞を生理食塩水で洗浄し回収する検査)を行う予定。それで,もう少し詳しくわかるかも。
・特効薬はない。進行を抑える薬が2種類あるだけ。
・オフェブという高価な薬を使う予定。(去年12月認可)
 今使っているステロイドを減らしてこれに変えていく予定。
 もう一つの薬は,副作用がきついので使わない。
・指定難病だが,現状では受理されないかも。生検とかしていないので。
・かかりつけ医,薬局の対応は今のままでよい。
・CTのデータをCD-ROMで渡す。
・今後は,風邪やインフルエンザなど,とにかく感染症にかからないこと。
以上です。

            23:01

これからもいろいろあると思いますが,よろしくお願いします。

('子`)
23:25

自分がレアなポケモンみたいになっとるやん

            23:26

そういうこと。
難病指定ですぜ。
普通の人間ではないのだ。

            23:27

今週末おいで。

('子`)
23:29

[スタンプ]

('子`)
23:29

日曜お邪魔します

            23:30

ソーシャルディスタンスは取るけどね。

---------------------------------------

 前夜,21時前から睡魔が襲ってきて,本を読んでいても一向に進まない。
 気がついたら,パタリと本を落としたところだった。
 どこまで読んでたんだっけ?
 諦めるかとベッドに入って背を目一杯立ち上げてそこに寄りかかりながら,脇のテレビを見ていたが,そのまま眠ってしまったようである。

 気がつくと,1時14分。
 カラダは少し傾いていたがベッドに寄りかかったまま,テレビは点いたままだ。
 背を30度ぐらいの角度にして,本格的に寝ることにする。

 こんどはなかなか眠れない。

 それでもトータル4時間近くは寝たみたいだから,まあいいか。

 「処置灯」のスイッチを入れて,パソコンを開く。
 酸素の吹出口とか医療用コンセントとかアースとかがまとまっている装置というか設備というかが頭の上にある。
 ずうっと処置灯の存在には気付かなかったが,ある朝採血のときに看護師がつけたのでわかった。
 光の色は妙に黄色い。
 処置等というからには,医療者が作業をするときにつけるのではないかと思われるが,こんな色温度でOKなのだろうか。
 黄疸ぽいですねとか判定されたりしないのだろうか。

 パソコンやっているうちに4時になったので,再び寝ることにする。

 眠れない。
 へその位置が,肋骨よりかなり下にあるのに気がついた。
 以前の腹は小山のように盛り上がっていたはずだが。
 痩せやたのか。
 もうすぐ,お腹と背中がくっつくぞ!って状況かもしれない。

 結局,5時から1時間ぐらいは寝たような気がする。
 半覚醒の状態だったかな。
 金縛りにあいそうな睡眠状態だったと思う。

 6時40分。検温と体温。

 7時15分。血糖値。
 昨日の夕方の数値を記録し忘れていたので聞く。
 覚えたつもりなのだが,すぐに忘れる。
 その場でパソコンに記入しておかないとダメである。
 パジャマ換えますかと聞かれたので,お願いする。
 最後のパジャマだな。

 猛烈な肩こり。
 もともとひどいが,今日はそれを上回る。
 変な姿勢で寝て,変な姿勢でパソコンをやったからだろう。
 進歩しない男である。

 7時45分 朝食。
 服薬。

 昨日あたりから,食べたものを飲み込むときにつっかえる感じが強くなった。
 飲み込みにくいのである。
 今日は一段と強くなった気がする。
 食事を残そうかと思ったくらいである。
 食道がんか?

 しかし,がんが数日で巨大化するとも思えないよなあ。

 お茶を飲みながら考えた。
 今食べているのはピーナツバターを塗った食パンだから,水分が少ない。
 そもそも一口のサイズが大きすぎるのではなかろうか。
 食べ物に執着しないと言いながら,実は執着しているのではないか。
 1日1,800キロカロリーでは足りていないのではないか。
 無意識のうちに大食い早食いをしているのではないか。
 ものすごい勢いでかき込んで,大きな塊のまま飲み込んでいるのではないか。

 少し落ち着け。

 お茶を飲んだところで,軽く一口。
 ゆっくり噛む。
 飲み込んでみる。
 通るようだ。

 まあ,家に帰ってからじっくり様子を見てみよう。

 突然だが,涙もろいのが私の困ったところ。
 以前はこんなにひどくはなかったと思う。
 16年の暮におふくろさんが亡くなって,葬儀の挨拶の途中突然号泣したのには周りも驚いたろう。
 30年以上前,父親が64歳で亡くなったときにはきちんと冷静に話せたと思うのだが,この退化(進化?)ぶりはどうだろう。

 最近は,テレビドラマを見ていてもウルウルくるのでなんとも始末におえない。
 きょうの朝ドラ「エール」(双浦環が船頭小唄を歌う回)を見ていても,5回ぐらいはウルッと来てしまったのでこんなことを思い出した。
 主治医と話をしていて5年生存率50%なんて話をしていたときには知ってますぐらいでなんともなく,どの時点が基準なのかなどと聞いたりしていたのだが,そのあと妻に生存率50%というときにはちょっとウルッと来て会話が途切れたよ。

 なんというか,話の内容がどうのこうのと言う以前に,悲しいとか死ぬとかなにか情緒的なものをきっかけにこうなる感じだ。
 うまく説明できないが,ここは泣くべきシーンみたいな基準点が私の頭のどこかにあって,そこで閾値を超えると自動的に涙が出て,結果悲しく感じるみたいな気がする。
 順序が逆かもしれないが,そんな感じがする。

 泣くから悲しいのだな。

 相手がいるときにこうなったりすると,不審に思われるかも。
 そこ泣くところかい!?

 ゴミの回収。
 新人だった。
 2日に渡って回収し忘れたおじさんは引退かしら。
 ちょっと聞きづらい…。

 9時30分 リハビリ。
 いつものS君。
 歩くときに「浮遊感」があると言ったら聞き返された。
 カラダがふわふわする感じ,浮いている感じ,足がしっかりついていない感じ,ふらつく感じと伝えた。

 外を歩く。
 数メートルのちょっとした坂を上がっただけで,酸素飽和度86とか。
 やっぱりだめかと絶望的な気持ちになる。
 階段1階分は92。
 なんとかなるかな。

 自室に戻ってマッサージとか。
 凝った肩が気持ち良い。
 自分で開業すれば儲かりそうだねと言ったら,なんと理学療法士ってそのまま独立して開業とかできないらしい。
 処方箋で動きますからって。

 お金にも興味があるらしいのでいろいろ話した。
 デフレのままだと給料上がらないよ。
 私が若い頃は,定期預金の金利8%なんてこともあったよ。
 株にも関心を持っているというので,ETFを勧めておいた。
 人間の欲望から考えて,凸凹はあっても長い目で見れば世界の経済は右肩上がりになると予想されるから,世界全体にかけるETFを時間をかけて買うのが無難かなあ。

 通じたかどうかはわからない。
 東京アラートの話もしたし,アメリカの暴動の話もした。
 体重かけて首を押し続けるなんて,あれは公然の殺人だよなあ。

 ずうっとしゃべっている。
 たばこを1本も吸ったことのないこの私が,こんな病気なんてとつい愚痴も出る。
 彼も吸わないという。

 しかし,入社して10年くらいは副流煙吸いまくっていたのは事実。
 会議の席が煙でもうもうでねと言ったら,会議でたばこを吸うんですかとえらく驚いていた。

 はい,出ました。
 昔は常識でした。
 私の場合そこに2時間もいると頭が痛くなってきて,ときどき中座して外の空気を吸っていたよ。
 会議が終わらず,木賃宿みたいなところに部屋を取って徹夜でやるなんてむちゃくちゃな時代だった。

 仕事場の銘々の机の上にも,鋳鉄製の社名入りのやたら大きく重たい灰皿が置いてあった。
 ひっくり返したりしないようにという創業者のアイデアだそうだ。

 ここ30年ぐらい,頭痛は経験していないな。

 結局,私は一人の無垢な若者を洗脳しているつもりかもね。
 作業療法士と理学療法士の区別もついていない私であるが。

 床掃除。新人だった。
 廊下に出たら,いつものおじさんがいた。

 昨日の彼女と立ち話。
 お父さんは今頃畑仕事をしているはずって。
 娘と話しているようなものだな。

 10時40分 主治医が来て,会議が入ったので説明を1時間遅らせてほしいとのこと。
 女房に連絡。

 うにちゃん(愛猫:21歳)の具合が心配である。

 昨日の主治医との会話で羽毛の話が出たときに,ペットの毛とか皮屑(ひせつ:フケ)はどうかと聞いたのだが,ちょっと違うかなが答えだった。
 ちなみに皮屑なんて単語が出てくるのは,息子のアレルギー検査で数値が高かったから。
 うにちゃん大好きだが,実家に来ると体調が悪化するという息子である。

 11時20分 午前のリハビリはもうなさそうなので,自主トレ。
 端の部屋にいつもいるおばあさんはこのところ寝ていることが多い。
 起きているときはカーテンを開けて廊下側を見ているので,目が合えば挨拶をする。
 微かに首を振ってくれる。

 デイルームで酸素飽和度をチェックしていたら,声をかけられた。
 血糖値のチェックだった。
 わざわざ台車を押してきてくれたのだ。
 これはなんて呼んでいるの?と聞いたら,「台車」だそうだ。
 カートとか,キャリーとかもう少し気の利いた名称があるのかと思っていた。

 12時 昼食。

 13時30分 最後のリハビリ。
 担当メインのI君。
 エレベーターで膝に20cmぐらいの大きな縫い目のある若い女性と一緒になった。
 看護師に付き添われた車椅子の上で,夢中でスマホをいじっている。
 超ミニスカ状態でパンツが丸見えだったが,ここではまあ無問題。
 病院だから。

 パンツに目がいったのは,少しは元気になったということかしら。
 目の前でかがんだ看護師の制服の中が見えても,何の感慨も覚えなかった私である。

 外に出て240m位を歩いたが,これでハーハー息が切れてしまう。
 酸素飽和度86。

 駅まで歩いて帰ろうと思っているのだが,2~3回休めばいけるかな。
 自室に戻ってストレッチ。
 肩こりの対応を教えてもらう。
 肩もみゃあいいってもんじゃないのだな。

 長い間いろいろありがとう。

 15時 オフェブについて色々調べる。
 副作用がきついと嫌だなあ。
 かなりの割合で下痢になるらしい。
 便秘の次は下痢かい。
 顎の骨が腐るとか,相当にビビるよな。
 急性増悪になるとか,今回の入院と同じじゃないか。
 すぐに死んでしまっては飲んだ意味がないな。
 高価な薬ということだが,いったいいくらするんだろうね。
 恐ろしいから調べなかった。

 まあ,いくら考えても仕方がない。
 飲んでからの「お楽しみ」ということで…。

 15時半 血圧と体温

 日記を付ける。

 主治医の説明までまだ間があるので,テレビを見る。
 「ひよっこ」
 「あまちゃん」以来,朝ドラはほぼ欠かさず毎日見てきた。
 昼の再放送だけどね。
 「あまちゃん」はツイッターでの評価を見て,途中から見始めてハマってしまった。
 次に面白かったのがこの「ひよっこ」
 物語の流れのバランスがよかった。
 ピチピチ弾けるような青春群像。
 シシド・カフカがますます好きになった。
 いまの「エール」は時々ダレる印象があるが,まあそれなりに面白い。
 廿日市の秘書が特に気に入った。
 こんな感じの看護師さんいるぞ。

 克明につけているつもりの日記だが,テレビで何を見たとか書いていなかったな。
 看板倒れである。

 16時55分 ノートパソコンとスマホ,念の為延長ケーブルも持って部屋を出る。

 17時 ナースステーション脇に座る妻とは3週間ぶりの濃厚接近。
 狭いところではやりたくないなあなどと話す。

 17時5分 主治医がエレベーターから降りてきた。
 もうひとり若い医師もいる。
 このへんでやりますかと普段理学療法士などが詰めているコーナー(すでに無人)に入って,パソコン画面の前に車座になる。
 CTの画像や血液のデータを画面表示しながら,説明を受ける。

 このあたりはLINEに書いたとおりであるが,オフェブが去年12月に認可されたというのはIPF向けということでオフェブそのものはもっと前からあるということと,肺に古い病巣があることを書き忘れた。
 これは,固まったような状態で治らないらしい。

 まあ,間質性肺炎はそもそも治らない病気だから。

 進行するだけである。

 CTの画像をディスプレイに表示しながら説明してくれたが,酷い肺の映像だな。
 入院直前は,まさに白インクを筆の先につけて振り回したようなハチャメチャぶりである。
 白い滴が一面に飛び散っている感じ。
 ただ,私が見てこりゃダメだと思った白い部分は別の臓器だったのはシロートの浅はかさ,ご愛敬。
 しかし,いちばんがっくりきたのは22日後のきのう撮ったCTで,そこにも白い斑点がかなりの数見られたということ。
 血液検査の数値から感染の度合いを表す数値が0を続けているので,「増悪」は収まったと判断したということらしい。

 IPFに関しては,昨日の説明よりもこちらに近いという印象を受けて,少し落ち込んだ。
 気管支洗浄のデータから,IPFとPF-ILDのどちらに近いのかわかるのかと質問したが,ちょっと曖昧な感じだった。
 もちろん,医者がすべてわかるわけではないことは百も承知。

 17時2分 女房から荷物を受け取り,洗濯物を渡す。
 部屋まで入ってきて,トイレとか覗いている。
 シャワーカーテンがないのは,感染防止のためかなと私。

 17時半 自主トレ
 途中,看護師に引き止められ廊下で血糖値の検査。
  
 18時夕食。
 服薬

 18時半 自主トレ。今日の歩数が少なかったので,夕食後も歩いてみた。

 看護師にシャワーを浴びるからと,電極をもらう。

 個室のおじさんが騒いでいる。聞き耳を立てればトイレが詰まったらしい。
 この時間じゃ誰もいないかしら,明日の朝かしらと看護師。
 とりあえず,廊下のものを使ってくださいって。
 
 19時過ぎ シャワー。
 いろいろコツを覚えたところで,最終回である。
 便座下にも毛が落ちていたのできれいにした。

 本を読む。読み終えないな。
 しかしまあ,次から次へとグロい仕打ちを考えるものだ。
 作家の神経を疑うよって,カリ・モーラの話。
 面白いんだか,面白くないんだかよくわからない。
 まあ,ハンニバルでも生きながらの脳みそ食っていたしなあ。
 映画も見た。

 21時過ぎ。血糖値。
 端末が朝からバッテリー残量の警告を発していたので見せる。
 取り替えますね,ってポケットから電池を取り出した。
 ドラえもんのポケットのようにいろいろ出てくる。

 主治医の話を読んだ息子からLINE。
 刺激が強いかなあとは思ったのだが,ああいう反応をされると嬉しい。

 いい奴である。

 あとは頼んだぞ!

 LINEで「わしにもオキシトシンを!」とあるのはNHK「あさイチ」を見てのこと。
 オキシトシンが増えると幸せに感じるらしい。

 最後の夜なので,書きすぎたかも…。

朝食昼食夕食

---------------------------------------
 2020/06/04(木) 
            04:59

ココノコニナリタイ

(^妻^)
07:35

意味わかんない…。😢

            08:22

ストックホルム症候群

            08:40

シッテイルタンゴヲツカッテミタ

(^妻^)
08:44

わかった! スマホから送ってるな…。
だからカタカナなんだ!

            08:44

おそい!

            08:45

カタカナは,ちょっと気取ってみただけ。

(^妻^)
08:45

近代の作家か!

            08:46

ふふふ

            09:00

トイレが詰まった!

            09:00

この期に及んで…。

(^妻^)
09:05

えっ!😰

            09:17

(いちおう)自力で解消!

            09:54

請求金額424,304円!

(^妻^)
09:55

着いた、5階!

            13:51

ようやく,本日退院しました。
駅から家まで休み休み歩いて普段の倍以上の時間をかけて帰ってきました。
間質性肺炎そのものは治らない病気ですので,来週あたりからその進行を抑える薬を飲むことになります。
ご心配をおかけして申し訳ありません。
いろいろありがとうございました。
【旦那】さんはじめ皆様にもよろしくお伝えください。

(*妹*)
18:45

良かったです☺️
長い入院でしたね。
まだまだ無理は禁物ですね。
ゆっくりゆっくり生活してください。

            18:49

ありがとうございます。
駅から歩いて帰ってきたのですが,普段の3倍ぐらいの時間がかかりました。
家で体重計に乗ったら7kg痩せていました。
ナイスバディになりつつあります。

(*妹*)
20:44

おおっ7kg!
歩いて大丈夫なんですか?安静にしてなくていいの?
足腰が弱くなっても困るけど、無理のないリハビリを!

            21:09

病院内では最後の1週間は,時間を見つけて歩き回っていました。
フロアの半分しか歩けないので退屈ですが,最後は7,000歩くらい歩いていましたよ。
で,外に出たらこれがダメ。
あらゆる筋肉が落ちているのでしょう。
ちょっとした傾きとか凸凹に反応してしまって,うまく歩けないのですよ。
コロナにかかった野球の梨田監督が,ペットボトルのフタが開けられなくなったとか言っていましたが,そんな感じ。
いろいろたいへんです。

---------------------------------------

 21時前にベッドを起こして座り込んで本を読んでいたのだが,眠くなってテレビを付けた。
 そのまま寝落ちで,看護師が来る直前まで気が付かなかった。

 日記を書く。
 いろいろ考えていたらちょっと泣けてきたぞ。

 本格的に寝る。

 随分寝たつもりが,時計を見たら1時4分だった。

 しばらく妄想していたが,今度は本格的に眠ったようだ。

 5時前起床。

 起きてパソコン。
 姿勢が悪くならないように,ベッドの端に寄りかかって。

 5時半。また寝てみる。
 外はすでに明るい。
 部屋の造作もよく見える。
 記念に写真に撮っておくかななどとも思ったが,つまらんね。

 妄想は止まらない。

 しかし,入院以来キーボードが打ちにくくてしょうがない。
 微妙に隣のキーをタッチしてしまう。
 「を」を「えお」って感じである。
 左の小指か薬指に酸素飽和度をチェックする奴(プローブというらしい)はめているからだなと思って足の指に変えてみたが,それでもうまくいかないのである。
 プローブでバランスが崩れるが,それに順応しつつある所でそれを外すとそこでもバランスが崩れるといった感じである。
 微妙なものだ。

 7時
 今日は看護師はこないのだろうか。
 血圧,体温測定,血糖値も終わりか。

 起きて身支度。
 カーテンを開けに立っただけで,酸素飽和度86。
 いやあ,なんだかなあ。
 これ以上良くならないのか?

 荷物をまとめる。
 掃除の彼には申し訳ないが,サンダルは捨ててしまう。

 7時半 血糖値の測定。
 完全に忘れ去られたわけではなさそう。
 数値は,Googleのスプレッドシートに入れているのだが,聞いたそばから忘れる。
 昨日の夜の数値を確認してもらった。
 あ,正しかった。
 ありがとう。
 さて,今の数値は…,忘れてる…。
 まあ,80台だったのは事実。

 7時45分 最後の朝食。

 服薬。数えたら8錠だった。
 一つ減った?

 8時50分 トイレに。
 順調,順調。
 普段どおりで,快適である。

 しかし,…。

 な,なんと,トイレを詰まらせてしまった。
 流れる音がおかしいので中腰になって股ぐらから覗いてみれば,溢れんばかりの水の量。

 最後の最後にどうしよう…。

 とりあえず看護師に連絡とナースステーションを見たら,朝礼中。

 そういえば,きのうの夕方にも別の部屋でトイレを詰まったと騒いでいたな。

 8時55分 リハビリで仲良くなった理学療法士のS君が挨拶に来てくれた。
 いい子である。
 主任のI君は今日は休日ということで,昨日のうちに挨拶はすませている。

 8時57分 主治医が来て,外来の確認など。

 廊下に顔を出したら不思議ちゃんがいたので引き止めてトイレの件を相談。
 どれどれと入ってきて蓋を開けようとするので,ちょっ,ちょっとまって,見ないほうがいいかも。
 メインはすでに2回流しているが,残滓が…。

 さすが不思議ちゃんである。

 もうひとりの看護師が,○号室も昨日の夜に詰まって,さっき業者が来たのよと。
 フロア全体で詰まったらエライことになりそうですねと私。
 再度連絡しますという話になった。

 これを書きながら,果たして残滓が見えるのかしらと,トイレを覗いたら,溢れんばかりに溜まっていた水が半分以下になっていた。
 結果,ペーパーの固まりの下に残滓が見えたけど。
 思い切って流してみる。

 おー! 見事に流れたではないか。

 一件落着である。

 廊下に出て看護師に報告。
 はっ?
 さっきの看護師ではなかったらしい。

 不思議ちゃんが見えたので,報告に。

 生涯2度めのトイレ詰まらせ事件である。
 1回目は例のダイヤモンド・プリンセスに乗ったときのことで,これは別のところに書いた。

 9時20分
 トイレ掃除に来ましたといつものおじさんと新人,上司らしき人。
 つまりは解消しましたと報告。
 いま,あっちの部屋をやってきたけど,床に溢れてて大変だった。
 溢れたのか!
 建物が古いから,パイプに垢のようなものが溜まって細くなっているかもねと。

 新人が掃除を始める。
 洗剤を撒いてすぐにすぐに流しちゃダメじゃないか。
 ここはこれを使う,この辺も拭いてとOJTもしているわけだ。
 新人教育だな。

 酸素飽和度と心電図の最後の計測:飽和度95%,脈拍87

 9時40分 はじめての

※退院の日の日記はここで唐突に終わっている。
 「はじめての」に続いて何を書こうとしていたのか,今となっては全く思い出せない。
 10時に退院の予定だったから,事務員か,看護師か,薬剤師が部屋に来たところで中断したのではないかと思われるが,記憶は定かではない。
 記念?ということでそのままにしておいた。

 これ以降は,折に触れて書いていくつもりである。

最後の朝食というか入院食入院最後の測定値鬱陶しいケーブルともお別れ


 10時,女房が迎えに来た。

 ナースステーションで皆さんに挨拶して,退院の手続き。

 いや,なかなかの金額。
 24日間も個室に入っていれば,まあこんな感じになるのだろう。

 駅まで5分ぐらいだろうから,歩いてみることにする。

 しかし,これがまあ,予想よりはるかに大変だった。

 リハビリで何回か病院敷地内の遊歩道を歩いたりしているから大丈夫だろうと踏んでいたのだが,ちっとも大丈夫ではなかった。

 途中,息が切れてしまい,しばらく立ち止まって休まないと次に進めない。

 そもそも,健康であれば普通に歩いていて全く気にならないような地面の凹凸やら微妙な登りや下りやら段差やらがけっこうきつく感じられるのである。
 こんなに地面てデコボコしていたっけ?

 電車に乗ってまた歩いて,おそらく健康時の4倍くらいの時間をかけて,ようやく家にたどり着いた。

 町中で,やたらゆっくりゆっくり歩く爺さん婆さんを見かけるが,私もその仲間入りである。

 途中,公園のベンチに座ってしばらく休んだ。

 隣のベンチに,偶然,カニューレを鼻につけて酸素ボンベをころがしてきたおじいさんが座ったので,話しかけようと思ったがやめておいた。
 かなりの高齢で,お疲れのように見えたので。

 私もいずれあんな感じになるのかもしれないなあ。
 あの年まで生きていられればの話だが。

 私の顔を見て,ニャーと応えてくれた愛猫のうにちゃんに挨拶し,着替えて,ようやく安堵。

 シャワーを浴びて,体重計に乗ったら4月はじめに比べて7kg近く痩せていた。
 健康診断のたびに痩せろと言われてきたから,まあちょうどいいといえばちょうどいい。

 肺の機能が7割ぐらいしかなさそうということだから,体重も3割減にすればつり合いが取れるのかもしれない。
 40kg台になっちゃいそうだが。
 
 義母や叔母に,お見舞いのお礼の電話をする。

 女房が清算というので,入院期間中に私のためにかかったという金額を聞いてそれを払う。
 パジャマ2着とか下着類とか,差し入れの飲み物代とか…。

 トンデモ夫婦に思えるかもしれないが,「結婚前から共稼ぎですべて割り勘」が夫婦のウリである。

 「心労」も要求されたので,少しイロをつけたよ。

 いや,大変な思いをさせて申し訳ない。

 親戚からいただいたお見舞い金などは,半返しの分を差し引いて私がもらう。

 かわりに(というわけでもないが),女房は6月分の生活費を私に振り込む。

 差し引けばいいじゃないかと思われるだろうが,きちんと数字として記録しておきたい。

 固定資産税の請求も来ていた。
 これも持ち分に応じて割り勘なので,私に振り込んでもらう。

 しかし,高いなあ。
 しかも,年々上がっているじゃないか。
 物価が上がらないのになんでだろう。

 昼食は私のリクエストでインスタントラーメン。
 無性にラーメンが食べたかった。

 病院の請求書をチェックしていたら,6月分の領収証がないことに気がついて電話。
 領収証はまとめて1枚と思いこんでいた。 

 なんと「落とし物で届いていました」とのこと。

 明細が12ページもずらずら出てきたので,全部をすぐにしまい込んだはずなんですがといったら,それは5月の分で6月分はちょっと遅れて出てくるんですよって。

 次回の診察日に受け取ることにする。

 固定資産税の自動引き落とし依頼がネットでできるということでその手続き。
 去年までは,運動のためと称して歩いて銀行に行って窓口で手続きしてきたのだが,今後は難しくなるかもしれないので。
 コロナのこともあるし。
 
 定額給付金ひとり10万円の申込書も出さなくてはいけないな。
 入院費用の足しにはなる。

 17時近く,女房のいとこのKちゃんが仕事帰りに寄るという。
 私の入院騒ぎのとき,かかりつけ医の電話に保健所を通してくれと応えた【N】総合病院でアルバイトをしている。

 ちなみに,私が何回もこの病院にかかっていることと,彼女が働いていることはまったくの偶然である。

 時節柄,道路っぱたで会おうということで,私も下に降りてご挨拶。
 スマートになりましたねえって。

 私の入院顛末話で,しばし盛り上がる。
 勤め先では,コロナ患者は受け入れていないらしいというのが彼女の見解。

 夕食はカレーでこれも私のリクエスト。
 普段は,私が主夫として夕食を作るのだが,今日はまあ特別である。

 ついでにビールを400mLくらい。
 酒は特に禁じられていないし,おいしく飲める。
 もっと飲みたかったし,飲めたのだがやめておいた。

 薬をいろいろ飲まなくちゃいけないからなあ。

 退院後の2日間をまとめておく。

★2020年6月5日(金)
 退院の翌日だが,今度は女房が倒れた。
 朝起きたら,「世界がグルグル回っている。立っていられない!」ときた。

 まっすぐ歩けない女房を息が切れてふらつく私が支えながら,近くの耳鼻科へ。

 老老介護である。

 診断は「良性発作性頭位めまい症」
 薬を飲んで,一晩たったら落ち着いたようだ。

★6月6日(土)
 パルスオキシメータが届く。
 入院中の日記にも書いたが,パルスオキシメータとは動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置で,肺の機能を測るには欠かせないもの。

 下の写真のような機器で,指先を挟むと数秒で酸素飽和度が表示される。
 飽和度の単位は%,同時に脈拍も表示される。
 健康な人なら96~99%,90%以下で呼吸不全ということになる。

 私の場合,入院時が88前後,入院中は80ぐらいまで下がったこともあった。
 今でもちょっと運動っぽいものをすると84ぐらいになるのが普通。
 テレビ体操で78と出たときは驚いたが…。

 やばいなと思ったら,その場で止まって数値を確認し,92以上に戻るのを待って,活動を再開する。

 これも書いたことだが,入院中に買ったのは中国製で,どうも数値が低く出る。
 病院で使っているものと比べて,ばらつきが大きいようで最大で5~6も低く出ることがあるので,さすがにこれは使えないと,今度は国産を注文したわけ。

 しかし,入院中もそうだったが,かなり売れているようでなかなか在庫がない。

 パルスオキシメータは日本人の発明で,ノーベル賞ものと私は評価している。

 昔は,耳たぶを温めてから大きな機械で測るとか,採血して測定器にかけるとかしていたらしい。
 結果が出るまでに,患者が死んでしまいそうだ。

 1974年に,日本光電(株)とミノルタカメラ(現コニカミノルタ)が1ヶ月違いで特許を出したらしい。

 しかし国産のものはやたら高い。

 一番安いクラスで15,000円,多くは2万円を超える。
 中国製なら5,000円ぐらいからある。

 しかも日本製はさらに在庫がない。入庫日未定とかばかりだ。

 コロナ騒ぎのおかげでそんなに売れているのか…。
 早く手に入れたいけどなあ。

 というわけで,たまたま見つかった日本光電製の「高精度【管理医療機器】」とあった38,280円のものを注文したのだった。
 国産の安いクラスと思っていたのだが,背に腹はかえられない。
 病院で使っていたものと同じメーカー製でもあるし。

 さっそく使ってみる。
 私の体感にも合っている気がする。
 女房の指で測ってみたらちゃんと98とか出る。中国製は95とかになったけど。

 というわけで,今後はこれをメインとする。

 スイッチオンは挟むだけとか,防水だとか,100回落としても大丈夫とか,単4電池1本の省エネだとかは,まあ値段が高いからだな。

 問題は,暗いところでは数値が見えなくなることだ。

 測り始めはオレンジのバックライトが点くのだが,数値が出てから20秒ほどで消えてしまい,あとは液晶表示だけになる。
 明るい場所ならそれでもよいのだが,暗がりでは困る。
 寝室の明かりを消して,ベッドに横になって数値が上がってくるのを確認したいなどというときには不便である。
 「医療用」だからということかもしれない。

 一方,中国製は,カラフルで遊び心がある。
 ときどき,両方はめて遊んでいる。
 IMG_20200812_172433
 



6月11日(水)
 点滴に痛めつけられた両腕のアザは,一向に消えない。
 薬物中毒の怪しいおじいさんと思われるのもイヤなので,外に出るときは長袖のシャツを着る。(写真は入院中のもの)
 IMG_20200601_160815
 数日前,病院からもらってきたDVDと「御担当医 先生 御侍史」と書かれた封筒を開けて「診療情報提供書」と「検査結果」の5ページをパソコンに取り込んでおいた。

 私のデータだから当然見る権利はあるだろうと勝手に解釈した。

 DVDの方は,プロテクトがかかっているのか,HD上からはファイルが見つからないとなって起動できない。
 ブラウザ起動なら使い勝手は落ちるが,まあ使えそうだ。

 CTの画像とかを女房と見る。

 なんかすごいね。
 テレビで見るコロナ患者の肺と同じだな。
 もっとひどいかもしれない。
 やたら白い。
 無数の星をちりばめたようにも見える。

 小宇宙だな。

 退院時のそれを見ても,たいして変わったようには思えない。
 正面からのレントゲン画像は多少黒くなって見えるかなといった感じ。

 全部で1,600枚ほどの画像が入っていた。

 放射能恐怖の人なら,卒倒するレベルだろう。

 それらの書類とDVDを持って,かかりつけ医の元へいく。
 午前中の最後の患者として,数値データや画像などを見ながら40分ほど話した。

 しかし,いやなんというかまったく肺の状況を理解していなかった私であった。

 星のように白く見えたのは,血管だそうだ。

 真っ白に見えるのは別の臓器,これが動脈硬化でまあ年相応,食道が細い,横隔膜が肺に入り込んでいる,肺に空洞があって水が溜まっていたかも,骨も左右でずれていると散々である。

 蜘蛛の巣状というかひびの入ったガラス状のものが病巣。

 肺は7割くらいは機能していますと言われましたといったら,7割ないかもしれないって。

 この先生,私より2つぐらい年下で20年近いつきあい。
 ただのおしゃべりなおじさんかと思っていたら,某大学病院の副院長だったという人。
 今も大学に行っている。

 心臓外科とか救命救急の権威らしくて,東日本大震災でもチームを率いて活躍したらしい。
 私よりもっと酷いのを散々見ているよ,両親から左右の肺を移植するという子供についてアメリカまで行ったなんて話をしてくれた。

 このまま経過すると,私も大変なことになりそうなので,明日から処方されるという高価な薬に期待したいところである。

6月12日(水)

 退院後初めての外来へ。
 主治医からの説明。
 ステロイドを徐々に減らし,肺の線維化を遅らせる薬に変えていく。
 薬の名称は,ニンテダニブ(一般名:ニンテダニブエタンスルホン酸塩),商品名はオフェブ®という。

 もともとは抗がん剤として開発されたもので,「分子標的治療薬」と呼ばれる新しいタイプの薬ということである。(よくわからないが要するに分子を標的にするのだろう…)

 薬価は,1カプセルあたり6,676.4円で,1日2カプセルを朝晩に服用する。
 ということは,1日あたり‭13,352.8‬円,ひと月30日として400,584円,年365日として‭4,873,772‬円かかる計算になる。

 487まんえん!!!

 ノーベル賞を受賞した本庶佑教授と小野薬品が開発した抗がん剤のオプジーボは,発売当初の年間の薬価が3800万円ということで話題になったが,そこまではいかないものの,相当に高い。(その後,国の指示で3割まで薬価が下げられて小野薬品が泣いたという)

 もちろん,保険認可された薬だから,月40万をそのまま私が払うわけではない。

 高額療養費制度を利用すれば,年間所得によって月単位の限度額が決まってくるので,いろいろ計算してみると,年金生活者の私の自己負担額は年間57万ちょいですむ予定。(たぶん)

 って,これでも年金4か月分くらいになってしまう。
 いくら私が株で大儲けしているとはいえ(嘘),きつすぎる金額である。

 というわけで,何が何でも難病指定してもらわないと困るわけである。

 めでたく?難病と認められれば,月の負担額は1万円くらいですむ予定。

 目指せ,難病指定!

 国の医療費増大にさらに貢献してしまい申し訳ないが,無事指定された暁には日本に生まれてよかった,日本万歳,国民皆保険ありがとうと大きな声で讃えたい。

 もっとも,難病指定されるのはそれなりにハードルが高そうだ。
 前にも書いたがコロナ騒動で生検としかしていないので,難しいのかもしれない。
 
 病院近くの薬局で,ほかに処方された薬とともに14日分を購入。
 支払いは,58,050円。

 ちなみに副作用はそれなりにある。
 かなり重いものが多いようである。

 約半数が下痢や肝障害を起こし,数%は死ぬらしい。

 ということで,夕食後に一粒飲んだ…。
IMG_20200816_181455

6月26日(金)
 オフェブを飲み始めて2週間がたったが,特に異常は感じていない。
 副作用情報については,説明も受けたし調べてもいるが,下痢,吐き気,肝機能障害などのありそうな副作用に続いて,再び増悪が起きるとか,顎の骨が解けるとか,腸に穴が開くとか恐ろしそうな例がたくさん並んでいたので,こっちはどのくらいの確率で起きるのですかと主治医に聞いてみたら,私は見たことがないとのこと。

 しかし,私がその第1号になるかもしれないぞ…。

 下痢などもかなり重い場合があるらしいが,発症の中央値が140日ぐらいとずいぶん先なのである。
 だから,2週間飲んで何も起きないからといって,油断はできないわけだ。

 外来に行く。
 血液検査とレントゲン。

 主治医からは,LDHの数値が高いなあ,下がってこないなあと言われる。
 コレステロールのことかと思っていたら,どうも話が違う感じ。

 どこかに炎症があるみたいな話になる。

 家に帰って調べたら,「血清乳酸脱水素酵素」というものらしい。
 主に「肝臓、心臓、腎臓、骨格筋、血球に異常が生じると」高く出るとのこと。
 体内のどこかが壊れているということか…。

 一方,CRPの値はゼロに近くて,こちらは正常なのだそうだ。
 これも家で調べたら「体内に炎症があったり,組織の一部が壊れたりした場合に血液中に蛋白質の一種であるC-リアクディブ・プロテイン=CRPが現われ」数値が上がるとのこと。

 O先生は,うーむと首をかしげていて,また2週間後に様子を見ましょうということになった。
 もし,呼吸が苦しくなるようなことがあればすぐに連絡してくれって。

 ちょっと,不安になる。

 数値が低ければ薬を減らした上にしばらくこちらに来なくてもよいことになったらしいのだがなかなかうまくいかないものである。

 薬局で,薬8種。
 限度額を超えているということで,支払いはなし。
 「高額療養費制度」のおかげということだな。

 そういえば,6月の入院ですでに上限を超えているはずだが,これはいずれ清算されるということかしら。
 よくわからん。

 結局ステロイドの量が,1日4粒から3.5粒に減らされただけだった。

7月10日(金):オフェブ®開始後3週間
 病院で,診察。
 血液検査とレントゲン。
 LDHの数値が下がらないが,特に対策はなさそう。
 ステロイドの量を1日3.5粒から3粒に減らされる。

7月31日(金):定期検診
 13時まえ,妻に付き添われて病院へ。
 最上階のレストランで,チャーシュー麺。
 私のおごり。
 14時から,血液検査とレントゲン。
 レントゲンは1枚だけ。横からは撮らなかった。
 15時からいつもの定期検診。
 酸素飽和度は,94くらい。
 LDHの数値が少し減っていて,基準値ぎりぎり。
 CRPは問題ない。 
 峠は越したのだろうか。
 しかし,肺が縮んでいるかなあと主治医。
 縮んだのか…。
 レントゲンの画像を並べて見せてくれたが,私には違いがわからない。
 ときどき苦しくなるがそのときの酸素飽和度は下がっていないと言ったら,増悪部分がまだじゅうぶんに治っていないからではないかとのこと。
 そう簡単に肺炎が治ったりしないということだろう。
 ステロイドはさらに0.5錠減らされたが,代わりに気管支拡張剤の吸入薬が追加された。
 薬局で,新しい吸入剤の使い方の説明を受ける。
 薬品のセットのしかたやら,事前の噴霧など,なんだかややこしい。
 もう少し年を取ったら,できそうもない感じだ。

8月12日(金)~18日(火):下痢っぽい
 オフェブの代表的な副作用に下痢があるのだが,それが始まったのだろうか。
 毎日ではないが,回数が増えてきつつある気がする。

8月19日(水)~:下痢は治まったか…
 尾籠な話ばかりで恐縮だが,すこし収まってきた気がする。
 冷たいものばかり口に入れているとか,冷房つけっぱなしで寝ているとかその辺もあるのかもしれないと思う。
 ただ,腹がゴロゴロするとか,ときどき左中心に痛みが走るとかはある。
 あと,左の扁桃腺がずうっと腫れている感覚があるな。
 扁桃腺が大きいのは子どものころからで,2008年に【N】総合病院に入院したときも,医者が怪しんで喉の手を突っ込まれて触診されたりした。
 全体に抵抗力が落ちているだろうから,何が起きても不思議はないということかもしれない。
 もう一つ,スピオルト レスピマットという気管支拡張剤の吸入が一向にうまくいかないという問題がある。
 入院中の別の吸入薬でも起きたことだが,薬剤が口中に噴霧されると途端にむせかえってしまい,気管支まで薬が届いていそうにないということである。
 噴霧先を上顎に向けてみるとか,ゆっくりすってみるとかいろいろ工夫したのだが,3週間たっても3回に1回ぐらいしか成功しない。
 困ったものである。

8月28日(金):定期検診
 女房に付き添われて病院へ。
 血液検査とレントゲン2枚(正面と横から),CTも撮る。
 CT3回目だから,合計で2,400枚ぐらいの撮影をしているのではなかろうか。
 主治医とCTの画像を見ながら面談。
 LDHの数値は少しだが下がっている。
 ピークは越えたようだが,画像を見るとねえ。
 退院時のと比べてもどう違うのかよくわからない。
 蜘蛛の巣状というか,ひびの入った板ガラス状というか,結構広範囲にあるんだよなあ。
 かすかに絶望する。
 腹の調子が悪いこと,新しい吸入剤がうまく使えないことなどを伝えて,薬を変えてもらう。
 喉の痛みは,とりあえずまあ様子見。
 胃薬が増えて,薬は10種類となった。
 病院で8,550円,薬局で57,600円。
 高額医療費ということで,8,550円は戻ってくるのだろうか。

9月2日(水)
 新しい吸入材,霧状に出るものから粉末状のものに変わったが,吸い込む量を加減できるのでいくらかましになったかな。
 前のものはガス?噴射でボタンを押すと否応なしに薬剤が噴霧されていったんむせてしまうとほぼ薬が無駄になったものだが,今度のは自分で吸うのである程度コントロールできる。 
 それでもまあ,むせることはある。

 午前9時55分から,NHKテレビ体操。
 直後に,酸素飽和度SpO2を測ると,81%とか出る。
 今までの最低は78%だった。
 下がっているのは自覚できるのだが,それほど息が切れるという印象はない。
 2分たつと94とか95%に戻るのが普通。
 まれに96%が出るとちょっとうれしい。

 尾籠な話で恐縮だが,また下痢の症状が出た。

9月8日(火)
 かかりつけ医で薬2種。
 貧血とかにも気をつけるようにといわれる。
 プルーンでも囓るか。
 いや,もちろんほかの話もしたけれどね。

9月10日(木)~13日(日)
 下痢っぽい。

9月18日(金)~21日(月)
 下痢っぽい。
 
 下痢の症状が始まったのが,オフェブを飲み始めてからちょうど2ヶ月後の8月12日(水)で,これは4日間続いた。
 以後は,散発的に8月18日(火),9月2日(水)ときて,あとは上記の通り4日連続が2回あったわけである。
 なんとなく週の後半から起きるような気がするのは気のせいか?

 腹がゴロゴロする,左の肋骨下あたりを中心に腹のあちこちが痛くなる,ずうっと気分が悪い,しかもおならが異様に臭い(我が家では「オフェぶ~」と呼んでいる)などQOLを下げる要素がたくさんある。
 腹が張るのでこっそりガスっただけなのだが,数秒後に女房が叫び声を上げて部屋から飛び出してしばらく帰ってこないのである。

 下痢については,オフェブの注意書きを見るとこんなことが書いてある。
---------------------
・一度にたくさん食べたり,過食を避ける。
・水分を補給する。室温に戻してゆっくり飲む。
・脂っこいもの,刺激の強いもの,高繊維食品(生野菜,果物,全粒穀類,豆,ナッツなど),甘いもの,カフェインを多く含むもの,アルコール,炭酸飲料,牛乳,乳製品などを避ける。
---------------------
 何と,私の好物ばかりではないか。
 では,私は何を食べればよろしいんでしょうかという感じだよなあ。
 和食系を中心にすれば,多少はいいのかなあ。

 注意書きにはおならが臭くなりますなどとは書いていないのでオフェブにとってはとんだ濡れ衣を着せられているのかもしれない。

 まあ,病気になれば,いろいろ我慢しなければならないことが増えるということなんだろうね。

 
 

9月25日(金)~
 女房に付き添われて1ヶ月ぶりの検診。
 血圧,酸素飽和度などを記録したデータを印刷して持って行く。
 退院翌日からの部分を選択して,下痢の部分は赤文字にした。
 血圧と体調の記録は2013年3月3日から取っている。
 一過性脳虚血発作?で運ばれたときからだな。
 採血とレントゲン。レントゲンは正面からの1枚のみ。

 主治医との会話。
 酸素飽和度が91ぐらいしか出なくて,この前もこんなものでしたよねと彼。
 家だと94とか95ぐらいはいくんですが…と私。

 血液検査の数値はだいぶよくなって,LDHもついに正常範囲内に入ったとのこと。
 正常範囲内の上限ギリギリの220だったけどね。

 データを印刷してもらう。

 こちらで印刷していった表を見せながら,下痢の件を伝える。
 9月に入ってから,さらに回数が増えている。
 オフェブの副作用かなあ,ほかの薬かなあと。
 前回増やした胃薬を変えてみるかという話になる。
 テプレノンカプセル50mgからミヤBM錠へ。
 整腸剤だな。

 薬局で44,400円。
 高額医療費が3ヶ月続くと,以後はこの値段になるようだ。
 まあ,それでもかなりの金額だけどね。

 家に帰って退院直前の血液検査データと比べてみた。
 基準値を外れた数値が退院時は8項目,今回は3項目だからだいぶよくなったのは事実だろう。

 間質性肺炎は治らないにしても,下痢はなんとか収まってほしいものである。
 

↑このページのトップヘ